意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「馬が合う」の意味・読み方・言い換え【使い方や例文】

馬が合うのは、その仲の良さとイメージされるかも知れません。

ですが、実際の先頭に立つような馬同士はやはりライバルなのです。

仲がよいより、足並みが作業性に繋がります。

馬が合う

Meaning-Book
「馬が合う」の意味・読み方・言い換え【使い方や例文】>


目次

  • 「馬が合う」の意味とは?
  • 「馬が合う」の読み方
  • 「馬が合う」の語源や由来
  • 「馬が合う」を使った例文や短文・解釈
  • 「馬が合う」の英語
  • 「馬が合う」の類語


「馬が合う」の意味とは?

馬が合うの意味は、馬同士の気が合う事を指しています。

これは、馬という強い者同士が、競合せずに、肩を並べて走破するという内容でも有り、同じ競争社会の中に生きていても、話の内容は一致するという項目です。

これは、馴れ合いとは違っていて、仕方のない関係ではそう言いません。

これは、ライバルでも話しができる位のものを馬が合うと称します。



「馬が合う」の読み方

馬が合うの読み方はうまがあうになります。

馬が合うという状況は、周囲はどうであれ、話の内容に共通項があるタイプ同士ですので、その話の内容が、趣味であれ、同じ仕事の内容であれ、とりあえずの話の調整には、双方とも歩み寄れる程度のもので良いでしょう。

馬が合うという話は、恋愛とは違いますので、それはそれぞれの生きた経験に近似値があるかなしかでも判断は可能です。

「馬が合う」の語源や由来

馬が合うの語源は、馬に車を引かせるケースで、そのくつこをはめていても、お互いに先じる事無く、歩調を合わせて作業の出来る様相を指しています。

これは、農作業において、非常に重要な事とされ、その作業車を同時に進めていくには、足並みの強調が必要な訳です。

それを指揮するのが、畑の棟梁になります。

棟梁は同じ馬が合いそうな相性を良く見ています。



「馬が合う」を使った例文や短文・解釈

馬が合うを使用した例文は、馬が合うという状況が、普通の友達関係ではない様相であり、また、競合し合うという緊迫を避けられるという、馬の遵守事項を確認すると良いでしょう。

これは、友達の話ではない会話が出来るかどうかという、依り専門領域や業務としての会話の上手さが必要になります。

そして、悪いことをしないという、遵守事項を守るという足並みも計測される事です。

  • 例文1
  • 例文2
  • 例文3

例文1

馬が合う状況は、くだらない会話より、身の為になる話ができる関係になります。

馬が合う状況というのは、お互いの為に必要な情報を交換できるタイプの友人関連になります。

これは、くだらない話で時間を潰すような内容ではありません。

つまり、相手に必要な情報は何か、それを提供できてこそ、お互いのステークホルダーとしての関連が成り立つのです。

例文2

馬が合うのは、その意思疎通により、調子をあわせた作業性が確認できます。

馬が合うのは、意思疎通という状況から、同じ並列の作業が可能かどうかにも依っています。

つまり、並列作業としての前後に息がぴったりであるということが要になるのです。

この要を抑えているかどうかによって、馬が先頭で二頭続けていけるかどうかの判断が為されます。

例文3

馬が合う双方は、お互いに違反行為をしないという命令を聞ける人です。

馬が合う双方というのは、コンプライアンスを守ることのできるという事が肝要です。

つまり、違反行為をしないということで、お互いの歩調を合わせるのです。

そして、指揮する人は、それを教え込んで、同じ車両を引いていく技術を教えます。

その共同作業では、畑を耕すという事が目的であり、馬の双方の舎屋のそれぞれは、畑という職場とは違います。

「馬が合う」の英語

馬が合う meaning in english

馬が合うという英語は、“to get on well”です。

「馬が合う」の類語

馬が合うの類語として、足並みが揃うや、歩調の協力という言い方があります。

また、出る釘にならない環境への配慮もあるでしょう。

たとえ、自身が能力があったとしても、あまりそれを出ないようにしておくというやり方もありますし、他方の馬の仕事が出来すぎるケースでは、その足並みに揃うように必死で追いつくことが肝要になります。

  • 「足並み」
  • 「歩調」
  • 「気遣い」

「足並み」

足並みを揃えるように指揮するのは指揮者であり、その選択により馬が合う双方が並びます。

足並みを揃えるようにというのは、その指導者の扱う指導要領です。

そして、その選抜によって、足並みの揃う二頭・三頭が先頭に立つことができます。

ただし、足並みを揃えられるような頭脳と、環境への配慮がなくてはなりません。

その選抜する指揮者は、馬のそれぞれの性格まで見ているでしょう。

「歩調」

歩調を合わせるのは、同じ仕事に従事する者同士の仕組みです。

馬が合うというのは、あえて馬が合うように合わせているという方策があります。

これは、人間関係でのステークホルダーとしての考え方になり、その共益をもって、馬が合う関連性が成り立つのです。

つまり、この相手の馬であれば、仕事がうまくいくという程度のもので、実際の性格の一致という意ではありません。

「気遣い」

気遣いを怠らない事は、あえて出る釘にならない馬の合わせ方です。

職場や学校関連では、その才能や技術に依る、さまざまな思惑が絡んでいます。

この絡みの問題を回避するのは、相手への気遣いであり、環境を壊さないように配慮するという、より実演的な工作が必要になります。

これは、利益絡みの工作ではなく、平和に穏便に済むようにとの、日本の和の考え方になります。

icon まとめ

馬が合うというのは、片方が合わせている可能性もあります。

ですので、抜きん出ている方が、実際は歩力を落とすことですし、足らない方は力量の有る方に必死で着いていくかたちになります。