意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「乏しい」とは?意味や使い方!例文や解釈

「乏しい」という言葉の読み方や意味を紹介します。

さらに「乏しい」の類語や、「乏しい」を使った例文や短文を紹介して行きます。

乏しい

Meaning-Book
「乏しい」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「乏しい」とは?
  • 「乏しい」を使った言葉
  • 「乏しい」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「乏しい」を使った例文や短文など


「乏しい」とは?

みなさんは「乏しい」という言葉を知っているでしょうか。

会社の経営者が「人材が乏しい」と言っているのを耳にしたことがあるかもしれません。

一方で、「乏しい」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「乏しい」の読み方や意味を紹介します。

  • 「乏しい」の読み方
  • 「乏しい」の意味
  • 「乏しい」の使い方

「乏しい」の読み方

「乏しい」「とぼしい」と読みます。

難しい漢字ではありませんが、初見で正しく読むのは難しいかもしれません。

これを機会に「乏しい」「とぼしい」と読むようにしましょう。

「乏しい」の意味

「乏しい」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「乏しい」には、「十分でなく少ない」という意味や、「足りない」という意味があります。

例えばお金が十分でなく、少ないと感じる時、「お金が乏しい」と言います。

また、必要な経験がつめていないと感じる時、「経験が乏しい」と言えます。

このように「乏しい」には、「十分でなく少ない」「足りない」という意味があります。

「乏しい」の使い方

「乏しい」という言葉を、どのように使えばいいでしょうか。

「乏しい」には、「十分でなく少ない」という意味があるため、何かが十分でない、足りない時に使ってみましょう。

例えば、料理を作ろうと思って冷蔵庫を開けた時、食材が十分でなく足りないと感じた時、「食材が乏しいから、外食に行こう」などと言います。

またビジネスシーンでは、一緒に頑張る仕事仲間が十分でないと思った時、「仲間が乏しい」「ライバルが乏しい」などと、「乏しい」という言葉を使ってみましょう。



「乏しい」を使った言葉

続いて「乏しい」を使った言葉を紹介し、意味を解釈して行きます。

「乏しい」を使った言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「人材が乏しい」
  • 「表情が乏しい」
  • 「理解が乏しい」
  • 「感情が乏しい」

「人材が乏しい」

「人材が乏しい」という言い回しを良く使います。

特に会社などのビジネスシーンで使われることが多くなっています。

将来を考えた時に、会社を支えるような人材が足りないと感じた時などに「我が社の人材は乏しい」などと言います。

また何かのプロジェクトを始める時に、必要なスキルや知識を持っている人が足りないと思った時、「プロジェクトを成功させるための人材が乏しい」などと言います。

「表情が乏しい」

「表情が乏しい」という表現も広く使われています。

「表情が乏しい」は、簡単に言えば「無表情」になります。

笑っているのか、泣いているのか、怒っているのか、喜怒哀楽が表情に現れない人は、「表情が乏しい」と言います。

クールというよりも、表情筋の働きが鈍いタイプの人に「表情が乏しい」という言葉を使います。

インドアで、一人で過ごす時間が多い人は、「表情が乏しい」と言われやすくなるかもしれません。

「理解が乏しい」

「理解が乏しい」も広く使われている言葉です。

「理解が乏しい」には、物事の理解が十分でない様子を意味します。

例えば同じ授業を受けていても、100%近く理解する人と、10%程度しか理解できない人がいます。

後者は「理解が乏しい」と言われてしまうかもしれません。

また、人の話を聞かずに、勝手な判断をしてしまう人も「理解が乏しい」と言われがちです。

もしそのように言われた場合は、まず人の話をじっくり聞くようにしましょう。

「感情が乏しい」

「感情が乏しい」という言葉を使うことがあります。

先ほどの「表情が乏しい」と似た意味がある言葉です。

「表情が乏しい」という場合、内心は喜怒哀楽が激しいケースがありますが、「感情が乏しい」場合は、内心も平坦なケースがあります。

もちろん、「表情が乏しい」人は、第三者から見れば、感情がないように見えるだけで、本当は感動しやすいタイプかもしれません。

一方で、本当に何を見ても感情が動きにくい人もいます。

「乏しい」の類語や類似表現や似た言葉

「乏しい」という言葉の類語や、類似表現を紹介します。

「乏しい」と似た意味を持つ言葉を紹介して行きます。

  • 「貧しい」
  • 「貧弱」
  • 「貧困」
  • 「品薄」

「貧しい」

「貧しい」には、「中身が乏しい」という意味があります。

例えば「貧しい食事」には、食材が十分でなかったり、料理の品数が少ないという意味があります。

「貧弱」

「貧弱」「ひんじゃく」と読みます。

「貧弱」には、「貧しく乏しい」という意味があります。

筋肉や脂肪が十分でない体は、「貧弱な体」と言われてしまうことがあります。

「貧弱な施設」は、施設がみすぼらしく、十分でないという意味があります。

「貧困」

「貧困」には、「必要なものが、不足している」という意味があります。

「精神が貧困」という場合は、精神的な何かが足りないという意味があります。

「貧困なアイデア」には、必要なアイデアが不足しているという意味があります。

「品薄」

「品薄」と言う言葉には、「商品が不足している」という意味があります。

人気商品が棚から消えてしまった時、「人気商品のため品薄になっています」などと言われます。



「乏しい」を使った例文や短文など

最後に「乏しい」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「乏しい」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「乏しい」を使った例文1
  • 「乏しい」を使った例文2

「乏しい」を使った例文1

「私の彼は、表情が『乏しい』ため、何を考えているか分からない」

この例文のように、「表情が乏しい」と言われるタイプの人がいます。

気性が激しいのは問題ですが、表情が豊かな方が、人から好かれやすいかもしれません。

表情が豊かな方が、何を考えているか分かりやすく、一緒にいやすいためでもあります。

「乏しい」を使った例文2

「月末でお金が『乏しい』ので、インスタント麺を食べよう」

この例文のような生活をしている人、かつてはしていた人は多いかもしれません。

特に独身男性は、給料前にインスタント麺やファストフードを食べる機会が多くなるかもしれません。

icon まとめ

「乏しい」という言葉について見てきました。

何かが十分でないと感じた時、足りないと思った時に、「乏しい」という言葉を使ってみましょう。