意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「難しい」の意味とは?読み方・対義語・類語・英語【使い方や例文】

「難しい」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「難しい」の英語や、「難しい」を使った例文を紹介していきます。

難しい

Meaning-Book
「難しい」の意味とは?読み方・対義語・類語・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「難しい」の意味とは?
  • 「難しい」の意味
  • 「難しい」の英語
  • 「難しい」の対義語
  • 「難しい」の言葉の使い方
  • 「難しい」の類語や類義の表現
  • 「難しい」を使った例文


「難しい」の意味とは?

「難しい」という言葉を知っているでしょうか。

「難しい」「むずかしい」と読み、比較的早くに覚える言葉のひとつです。

学生時代なら、テストの時に小さな声で「難しい」とつぶやいた経験があるかもしれません。

また仕事を始めた後も、毎日のように「難しい」という言葉を使っているかもしれません。

ほとんどの人が「難しい」という言葉をしっているものの、正確な意味までは分からない人が多いのではないでしょうか。

そこで「難しい」という言葉の意味や使い方を紹介します。

この言葉の意味を知る事で、誰かに「難しい」という言葉の意味を聞かれた時に、自分の言葉で分かりやすく伝える事ができるかもしれません。



「難しい」の意味

「難しい」という言葉にはどのような意味があるでしょうか。

「難しい」には、「複雑、または微妙で煩わしく困難だ」という意味があります。

例えば引越しの手続きは、役所に提出する書類も多く、業者との手続きやエアコンの設置問題など、複雑で微妙な問題がたくさんあります。

このような、複雑で微妙、また仕事や家事をしながら引越しの手続きをする事が煩わしいため、「難しい」という表現がぴったりです。

そのため「引越しの手続きは難しい」という文章にする事ができます。

ビジネスシーンでも、学校生活でも、複雑だったり微妙だったり、さらに煩わしく難しい物事はたくさん登場します。

このような時に感じる気持ちを「難しい」と言います。

「難しい」の英語

難しい meaning in english

「難しい」という言葉を英語にすると、どのような表現になるでしょうか。

「難しい」は英語で、“hard”(ハード)になります。

“hard”には「難しい」という意味があり、カタカナ語の「ハード」でもよく知られています。

さらに“difficult”(ディフィカルト)という英語にも「難しい」という意味があります。

“difficult”は中学生で習う英語ですので、知っている人が多いでしょう。

このように「難しい」には“hard”“difficult”という英語にする事ができますので、英語を使う機会のために覚えておきましょう。



「難しい」の対義語

「難しい」の対義語を紹介します。

「難しい」と反対の意味を持つ言葉を知る事で、この言葉の意味を立体的に理解できるようになるかもしれません。

  • 「単純」
  • 「簡単」
  • 「シンプル」

「単純」

「単純」には、「ある要素だけで成り立っていて入り組んでいない様子」「単純」と言います。

例えば「1+1」という数式は、一ケタの足し算という要素だけでできていますので、「単純な数式」と言えます。

また複雑ではない性格をした人は「単純な人」と言われます。

「簡単」

「簡単」には、「構成が込み入っていない様子」という意味があります。

先ほど登場した「1+1」という数式は、「単純」であると同時に、「簡単な数式」と言えます。

また、昔話などを要点だけをかいつまんで話した時、複雑な話を「簡単な話」にする事ができます。

またご飯とみそ汁だけなどの、込み入っていない食事の事を「簡単な食事」と言う事もあります。

「シンプル」

「シンプル」には、「単純な様子」という意味があるカタカナ語です。

白Tシャツなど単純なデザインのシャツは「シンプルなシャツ」などと言います。

「難しい」の言葉の使い方

「難しい」という言葉をどのような場面で使えばいいでしょうか。

「難しい」には、「複雑、または微妙で煩わしく困難だ」という意味 まず「複雑」と感じる時は、どのような時でしょうか。

人間関係が入り組んでいる時「複雑」と感じ、人間関係の問題を解決するのは「難しい」と感じるでしょう。

また「AでもBでも間違いではない」ような二択を迫られた時、「微妙に難しい」と思うかもしれません。

また仕事が忙しい時期に、家事をしなければならなくなったら「煩わしい」と感じるでしょう。

二択問題は解くのが「難しい」と感じやすく、仕事と家事を両立するのは「難しい」ものです。

このように様々な理由で、複雑、微妙、煩わしく困難だと感じた時に、「難しい」という言葉を使ってみましょう。

「難しい」の類語や類義の表現

「難しい」の類語や類義表現を紹介します。

「難しい」と似た意味を持つ言葉を知る事で、言葉の意味をより深く理解できるようになるかもしれません。

  • 「ややこしい」
  • 「面倒」

「ややこしい」

「ややこしい」には、「事情が込み入っていて面倒だ」という意味があります。

「ややこしい問題」「ややこしい様子」などという言い回しをします。

人間関係の多くは、事情が込み入っていて面倒なため、「ややこしい」と言えます。

「難しい」の中にも、「ややこしい」に近いニュアンスが含まれていますので、似た意味の言葉と言えるでしょう。

「面倒」

「面倒」には、「手数が掛かり煩わしい事」という意味があります。

例えばビジネスシーンでは、いくつもの段階を経ないと終わらない煩わしい仕事があります。

このような仕事を「面倒な仕事」と呼びます。

ただしプラモデルなど、人によっては「面倒」と思われるような作業を、楽しんで進める事ができる人がいます。

そのため「面倒」と思うかどうかは主観によると言えるでしょう。

「難しい」を使った例文

「難しい」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における「難しい」を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを覚えましょう。

  • 例文1
  • 例文2

例文1

「Aさんは、仕事はできるが『難しい』人だ」

この例文に登場するAさんのように、仕事はできるものの、面倒な性格を持った「難しい」人がいます。

一緒に仕事をするとストレスが溜まる事が多いので、仕事ができる割に高い評価を得る事ができないかもしれません。

例文2

「今の会社に留まるか、転職して新しい世界に飛び出すか『難しい』問題だ」

この例文のように転職問題は、複雑で微妙で判断が困難な問題です。

そのため転職するかどうかを考える時、「難しい」とつぶやく人は多いでしょう。

このようにどちらを選んでも正しく、どちらを選んでも間違っているように思える二者択一は、「難しい選択」と呼ばれやすいでしょう。

icon まとめ

「難しい」という言葉の意味や使い方を見てきました。

「難しい」は今まで無意識に使っていた言葉かもしれません。

これを機会に意識的に使ってみてはいかがでしょうか。