意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「手軽」とは?意味や使い方!例文や解釈

「手軽」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「手軽」という言葉を使った例文や、「手軽」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「手軽」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「手軽」とは?
  • 「手軽」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「手軽」を使った例文や短文など
  • 「手軽」の反対語


「手軽」とは?

「手軽」という言葉を知っているでしょうか。

パン好きの人は「トーストは、手軽に食べられて美味しい」などと言ったことがあるでしょう。

一方で、「手軽」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「手軽」という言葉の意味を紹介します。

  • 「手軽」の読み方
  • 「手軽」の意味

「手軽」の読み方

「手軽」「てがる」と読みます。

「しゅけい」などと読み間違えないようにしましょう。

これを機会に「手軽」「てがる」と読みましょう。

「手軽」の意味

「手軽」という言葉の意味を紹介します。

「手軽」には、「手数がかからず、簡単な様子」という意味があります。

そのため、「トーストは、手軽に食べられて美味しい」という時は、トーストは、料理として簡単で気軽に食べられて美味しい、という意味になります。

このように、「簡単」+「気軽」な物事に対して、「手軽」という言葉を使ってみましょう。



「手軽」の類語や類似表現や似た言葉

「手軽」の類語や類似表現を紹介します。

「手軽」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「簡単」【かんたん】
  • 「手短」【てみじか】
  • 「簡略」【かんりゃく】
  • 「簡素」【かんそ】
  • 「単純」【たんじゅん】
  • 「シンプル」

「簡単」【かんたん】

「簡単」には、「構成が込み入っていない様子」という意味があります。

ドラマを見ていると、複雑なストーリーの作品と、構成が込み入っていないストーリーがあります。

後者のストーリーは「簡単なストーリー」と言えるでしょう。

「簡単な話」「簡単な問題」など、構成が込み入っていない様子の物事に対して、「簡単」という言葉を使ってみましょう。

「手短」【てみじか】

「手短」には、「文章や話が切り詰められていて、早くて簡単な様子」という意味があります。

例えば、「時間がないので、手短に話します」という時は、10分かかる話の要点だけを切り取って、3分程度で話します。

ビジネスシーンでは、相手の時間を尊重し「手短」に話すケースが多くなるかもしれません。

「簡略」【かんりゃく】

「簡略」には、「簡単で手短な様子」という意味があります。

「簡略な作りのホテル」という場合は、それほど凝った様子のない、簡単な作りのホテルという意味になります。

「簡素」【かんそ】

「簡素」には、「無駄を省き、簡単で質素な様子」という意味があります。

「簡素な結婚式」という場合は、お色直しの回数を一度にしたり、演出を必要最低限に抑えた、無駄を省いた、簡単で質素な結婚式になります。

「単純」【たんじゅん】

「単純」という言葉には、「ある要素だけで成り立っていて、入り組んでいない様子」という意味があります。

「単純な作り」という時は、いくつかのパーツだけで完成してしまうような作りのことになります。

「シンプル」

「シンプル」という言葉は「単純」をカタカナ語にした言葉です。

「シンプルなデザインの時計」という時は、単純なデザインの時計ということになります。

「手軽」を使った例文や短文など

続いて「手軽」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「手軽」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「手軽」を使った例文1
  • 「手軽」を使った例文2

「手軽」を使った例文1

「毎朝、『手軽』な朝食を食べるようにしている」

この例文のように、毎朝、きちんと朝食を食べている人もいるでしょう。

朝、食事をとると、体が目覚めて代謝が良くなり痩せやすくなったり、活動的になったりすると言われています。

しかし、朝から凝った料理を作ったり食べるのは、面倒でしょう。

そこで、簡単で気軽に作れる「手軽」な朝食を用意して、食べる人が多数派なのかもしれません。

「手軽」を使った例文2

「ジョギングは『手軽』に始められる健康法だ」

この例文のように、ジョギングは、簡単で気軽に始められる健康法のひとつです。

例えばスポーツジムに行き、筋トレをしたり、ダンスのレッスンを受けるのも、良い健康法ですが、事務の入会手続きや費用、ジムに通う煩わしさなどがあります。

一方ジョギングは、ランニングシューズだけ持っていれば、いつでもどこでも走り出せます。

また20分程度のジョギングで、十分健康に良い効果が期待できるため、時間的な効率もいいでしょう。

このようにジョギングは数ある健康法の中でも「手軽」と言えます。



「手軽」の反対語

「手軽」と反対の意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

そこで「手軽」と反対の意味を持つ言葉を紹介します。

  • 「複雑」【ふくざつ】
  • 「面倒」【めんどう】
  • 「難しい」【むずかしい】
  • 「ややこしい」
  • 「厄介」【やっかい】

「複雑」【ふくざつ】

「複雑」には、「込み入っている様子」という意味があります。

「複雑な話」という場合、「込み入った話という意味があります。

「複雑な問題」「複雑な関係」など、込み入った何かに対して「複雑」という言葉を使います。

「面倒」【めんどう】

「面倒」という言葉には、「手数がかかり煩わしいこと」という意味があります。

「面倒な仕事」という場合、「手数がかかり、煩わしい仕事」という意味になります。

「面倒な話」という時も、聞くのが煩わしい話ということになります。

「難しい」【むずかしい】

「難しい」という言葉には、「複雑で煩わしく、困難だ」という意味があります。

「これは難しい問題だ」などと誰かが言う時、その問題に対して、複雑で煩わしい、さらに困難だと思っていることになります。

「難しい仕事」「難しい話」などという使い方をします。

「ややこしい」

「ややこしい」には、「事情が込み入っていて面倒だ」という意味があります。

「ややこしい問題」は、「事情が込み入っていて、面倒な問題」ということになります。

「厄介」【やっかい】

「厄介」という言葉には、「処理が面倒で手数がかかる様子」という意味があります。

「厄介な仕事を頼まれてしまった」と頭を抱えている人は、処理が面倒で、手数がかかる仕事を頼まれたと嘆いています。

icon まとめ

「手軽」という言葉について見てきました。

簡単で気軽に感じる物事を、言葉にしたい時、「手軽」という言葉を使ってみましょう。