意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「割り込む」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「割り込む」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「割り込む」という言葉を使った例文や、「割り込む」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「割り込む」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「割り込む」とは?
  • 「割り込む」を使った例文や短文など
  • 「割り込む」の類語や類義語・言い換え


「割り込む」とは?

「割り込む」という言葉を知っているでしょうか。

飲食店の「行列に割り込まれた」という経験があるかもしれません。

今回は「割り込む」という言葉の意味を紹介します。

  • 「割り込む」の読み方
  • 「割り込む」の意味

「割り込む」の読み方

「割り込む」「わりこむ」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「割り込む」「わりこむ」と読みましょう。

「割り込む」の意味

「割り込む」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「割り込む」には、「割って入り込む」という意味があります。

ラーメン店などの行列に並んでいる時、無理に割って入ってこられたらイライラするでしょう。

このような強引な行動を「割り込む」と言います。

このように、「割り込む」という言葉には、「割って入り込む」という意味があります。



「割り込む」を使った例文や短文など

次に「割り込む」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「割り込む」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「割り込む」を使った例文1
  • 「割り込む」を使った例文2

「割り込む」を使った例文1

「友達と話をしていたら、父親が『割り込み』白けてしまった」

この例文は遊びに来た友達と、楽しそうに話していたら、父親が話に加わりたくなり、強引に話に割って入った場面になります。

父親は一緒に楽しく話したかっただけでしょうが、子供たちは白けてしまうかもしれません。

「割り込む」を使った例文2

「みこしを担ぎたかったため、『割り込み』担がせてもらった」

この例文は、みこしを担ぎたい人が、強引に隙間の中に入り込み、みこしを担いだ場面を文章にしたものです。

みこしを担ぐ人のルールを守りながら、みこしを担がせてもらいましょう。

「割り込む」の類語や類義語・言い換え

「割り込む」の類語や類似表現を紹介します。

「割り込む」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「横入り」【よこはいり】
  • 「滑り込む」【すべりこむ】

「横入り」【よこはいり】

「横入り」には「横から入り込むこと」という意味があります。

「列に横入りする」という言葉には、列に無理に割って入るという意味があります。

「滑り込む」【すべりこむ】

「滑り込む」には「滑りながら中に入り込む」という意味があります。

「ホームに滑り込む」という時は、捕手のタッチなどをかいくぐりながら、滑ってホームベースにタッチするという意味があります。



icon まとめ

「割り込む」という言葉について見てきました。

誰かが列などに、無理に割って入り込む姿を見た時、「割り込む」という言葉を使ってみましょう。