意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「瞬く間」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「瞬く間」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「瞬く間」という言葉を使った例文や、「瞬く間」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「瞬く間」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「瞬く間」とは?意味
  • 「瞬く間」の表現の使い方
  • 「瞬く間」を使った例文や短文など
  • 「瞬く間」の類語や類義語・言い換え


「瞬く間」とは?意味

「瞬く間」には、「またたくほどの、ごく短い間」という意味があります。

また「瞬間」という意味があります。

  • 「瞬く間」の読み方

「瞬く間」の読み方

「瞬く間」の読み方は、「瞬く間」になります。

「瞬く」「またたく」「間」「ま」になります。



「瞬く間」の表現の使い方

「瞬く間」の表現の使い方を紹介します 「瞬く間」には「またたくほどの、ごく短い時間」という意味があるため、それくらい短いと感じる時に使ってみましょう。

例えば、食べ盛りの子供は、母親が提供した料理を、あっという間に食べてしまうでしょう。

そのため、「子供が料理を、瞬く間に平らげる」などと「瞬く間」という言葉を使います。

「瞬く間」を使った例文や短文など

「瞬く間」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「瞬く間」を使った例文1
  • 「瞬く間」を使った例文2

「瞬く間」を使った例文1

「新幹線が『瞬く間』に、駅を通過する」

この例文は、ホームに立っている人が、通過する新幹線を眺めている時の文章になります。

新幹線はすごいスピードでホームに進入し、瞬時に通過して行ったという意味があります。

のぞみが停車する駅ではない駅で、次の電車を待っている時などに、このような「瞬く間」に走り去る新幹線を見られるかもしれません。

「瞬く間」を使った例文2

「恋人との楽しいデートの時間は、『瞬く間』に過ぎる」

この例文は、恋人のデートは楽しいため、あっという間に時間が過ぎるという意味があります。

時間の流れは一定ではなく、楽しければ短く、辛ければ長く感じやすいものです。

この例文のように、楽しい時間は「瞬く間」に過ぎてしまうかもしれません。



「瞬く間」の類語や類義語・言い換え

「瞬く間」の類語や類似を紹介します。

  • 「瞬間」【しゅんかん】
  • 「あっという間」【あっというま】

「瞬間」【しゅんかん】

「瞬間」には「極めて短い時間」という意味があります。

「声を聴いた瞬間に、誰かわかった」という文章には、声を聴いてから極めて短い時間の間に、誰が話しかけてきたか分かったという意味があります。

「決定的瞬間」「走り出した瞬間」などという使い方をします。

「あっという間」【あっというま】

「あっという間」には「ほんの一瞬の間」という意味があります。

「あっという間に夏休みが終わった」という文章には、夏休みが終わった時、ほんの一瞬のようだったと感じたという意味があります。

「あっという間に締切が来る」「あっという間に、日が暮れる」などという使い方をします。

icon まとめ

「瞬く間」という言葉について見てきました。

まばたくほどの短い間だと感じた時、「瞬く間」という言葉を使ってみましょう。