意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「下回る」とは?意味や類語!例文と解釈

皆さんは「下回る」という言葉を耳にしたことがあるかと思います。

ただ、この言葉は日常生活の中で使われることはそんなに多くはなく、恐らくテレビや新聞、ネットのニュースなどで見たり聞いたりするのではないでしょうか?

そこで今回は、「下回る」という言葉にフォーカスして考えて行くことにしましょう。

下回る

Meaning-Book
「下回る」とは?意味や類語!例文と解釈>


目次

  • 「下回る」とは?
  • 「下回る」の対義語
  • 「下回る」の表現の使い方
  • 「下回る」を使った例文と意味を解釈
  • 「下回る」の類語や類義語


「下回る」とは?

「下回る」とは、「ある数量より少なくなる」「期待値に対して実績な数値が低く推移している」といったような意味合いを持つ言葉です。

  • 「下回る」の読み方

「下回る」の読み方

「下回る」「したまわる」という読み方になりますが、難しい漢字が使われているわけではないので、ここでしっかりとチェックをしておきましょう。



「下回る」の対義語

「下回る」の反対の意味を持つ言葉としては、「上回る」が対義語になります。

「ある基準数量を超える」「予定量以上になる」という意味になり、期待値を越えるような時に使われますので、いい意味での解釈となります。

その反面、「予想以上に被害数が上回る」というような使い方もあるので、悪い意味合いでも活用される言葉です。

「下回る」の表現の使い方

「下回る」「ある数量より少なくなる」という意味になるので、ビジネスシーンでは、企業の業績が悪化した時に、経営の下方修正をする時に使われることがあります。

その他にも、予定に達しなかった意味合いもあるので、販売ノルマが、求められる営業の世界でも使われます。



「下回る」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「下回る」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「下回る」を使った例文1
  • 「下回る」を使った例文2

「下回る」を使った例文1

「今年は例年よりも人出が予想を下回ったので、売り上げも芳しくないのです」

この例文に見る仕事は、人の流れに大きく左右されるような業種のようです。

夏の海になると、海の家に多くの海水浴客が訪れますが、梅雨が長引いたり冷夏が続くことで、客の足が遠のくことになり、例年より客数も「下回る」ことになります。

このように前年や例年の数値と比較して、実績が思うように伸びず低迷している時に、「下回る」が使われることになります。

「下回る」を使った例文2

「今年の夏は平年を下回る気温が続き、野菜の生育に大きな影響が出てきます」

「下回る」という言葉の例文で、「暑くない夏」=「冷夏」のことで、この文でも使われています。

暑い夏が過ぎて早く秋になってほしいと願う人も少なくないでしょうが、やはり夏は暑くないと、色々な面で問題が起きてきます。

夏野菜も冷たい夏のせいで日照時間も短めで、野菜が育たないことが予想されます。

その結果、野菜の値段が高騰してしまい、どうしようもなくなっていきます。

「下回る」の類語や類義語

「下回る」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「割り込む」【わりこむ】
  • 「引けを取る」【ひけをとる】

「割り込む」【わりこむ】

「割り込む」という言葉が「下回る」の類義語として言い換えることができます。

「数値が基準値より低くなること」という意味があり、販売計画を進めている中で、どうしても業績が進まず、このような「割り込む」を使うことになります。

「引けを取る」【ひけをとる】

「引けを取る」という言葉も類義語として扱うことができます。

「能力や数値が比較対象に比べて劣るさま」としての意味合いがあり、活用されることが多い言葉です。

icon まとめ

「下回る」という言葉の意味や活用を紹介してきましたが、この言葉は主にビジネスの世界の中で、出てくる言葉の1つとして使われています。

このことから自分の仕事の世界でも、正しい使い方を学んでいくことが大切です。

今からでも遅くはないので、チャレンジしてみることもいいでしょう。