意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「釣り合う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「釣り合う」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「釣り合う」という言葉を使った例文や、「釣り合う」の類語を紹介して行きます。

釣り合う

Meaning-Book
「釣り合う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「釣り合う」とは?意味
  • 「釣り合う」の表現の使い方
  • 「釣り合う」を使った例文や短文など
  • 「釣り合う」の類語や類義語・言い換え


「釣り合う」とは?意味

「釣り合う」には、「どちらか一方に傾かず、二つの物のバランスがとれていること」という意味があります。

また「色や材質などの調和がとれている」という意味もあります。

さらに「互いに相手にふさわしい」という意味があります。

  • 「釣り合う」の読み方

「釣り合う」の読み方

「釣り合う」の読み方は、「つりあう」になります。



「釣り合う」の表現の使い方

続いて「釣り合う」の表現の使い方を紹介します。

「釣り合う」という言葉には「どちらか一方に傾かず、二つの物のバランスがとれていること」という意味があります。

例えば、収入と支出の均衡がとれている時、「収支が釣り合う」と言います。

またカップルなどを見た時、お似合いだなと感じる二人の場合、「二人は釣り合っている」と表現できます。

このように、バランスがとれている物を見た時、お似合いの二人を見た時などに、「釣り合う」という言葉を使ってみましょう。

「釣り合う」を使った例文や短文など

「釣り合う」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「釣り合う」を使った例文1
  • 「釣り合う」を使った例文2

「釣り合う」を使った例文1

「金遣いが荒いが、給料が高い会社に勤めているため、『収支が釣り合う』」

この例文に登場する人は、お金をたくさん使うため経済的に破たんしてしまいそうですが、収入が多いため、収支のバランスが取れています。

このように、二つの物の釣り合いが取れている時、「釣り合うという言葉を使います。

お金を節約するようになれば、貯金が増え、収入が減れば借金ができるなど、「釣り合いが取れなくなる」かもしれません。

「釣り合う」を使った例文2

「美男とは言えないA君は、美しいBさんと『釣り合う』とは言えない」

この例文は、男性と女性がカップルとして似合っているか、バランスが取れているかという話についての文章になります。

しかし第三者は、二人を見て、似合っていないと感じています。

このように、相手にふさわしいと思える二人には「釣り合う」そうではない二人には「釣り合っていない」という言葉を使います。



「釣り合う」の類語や類義語・言い換え

「釣り合う」の類語や類似を紹介します。

  • 「バランスが取れている」【ばらんすがとれている】
  • 「均衡を保つ」【きんこうをたもつ】

「バランスが取れている」【ばらんすがとれている】

「バランスが取れている」には「釣り合いが取れている」「均衡を保っている」という意味があります。

また「調和している」という意味もあります。

「バランスが取れた食事」「栄養やカロリー、食材などが、調和した食事」という意味があります。

「均衡を保つ」【きんこうをたもつ】

「均衡を保つ」には、「釣り合いを取り続ける」「バランスを取り続ける」という意味があります。

「両国が、均衡を保つ」「均衡を保っている間は平和が続く」などという使い方をします。

icon まとめ

「釣り合う」という言葉について見てきました。

二つの物の均衡がとれている時、お似合いのカップルを見た時などに、「釣り合う」という言葉を使ってみましょう。