意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「超過」とは?意味や使い方!例文や解釈

「超過」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「超過」という言葉を使った例文や、「超過」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「超過」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「超過」とは?
  • 「超過」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「超過」を使った例文や短文など
  • 「超過」の反対語
  • 「超過」の英語


「超過」とは?

みなさんは「超過」という言葉を知っているでしょうか。

「飲み会の予算を超過する」などという経験があるかもしれません。

一方で、「超過」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「超過」という言葉の意味を紹介します。

  • 「超過」の読み方
  • 「超過」の意味

「超過」の読み方

「超過」「ちょうか」と読みます。

特に難しい言葉が使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「超過」「ちょうか」と読みましょう。

「超過」の意味

「超過」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「超過」には、「定まっている限度を超えること」という意味があります。

「飲み会の予算を超過する」という時は、決められている飲み会の予算の限度を超えてしまったという意味があります。

誰かが飲み放題以外の飲み物や食べ物を注文してしまった、参加者が予定よりも増えてしまった時、「予算を超過する」と言えます。

このように「超過」には、「定まっている限度を超えること」という意味があります。



「超過」の類語や類似表現や似た言葉

次に「超過」の類語や類似表現を紹介します。

「超過」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「過ぎる」【すぎる】
  • 「行き過ぎ」【ゆきすぎ】
  • 「越える」【こえる】
  • 「上回る」【うわまわる】
  • 「オーバー」
  • 「足が出る」【あしがでる】
  • 「過剰」【かじょう】

「過ぎる」【すぎる】

「過ぎる」には、「占められている範囲や限度を出ている」という意味があります。

「酒が過ぎる」という場合は、「お酒を飲む量が、健康を維持できる限度を超えている」という意味になります。

また「贅沢が過ぎる」という場合は、「一般的な贅沢の範囲を逸脱して、贅沢をしている」という意味になります。

「行き過ぎ」【ゆきすぎ】

「行き過ぎ」には、「程度を越すこと」という意味があります。

「行き過ぎる指導」という場合は、「指導と呼べる程度を超えるような、厳しい指導」という意味があります。

「越える」【こえる】

「越える」には、「数量などが基準よりも上になる」という意味があります。

「募集を越える応募」という場合は、「募集していた基準を越えて、応募が来る」という意味になります。

また「期待を越える」という時は、「みんなが期待していた基準を上回る」という意味になります。

「上回る」【うわまわる】

「上回る」には、「より多くなる」という意味があります。

「予想を上回る出来栄え」という時は、「事前の予想より、出来栄えが上」という意味になります。

「オーバー」

「オーバー」「一定の限度を超えること」という意味があるカタカナ語になります。

「オーバーワーク」という言葉がありますが、「一定の限度を超えるような、仕事や練習」という意味があります。

「足が出る」【あしがでる】

「足が出る」には、「予定よりも多くなる」という意味があります。

「飲みすぎて、足が出た」という場合は、「事前に予想していた飲食費よりも多くなった」という意味になります。

「旅行費がかさみ、足が出る」などという使い方をします。

「過剰」【かじょう】

「過剰」には、「有り余ること」という意味があります。

「過剰なサービス」という言葉には、「有り余るようなサービス」という意味があり、やりすぎなサービスということになります。

「超過」を使った例文や短文など

続いて「超過」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「超過」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「超過」を使った例文1
  • 「超過」を使った例文2

「超過」を使った例文1

「プロジェクトの途中で、予算を『超過』する」

この例文のように、プロジェクトを始める前に定められた予算を越えてしまう時、「予算を超過する」などと言います。

思っていたより長期に及んだ、人材が豊富に必要だった時などに、このようなことが起こります。

「超過」を使った例文2

「延滞期限を過ぎ、ブルーレイレンタル代の『超過』料金を払う」

この例文のような経験をしたことがあるかもしれません。

レンタル期間中に返却しないと、ブルーレイの延滞料金を取られます。

「延滞料金」「超過料金」と言い換えることもできます。



「超過」の反対語

「超過」と反対の意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

そこで「超過」と反対の意味を持つ言葉を紹介します。

  • 「下回る」【したまわる】
  • 「不足」【ふそく】
  • 「欠乏」【けつぼう】

「下回る」【したまわる】

「下回る」には、「ある数量より少ない状態になること」という意味があります。

「予算を下回る」という時は、あらかじめ組んだ金額よりも、少ない金額でおさまるという意味になります。

また「予想を下回る」という言葉には、「予想した数字や、期待よりも、少ない状態になる」という意味があります。

「不足」【ふそく】

「不足」には、「定まっている限度に届かないこと」という意味があります。

例えば、「資金が不足する」という場合は、「仕事などに必要なお金が集まらない」という意味になります。

また「栄養不足」「健康を維持するための最低限度の栄養に届かない」という意味があります。

ファストフードばかり食べていると、栄養が足りず「栄養不足」になるかもしれません。

「欠乏」【けつぼう】

「欠乏」という言葉には、「少なくて足りないこと」という意味があります。

「食料が欠乏する」という時は、「食料が少なくて足りない」という意味になります。

冷夏などの影響で、作物の収穫量が減る時、「食料が欠乏する」かもしれません。

「超過」の英語

「超過」という言葉を英語にすると、どのような表現になるでしょうか。

「超過」は英語で“excess”(エグセス)になります。

“excess”には「過剰」「超過」という意味があります。

「超過」という言葉を英文の中に加えたい時は、「超過」という言葉を使ってみましょう。

icon まとめ

「超過」という言葉について見てきました。

定まっている限度を超えてしまった時、また限度を超えている様子を見た時などに、「超過」という言葉を使ってみましょう。