意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「永遠」とは?意味や使い方!例文や解釈

「永遠」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「永遠」という言葉を使った例文や、「永遠」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「永遠」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「永遠」とは?
  • 「永遠」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「永遠」を使った例文や短文など
  • 「永遠」の反対語

「永遠」とは?

みなさんは「永遠」という言葉を知っているでしょうか。

「永遠の愛を誓う」などと、告白された経験があるかもしれません。

一方で、「永遠」という言葉をまるで知らないという人もいるでしょう。

そこで「永遠」という言葉の意味を紹介します。

  • 「永遠」の読み方
  • 「永遠」の意味

「永遠」の読み方

「永遠」「えいえん」と読みます。

それほど難しい漢字ではないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「永遠」「えいえん」と読みましょう。

「永遠」の意味

「永遠」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「永遠」には、「時間を超越して、際限なくそのままの状態であること」という意味があります。

「時間」という概念を超えて、ずっとそのままの状態、という意味が、永遠にはあります。

「永遠に愛を誓う」という場合は、時間などの概念を越え、ずっとあなたのことを愛すると誓いますという意味があります。

このケースでは「とにかく長い時間」「ずっと」という意味が、「永遠」に含まれているでしょう。

このように「永遠」には、「時間を超越し、際限なくそのままの状態であること」という意味があります。

「永遠」の類語や類似表現や似た言葉

次に「永遠」の類語や類似表現を紹介します。

「永遠」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「永久」
  • 「半永久的」
  • 「とこしえ」
  • 「恒久」
  • 「永劫」

「永久」

「永久」には、「将来、いつまでも続く様子」という意味があります。

「永久に不滅です」という場合は、「将来いつまでも続き、滅亡することはない」という意味があります。

「永久」「永遠」に似た言葉で、どちらを使うか迷うこともあるかもしれません。

どちらも時間を超越するような長い時間を意味する言葉ですが、「永久」には、長く不変でいたいという意志が感じられ、「永遠」は意志の外にあるという雰囲気があります。

「半永久的」

「半永久的」には、「ほとんど永久と言ってもいいくらい」という意味があります。

「半永久的に動き続ける」という場合は、「ほとんど永久的に動き続ける」という意味があります。

「とこしえ」

「とこしえ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

「とこしえ」には、「安定したものを土台にし、変わることなく続いて行く」という意味があります。

「とこしえに眠る」という場合は、変わることなく、ずっと眠り続けるという意味があります。

「恒久」

「恒久」「こうきゅう」と読みます。

「恒久」には、「常態のまま永久不変であること」という 「常態」には、「平常の状態」という意味があるため、「恒久」には、「平常の状態のまま、変わらないこと」という意味があります。

「永劫」

「永劫」「えいごう」と読みます。

「永劫」には、「想像を絶するほど、長い年月」という意味があります。

「未来永劫」には、これから未来に渡る、想像を絶するほど長い年月という意味があります。

「君のことを、未来永劫愛する」というプロポーズの言葉には、「これから未来に渡る、想像を絶する長い年月、君を愛し続ける」という意味があり、壮大な告白であることがわかります。

「永遠」を使った例文や短文など

続いて「永遠」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「永遠」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「永遠」を使った例文1
  • 「永遠」を使った例文2

「永遠」を使った例文1

「『永遠』の命を手に入れるため、旅を続ける」

この例文は、「永遠の命」を追い求めている人が、どこかにある不老不死の薬などを探し求めているシーンを文章にしたものです。

SF映画やマンガなどに、このような場面が登場するかもしれません。

ドラキュラなどの一部のモンスター的な存在は、時間を超越し、数千年生き続けられると、設定上されています。

そのような存在になりたいと憧れている人は、現代社会の中にもいるかもしれません。

「永遠」を使った例文2

「浮気をしたという事実は、彼女に『永遠』に知られたくない」

この例文のような思いを持っている男性がいるかもしれません。

つい出来心で浮気してしまったものの、本気で浮気相手が好きではなく、本当は彼女のことが好きなため、浮気を知られたくないと思っています。

「時間を超越するほど、長い時間」とまでは意識していないでしょうが、「とにかくずっとばれたくない」と考えているため、「永遠」という壮大な意味の言葉を選んでしまうかもしれません。

「永遠」「永遠の秘密」「永遠に心にとどめる」などという使い方ができます。

「永遠」の反対語

「永遠」と反対の意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

そこで「永遠」と反対の意味を持つ言葉を紹介します。

  • 「一寸」
  • 「一瞬」
  • 「瞬く間」

「一寸」

「一寸」「ちょっと」と読みます。

「一寸」には、「時の短い様子」「時に重みを感じない様子」という意味があります。

散歩を二人でしている時、「一寸だけ休もう」とどちらかが言いだすかもしれません。

この文章には、「短い時間だけ、休もう」という意味があります。

「一瞬」

「一瞬」には、「瞬く間」「非常に短い時間」という意味があります。

「一瞬で好きになる」という場合は、「非常に短い時間で、相手のことを好きになる」という意味があります。

また「一瞬頭をよぎる」には、「とても短い時間、頭に考えがよぎる」という意味があります。

「瞬く間」

「瞬く間」「またたくま」と読みます。

「瞬く間」には、「まばたきすらできないくらい、ごく短い時間」という意味があります。

「瞬く間の出来事」という場合は、「まばたきすらできないくらいの短い時間に、起きた出来事」という意味があります。

icon まとめ

「永遠」という言葉について見てきました。

「永遠」には、「時間を超越して、際限なくそのままの状態であること」という意味があります。

かなりロマンチックな言葉のため、告白の場面やプロポーズなどのセリフの中に、加えてみてはいかがでしょうか。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。