意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「かち合う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「かち合う」という表現は「曲がり角で彼とかち合いました」「スケジュールがかち合ったので調整します」といった文章で使われていますが、「かち合う」にはどんな意味があるのでしょうか?

「かち合う」という表現の「意味・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

かち合う

Meaning-Book
「かち合う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「かち合う」とは?意味
  • 「かち合う」の表現の使い方
  • 「かち合う」を使った例文と意味を解釈
  • 「かち合う」の類語や類義語


「かち合う」とは?意味

「かち合う」という表現は、「人や物が物理的にぶつかり合うこと」を意味しています。

また「かち合う」という表現には、「物事が同時に発生すること」「タイミング悪く二つの予定・物事などが重なり合うこと」といった意味合いもあります。

「二つの物事がタイミング悪く重なり合う」の意味の「かち合う」は、「搗ち合う」と漢字で表記できます。



「かち合う」の表現の使い方

「かち合う」の表現の使い方を紹介します。

「かち合う」の表現の使い方は、「人や物が物理的にぶつかり合う場合」に使うという使い方になります。

例えば、「立ち往生した自動車が電車とかち合いました」などの文章で使われます。

また「かち合う」という表現は、「運悪く、二つの予定・物事などが重なり合ってしまった時」にも使うことができる表現なのです。

「かち合う」を使った例文と意味を解釈

「かち合う」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「かち合う」を使った例文1
  • 「かち合う」を使った例文2

「かち合う」を使った例文1

「急いで走っていたので廊下で後輩とかち合って、お互いに怪我をしてしまいました」

この「かち合う」を使った例文は、「急いで走っていたので廊下で後輩とぶつかり合って」という意味を持つ文脈で、「かち合う」の表現を使っています。

「かち合う」を使った例文2

「連休で大勢の人たちと飛行機の予約がかち合っていたので、別の日時で予約しなおすことにしました」

この「かち合う」を使った例文は、「かち合う」という表現を、「連休で大勢の人たちと飛行機の予約が重なり合っていた(ダブルブッキングしていた)」という意味合いで使用しています。



「かち合う」の類語や類義語

「かち合う」の類語や類義語を紹介して、その意味を説明していきます。

  • 「衝突する・ぶつかる」
  • 「同時発生する・ダブルブッキングする」

「衝突する・ぶつかる」

「かち合う」という表現は、「人や物が衝突すること」「人や物が出会い頭などにぶつかり合うこと」を意味しています。

その意味合いから、「かち合う」とほとんど同じような似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「衝突する・ぶつかる」を指摘できます。

「同時発生する・ダブルブッキングする」

「かち合う」という表現は、「二つ以上の物音・予定などが同時発生(併発)すること」「二つ以上の予約・予定が重なり合ってダブルブッキングすること」を意味しています。

それらの意味合いから、「同時発生する・ダブルブッキングする」という表現を、「かち合う」の類義語として解釈することができます。

icon まとめ

この記事で解説した「かち合う」の表現には、「物理的にぶつかり合うこと」「タイミング悪く、二つの物事(予定)が重なり合うこと」などの意味があります。

「かち合う」の類語・類義語として、「衝突する・ぶつかる」「同時発生する・ダブルブッキングする」などがあります。

「かち合う」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。