意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「分かち合う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「分かち合う」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「分かち合う」という言葉を使った例文や、「分かち合う」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「分かち合う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「分かち合う」とは?意味
  • 「分かち合う」の表現の使い方
  • 「分かち合う」を使った例文や短文など
  • 「分かち合う」の類語や類義語・言い換え


「分かち合う」とは?意味

「分かち合う」には、「分け合う」という意味があります。

特に「分かち合う」には、楽しい気持ちや、悲しい気持ちなどを、誰かと分け合うという意味があります。

人と人が、喜怒哀楽などを分け合う時、「分かち合う」という言葉を使います。

  • 「分かち合う」の読み方

「分かち合う」の読み方

「分かち合う」の読み方は、「わかちあう」になります。



「分かち合う」の表現の使い方

「分かち合う」の表現の使い方を紹介します。

「分かち合う」には、「誰かと何かを分け合う」という意味があります。

特に、喜怒哀楽など、人同士が感情を分け合う場面で使うことが多い言葉になります。

ビジネスシーンでは、成功などを分け合う時、「分かち合う」という言葉を使ってみましょう。

「分かち合う」を使った例文や短文など

「分かち合う」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「分かち合う」を使った例文1
  • 「分かち合う」を使った例文2

「分かち合う」を使った例文1

「喜びや悲しみを『分かち合った』学生時代の仲間」

この例文には、喜びや悲しみを分け合った、学生時代の友達についての文章になります。

学生時代は、数年間、友達同士がみっちりと一緒に生活するため、楽しい時もつらい時も、一緒にいます。

そのため、喜びや悲しみを始め、全ての喜怒哀楽を一緒に分け合った仲間と言えるでしょう。

「分かち合う」を使った例文2

「大きなプロジェクトを成功させ、喜びを『分かち合う』メンバーたち」

この例文は大きなプロジェクトを成功させ、成功の喜びを参加しているメンバーたちで分け合うという文章になります。

大勢の人たちが協力して仕事をする時、成功裏に終われば、このような素晴らしいエンディングを迎えられます。

このように、嬉しい気持ちや喜ばしい気持ちを分け合う時、「喜びを分かち合う」という言い回しを使ってみましょう。



「分かち合う」の類語や類義語・言い換え

「分かち合う」の類語や類似を紹介します。

  • 「分担」【ぶんたん】
  • 「分配」【ぶんぱい】

「分担」【ぶんたん】

「分担」には、「作業や業務・仕事などを分けて受け持つこと」という意味があります。

「仕事を分担する」という言葉には、一つの仕事をいくつかに分けて、数人で受け持つという意味があります。

「役割分担」などという慣用句もあります。

「分配」【ぶんぱい】

「分配」には「物や利益などを各々に行き渡るように、分けて配ること」という意味があります。

「利益を分配する」という言葉には、利益を分けて配るという意味があります。

icon まとめ

「分かち合う」という言葉について見てきました。

誰かと喜怒哀楽を分け合う時、「分かち合う」という言葉を使ってみましょう。