意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「無理強い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

この「無理強い」は、しないに限るだけでなく、されたくもないものです。

Meaning-Book
「無理強い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「無理強い」とは?
  • 「無理強い」の表現の使い方
  • 「無理強い」を使った例文と意味を解釈
  • 「無理強い」の類語や類義語


「無理強い」とは?

「無理強い」とは、相手が嫌がろうとも、無理に行わせることを指す言葉です。

「そんな無理強いされても困る」と使うと、そんな無理にするように言われても困るという意味になり、先のように、人に対してそんなことはしないに限ります。

また、「無理強いはしないけど」と先に断っておき、できればやって欲しい内容を続けて伝えるといった使い方もあり、この場合は無理には言わないが、可能であればやってもらいたいと言っていると解釈してください。

  • 「無理強い」の読み方

「無理強い」の読み方

「無理強い」は、「むりじい」と読んでください。

「無理に強いる」という意味そのままの言葉で、「強いる」だけでも「無理に行わせる」という意味で使えます。

その「強いる」「しいる」と読みますが、無理「強い」となると「じい」と読む点に注意してください。



「無理強い」の表現の使い方

「無理強い」はしたくないと考えていながらも、やむを得ない都合からしてしまうこともあるものです。

どうしてもの理由があり、絶対に誰かにやってもらわなくては困るといった時に、「無理強いすることになってしまった」などと使う場合がその例になります。

先の「無理強いはしないけど」という使い方とはまた違い、仕方なくそうすることになったという解釈で、「無理強い」が行われる場合の多くはこのようなケースだと考えていいかも知れません。

「無理強い」を使った例文と意味を解釈

「無理強い」を使った例文と、その意味の解釈です。

このようなことは、多くの場合でそうしようとする方も、できれば行いたくないと考えているものです。

  • 「無理強い」を使った例文1
  • 「無理強い」を使った例文2

「無理強い」を使った例文1

「できたらとやって欲しいと言っていたが、実際には無理強いとしか思えない」

言った方は無理強いとは思っていなくても、言われた方がそうだと感じることもあるものです。

その為、少し強めに人に頼みごとをする時には、そうだととられかねない言い方にならないように注意が必要です。

「無理強い」を使った例文2

「無理強いしてまで行う必要はないだろう」

無理に誰かにやらせるようなことまではしなくてもいいと使っています。

逆に、「無理強いでもいいからやってもらわないと困る」のように使った場合、この場合はともかく無理にでもやらせるようにという指示になります。



「無理強い」の類語や類義語

「無理強い」と同様の意味で使える言葉です。

ほとんど同じ意味なので、置き換えにも使うことができます。

  • 「強要」【きょうよう】

「強要」【きょうよう】

この「強要」は、「無理強い」と同じ意味になる表現です。

「そんなことを強要されても困る」とすると、無理強いされても困ると言っているのと同じく、無理矢理何かさせられそうになっていることが表現できます。

icon まとめ

「無理強い」はしないに限るもので、されることもないに越したことはありません。

言い方によっては、そうと思って言った訳ではなくても、相手がそのように捉えてしまう場合もあるので気を付けたいところです。