意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「触れ合う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「触れ合う」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「触れ合う」という言葉を使った例文や、「触れ合う」の類語を紹介して行きます。

触れ合う

Meaning-Book
「触れ合う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「触れ合う」とは?意味
  • 「触れ合う」の表現の使い方
  • 「触れ合う」を使った例文や短文など
  • 「触れ合う」の類語や類義語・言い換え


「触れ合う」とは?意味

「触れ合う」には「互いに触れる」という意味があります。

二人以上の人が、お互いに相手に触れる時、「触れ合う」と言います。

また「触れ合う」には「お互いに親しみ交わる」という意味があります。

誰かと誰かが仲良くしている様子を、「触れ合う」という言葉で表現できます。

  • 「触れ合う」の読み方

「触れ合う」の読み方

「触れ合う」の読み方は、「ふれあう」になります。



「触れ合う」の表現の使い方

「触れ合う」の表現の使い方を紹介します。

「触れ合う」には「互いに接しあう」という意味があるため、誰かと誰かが、互いに触れている様子を見た時に、「触れ合う」を使ってみましょう。

例えば、男女がいて、手と手が互いに触れている時、「男女の手が触れ合う」と表現します。

また「触れ合う」には「お互いに親しみ交わる」という意味があるため、そのような様子の人たちを見た時にも使ってみましょう。

「触れ合う」を使った例文や短文など

「触れ合う」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「触れ合う」を使った例文1
  • 「触れ合う」を使った例文2

「触れ合う」を使った例文1

「マンションの屋上にバーベキュー施設があり、住人同士が『触れ合う』場になっている」

この例文は、マンションの屋上のバーベキュー施設が、マンションの住人がお互いに親しみ交わる場になっているという意味があります。

このように、近くにいてもなかなか仲良くなれないような人を結びつける場を「触れ合う場」「触れ合いの場」などと言います。

会社のランチ時に、他部署の人と積極的に食事をする時も、「ランチで他部署の人と触れ合う」などと言います。

「触れ合う」を使った例文2

「満員電車では、隣にいる人と肩が『触れ合ってしまう』」

この例文は、満員電車に揺られている通学客や通勤客についての文章になります。

満員の社内では、身動きできないほど詰め込まれるため、どうしても隣の人と肩が互いに触れてしまいます。

このように、互いが触れる状態を、「触れ合う」と言います。



「触れ合う」の類語や類義語・言い換え

「触れ合う」の類語や類似を紹介します。

  • 「接する」【せっする】
  • 「タッチ」【たっち】

「接する」【せっする】

「接する」には「一つにつながる」「触れる」「応対する」などの意味があります。

「肩が接する」には、「肩が触れる」という意味があります。

また「客に接する」という言葉には、「客に応対する」という意味があります。

「タッチ」【たっち】

「タッチ」「さわる」「触れる」という意味のあるカタカナ語になります。

「体を軽くタッチする」という言葉には、「体を軽くさわる」という意味があります。

icon まとめ

「触れ合う」という言葉について見てきました。

手や肩などが、互いに触れあう様子を見た時、また親しく交わり、心を通わせる様子を見た時に、「触れ合う」という言葉を使ってみましょう。