意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「無理は禁物」とは?意味や使い方!例文や解釈

「無理は禁物」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「無理な禁物」を使った例文や、「無理は禁物な状況」を紹介して行きます。

無理は禁物

Meaning-Book
「無理は禁物」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「無理は禁物」とは?
  • 「無理は禁物」を使った例文や短文
  • 「無理は禁物」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「無理は禁物」な場面について


「無理は禁物」とは?

みなさんは「無理は禁物」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

仕事中に「無理は禁物」と、先輩社員に言われた経験があるかもしれません。

一方で、「無理は禁物」という言葉を、今回初めて知ったという人もいるでしょう。

そこで、「無理は禁物」の読み方や意味を紹介します。

  • 「無理は禁物」の読み方
  • 「無理は禁物」の意味

「無理は禁物」の読み方

「無理は禁物」「むりはきんもつ」と読みます。

画数は多いですが、特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

ただし「禁物」「きんもつ」と読み、「きんぶつ」とは読まないため注意しましょう。

これを機会に「無理は禁物」「むりはきんもつ」と読みましょう。

「無理は禁物」の意味

「無理は禁物」には、どのような意味があるでしょうか。

「無理は禁物」「無理」には「物事の道理が通らないこと」または「実現するのが難しいこと」という意味があります。

また「禁物」には、「してはならないこと」という意味があります。

また「好ましくないこと」などの意味があります。

そのため「無理は禁物」には、「物事の道理が通らないことは、してはならない」という意味や、「実現するのが難しいことをするのは、好ましくない」という意味があります。



「無理は禁物」を使った例文や短文

続いて「無理は禁物」という言葉を使った、例文や短文を紹介します。

「無理は禁物」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「無理は禁物」を使った例文1
  • 「無理は禁物」を使った例文2

「無理は禁物」を使った例文1

「三日連続で残業なんて、『無理は禁物』だよ」

この例文のようなセリフを、同じ職場の同僚に言ったことがあるかもしれません。

三日連続で残業をしている人は、明らかに無理をしていて、体や心にダメージが残ってしまうような状態です。

早く家に帰り、ゆっくりと休養を取るべきでしょう。

またこのような職場で働いている人は、転職を視野に入れるようにしましょう。

「無理は禁物」を使った例文2

「『無理は禁物』と分かっていても、受験前は無理してしまう」

この例文のように、受験前に無理をして、勉強した経験があるかもしれません。

しかし、短期間の無理は効きますが、半年や一年、無理を続けることはできません。

そのため、「無理は禁物」と理解し、無理のない範囲で精一杯の努力をすべきでしょう。

翌日以降にダメージが来ない範囲で、最大限の努力をした方が、結果が良くなるはずです。

長期間安定した勉強ができ、受験に必要な知識が身に付くのではないでしょうか。

「無理は禁物」の類語や類似表現や似た言葉

「無理は禁物」の類語や類似表現を紹介します。

「無理は禁物」に似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「無理はできない」
  • 「無理が通れば道理ひっこむ」

「無理はできない」

「無理はできない」という言葉には、「物事の道理が通らない事は、できない」「実現が難しいことはできない」という意味があります。

ビジネスシーンでは、無理をすれば、一時的に効果を発揮する場面があります。

しかし道理が通らないことをしてしまえば、同僚や仕事相手から、信頼を失ってしまうかもしれません。

長期的に見れば、無理をしたことが、逆効果になることがあります。

また体力面や精神面から考えて、実現が難しいことは、しない方がいいという時にも「無理はできない」という言葉を使うことがあります。

例えば徹夜の作業はやればできるかもしれませんが、無理をすれば翌日以降に負担がきて、仕事を休まざるを得なくなるかもしれません。

このような時は、「無理はできない」「無理は禁物」という言葉を思い出してみましょう。

「無理が通れば道理ひっこむ」

「無理が通れば道理引っ込む」ということわざがあります。

この言葉には、道理に反することが通ってしまう世の中では、理にかなった正義はすたれてしまうという意味があります。

無理をする人が増えてしまえば、世の中が無理を容認するようになり、適切な行動をしたり、正義感を持って行動する人がいなくなってしまうということです。

このような世の中を作らないためにも、「無理は禁物」という言葉を大切にしましょう。



「無理は禁物」な場面について

みなさんは「無理は禁物」と言われた経験があるでしょうか。

無理をして、体を壊した経験がある人もいるかもしれません。

しかし本当に無理してはいけない場面を知り、力をセーブしたり休養したりすべき場面を紹介します。

  • 「眠れない時」
  • 「残業が続いている時」
  • 「朝起きられない時」

「眠れない時」

みなさんの中に、眠れないことを悩んでいる人がいるかもしれません。

そのような状況に陥っているのに、仕事や家事に頑張っている人もいるでしょう。

しかし、睡眠は生活の基本で、削ってはいけない部分です。

睡眠を削って頑張れるのは、ほんの一時期だけで、すぐに反動がきてしまうでしょう。

眠れないと感じたら、仕事や家事を放り出してでも、睡眠をとる必要があります。

不眠症になっていると感じている人は、心療内科などを受診してみてはいかがでしょうか。

「残業が続いている時」

残業が続いている時、「まだ頑張れる」と考えるのは危険です。

あまりにも残業が続くような会社で働いている人は、無理して頑張らず、転職を考えてみてはいかがでしょうか。

特に新卒で入った会社で時間外労働が多い時、それが普通だと思い込んでしまう可能性があります。

残業は普通の行為ではないと知り、「無理は禁物」だと考えましょう。

「朝起きられない時」

疲労感が続き、朝起きられない時は、体力的精神的な限界かもしれません。

またうつ病などの精神疾患を発症している可能性があります。

「無理は禁物」な場面です。

不眠症の時と同様に、心療内科などを受診してみましょう。

icon まとめ

「無理は禁物」という言葉について見てきました。

忙しい毎日を送っていると、気付かぬうちに無理をしているものです。

そこで誰かに「無理は禁物」と言われたら、いい機会だと思って、休養を取るようにしてみましょう。

また周囲の誰かが無理していると感じたら、「無理は禁物」という言葉を送ってみましょう。