意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「欠乏」の意味とは!類語や言い換え

「欠乏」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「欠乏」という言葉を使った例文や、「欠乏」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「欠乏」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「欠乏」とは?
  • 「欠乏」を使った例文や短文など
  • 「欠乏」の類語や類義語・言い換え


「欠乏」とは?

「欠乏」という言葉を知っているでしょうか。

「エネルギーが欠乏する」と感じたことがあるかもしれません。

一方で、「欠乏」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「欠乏」という言葉の意味を紹介します。

  • 「欠乏」の読み方
  • 「欠乏」の意味

「欠乏」の読み方

「欠乏」「けつぼう」と読みます。

特に難しい言葉は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「欠乏」「けつぼう」と読みましょう。

「欠乏」の意味

「欠乏」という言葉にはどのような意味があるでしょうか。

「欠乏」には、「必要な物が不足すること」という意味があります。

例えば仕事中に「エネルギーが欠乏した」と感じた時、体を動かすために必要な栄養素が足りていないのかもしれません。

携帯食を食べるなどして、エネルギーを補充する必要があるでしょう。

このように、「欠乏」という言葉には、「必要な物が不足すること」という意味があります。



「欠乏」を使った例文や短文など

次に「欠乏」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「欠乏」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「欠乏」を使った例文1
  • 「欠乏」を使った例文2

「欠乏」を使った例文1

「飲食店の回転資金が『欠乏』しかける」

この例文は、飲食店を開いたのはいいものの、回転資金が尽きてきてしまっている様子を文書にしたものです。

飲食店を続けるためには、家賃や人件費、材料の仕入れ値、光熱費などが毎月必要です。

そのため、収入が少なければ回転資金が「欠乏」してしまうかもしれません。

「欠乏」を使った例文2

「疲れやすい時、鉄分が『欠乏』している可能性がある」

人間が元気で暮らすためには、必要な栄養素が体内に揃っている必要があります。

タンパク質や糖質、資質やビタミン、ミネラルなどが十分に行き届いている人は、元気に暮らせるかもしれません。

疲れやすい時も、栄養素が足りていない可能性があり、鉄分が足りない時は、「欠乏」状態を治すために、鉄分が豊富なマグロなどを食べるといいかもしれません。

「欠乏」の類語や類義語・言い換え

「欠乏」の類語や類似表現を紹介します。

「欠乏」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「乏しい」【とぼしい】
  • 「不足」【ふそく】

「乏しい」【とぼしい】

「乏しい」という言葉には、「不足していること」という意味があります。

「表情が乏しい」という時は、一般的な人に比べて、表情が豊かでない様子になります。

「不足」【ふそく】

「不足」には「足りないこと」という意味があります。

「栄養不足」という時は、「栄養が足りていない」という意味があります。



icon まとめ

「欠乏」という言葉について見てきました。

必要な物が不足していると感じた時、「欠乏」という言葉を使ってみましょう。