意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「潰し合う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「潰し合う」とは、「お互いを攻撃して相手を破滅させたりダメにしようとしたりすること」を意味する言葉です。

「潰し合う」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や類義語」について、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「潰し合う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「潰し合う」とは?
  • 「潰し合う」の表現の使い方
  • 「潰し合う」を使った例文と意味を解釈
  • 「潰し合う」の類語や類義語


「潰し合う」とは?

「潰し合う」という表現は、「お互いに敵対して、相手を破滅させたり(破壊・殺傷したり)、ダメにしようとしたりすること」を意味しています。

「潰し合う」というのは、「お互いに、相手に本来の働きができないようにしたり破壊(殺傷・損傷)してダメにしようとしたりすること」を意味している言葉なのです。

また「潰し合う」には、「お互いに、経済的に相手の商売を破綻させて立ち行かなくさせようとすること」の意味もあります。

  • 「潰し合う」の読み方

「潰し合う」の読み方

「潰し合う」の読み方は、「つぶしあう」になります。



「潰し合う」の表現の使い方

「潰し合う」の表現の使い方は、「お互いを攻撃して相手を痛めつけたりダメにしたりしようとする場合」に使うという使い方になります。

例えば、「二つの会社が安売りで潰し合いをして、両社共に経営破綻の危機に陥りました」などの文章で使えます。

「潰し合う」を使った例文と意味を解釈

「潰し合う」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「潰し合う」を使った例文1
  • 「潰し合う」を使った例文2

「潰し合う」を使った例文1

「潰し合うことよりも、共生して生き残ることができる方法を模索した方が良いでしょう」

この「潰し合う」を使った例文は、「お互いに攻撃して相手をダメにしようとすることよりも、共生して生き残ることができる方法を模索した方が良いだろう」を意味しています。

「潰し合う」を使った例文2

「嫌いだからといって潰し合うことだけにリソースを割いていたら、生産的な活動が何もできずに疲弊して困窮するだけです」

この「潰し合う」を使った例文は、「嫌いだからといって、お互いを攻撃しあって相手を機能しないようにする(相手が立ち直れないようにする)ことだけにリソースを割いていたら、生産的な活動が何もできずに疲弊して困窮するだけである」を意味しています。



「潰し合う」の類語や類義語

「潰し合う」の類語・類義語について、分かりやすく解説していきます。

  • 「叩き合う・攻撃し合う」
  • 「消耗戦をする・徹底的にやり合う」

「叩き合う・攻撃し合う」

「潰し合う」という表現は、「お互いに叩きあって相手をダメにしようとすること」「お互いに攻撃し合って相手を破滅させようとすること」を意味しています。

それらの意味から、「潰し合う」と近しい類似の意味を持つ類語(シソーラス)として、「叩き合う・攻撃し合う」を上げられます。

「消耗戦をする・徹底的にやり合う」

「潰し合う」という言葉は、「お互いを破滅させようとして消耗戦に陥ること」「相手がダメになるまで徹底的にやり合うこと」を意味しています。

それらの意味合いから、「潰し合う」と良く似た意味を持つ類義語として、「消耗戦をする・徹底的にやり合う」を指摘できます。

icon まとめ

「潰し合う」という言葉について解説しましたが、「潰し合う」には「お互いを攻撃して相手を破滅させたり再起できないようにしようとしたりすること」などの意味があります。

「潰し合う」の類語(シソーラス)・類義語としては、「叩き合う・攻撃し合う」「消耗戦をする・徹底的にやり合う」などがあります。

「潰し合う」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。