意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「瞬時」とは?意味や使い方!例文や解釈

「瞬時」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「瞬時」という言葉を使った例文や、「瞬時」の類語を紹介して行きます。

瞬時

Meaning-Book
「瞬時」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「瞬時」とは?
  • 「瞬時」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「瞬時」を使った例文や短文など
  • 「瞬時」の反対語


「瞬時」とは?

「瞬時」という言葉を知っているでしょうか。

誰かが言ったことを「瞬時に理解した」経験があるかもしれません。

一方で、「瞬時」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「瞬時」という言葉の意味を紹介します。

  • 「瞬時」の読み方
  • 「瞬時」の意味

「瞬時」の読み方

「瞬時」「しゅんじ」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「瞬時」「しゅんじ」と読みましょう。

「瞬時」の意味

「瞬時」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「瞬時」には、「瞬間」という意味があります。

ちなみに「瞬間」には、「またたく間」「非常に短い時間」という意味があります。

まるで、またたきをする間のように、とても短い時間を「瞬時」「瞬間」と言います。

例えば「瞬時に理解した」という時は、とても短い時間で理解した、瞬間的に理解したという意味があります。

このように、「瞬時」には「瞬間」「またたく間」「非常に短い時間」という意味があります。



「瞬時」の類語や類似表現や似た言葉

次に「瞬時」の類語や類似表現を紹介します。

「瞬時」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「瞬く間」【またたくま】
  • 「一瞬」【いっしゅん】
  • 「咄嗟」【とっさ】
  • 「刹那」【せつな】
  • 「束の間」【つかのま】
  • 「儚い」【はかない】

「瞬く間」【またたくま】

「瞬く間」には、「まばたきするくらいの、ごく短い時間」という意味があります。

「瞬く間の出来事だった」という時は、まばたきするくらいの、ごく短い時間に起こった出来事だという意味があります。

「瞬く間にご飯を平らげた」という時は、あっという間にご飯を全部食べたという意味があります。

「一瞬」【いっしゅん】

「一瞬」には、「一つの瞬間」という意味があります。

「一瞬、耳を疑う」という時は、「ほんの短い時間に、耳を疑う」という意味があります。

スポーツの試合などでは「一瞬が勝敗を分ける」などと言いますが、「一つの瞬間が、勝負を決めてしまう」という意味があります。

「一瞬を大切にしたい」「一瞬ごとに、表情を変える」などという使い方をします。

「咄嗟」【とっさ】

「咄嗟」には、「ごくわずかな時間」という意味があります。

また「咄嗟」という言葉を使う時は、反射的な行為という意味もあります。

「咄嗟によける」という時は、ごくわずかな時間を利用して、反射的によけるという意味になります。

「咄嗟に嘘をつく」という時も、間髪を入れず、反射的に嘘をついてしまったという意味があります。

「刹那」【せつな】

「刹那」には、「瞬間」という意味がある、仏教用語になります。

例えば、「出会った刹那、恋に落ちた」という時は、誰かと出会った瞬間に、その相手を好きになったという意味があります。

「振り返った刹那、敵が切り込んできた」「その刹那、閃きが湧いた」などという使い方をします。

「束の間」【つかのま】

「束の間」には、「ちょっとの間」という意味があります。

「束」「四本の指を並べた長さ」という意味があるため、そのくらいの長さを「束の間」と言います。

「束の間、ゆっくりすごせた」という時は、ちょっとの間、ゆっくりとすごせたという意味があります。

「儚い」【はかない】

「儚い」には、「長続きせず、もろい」という意味があります。

「儚い夢」という時は、長続きせず、もろい夢という意味があります。

「儚い青春」「長続きしないもらい青春」「儚い友情」は、「長続きしないもろい友情」という意味があります。

「瞬時」を使った例文や短文など

続いて「瞬時」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「瞬時」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「瞬時」を使った例文1
  • 「瞬時」を使った例文2

「瞬時」を使った例文1

「話の要点を、『瞬時』に理解して、反応する」

この例文は、会議中などに、誰かの話をすぐに理解して、反応した場面になります。

長い話を聞いても、その話には、本当に言いたいこと、本質や意企が隠れています。

それを瞬間的に見抜き、反応できる人は、コミュニケーション能力が高い、仕事ができる人ではないでしょうか。

このように、瞬間的に何かをする時、「瞬時」という言葉を使ってみましょう。

「瞬時」を使った例文2

「強敵を相手にして、『瞬時』の油断も許されない」

この例文は、スポーツの試合などで、強敵を相手にした時の様子を文章にしたものです。

例えばボクシングの試合で、強者と向かい合ったら、ほんの短い時間の油断でも、命取りになるかもしれません。

その油断を見抜かれて、強いパンチを受けて倒れてしまうかもしれないためです。

剣道の試合、空手の試合も同様でしょう。

このように、ほんの短い時間を他の言葉で言い表したい時に、「瞬時」という言葉を使ってみましょう。



「瞬時」の反対語

「瞬時」と反対の意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

そこで「瞬時」と反対の意味を持つ言葉を紹介します。

  • 「永久」【えいきゅう】
  • 「永遠」【えいえん】
  • 「永劫」【えいごう】

「永久」【えいきゅう】

「永久」には、「将来まで、いつまでも続く様子」という意味があります。

「永久歯」は、いつまでも生えつづける歯という意味になります。

「二人の友情は永久だよ」という時は、二人の友情は、将来いつまでも続いて行くという意味があります。

「永遠」【えいえん】

「永遠」には、「時間を超越して、ずっとそのままの状態」という意味があります。

「永遠の別れ」という時は、ずっと別れたまま、二度と会えないという意味があります。

「永劫」【えいごう】

「永劫」には、「想像を絶するほどの、長い年月」という意味があります。

「未来永劫、続いて行く」という時は、想像を絶するほど長い年月、何かが続いて行くという意味があります。

icon まとめ

「瞬時」という言葉について見てきました。

とても短い時間を言葉にしたい時、「瞬間」を他の言葉に言い換えたい時、「瞬時」という言葉を使ってみましょう。