意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「雑然」の意味とは?対義語、類語や英語、使い方や例文を紹介!

「雑然」という言葉はどこかで聞いたことがあるが、使ったことはない、という人が多い言葉です。

ここでは小説やテレビのなかでは聞かれることの多い「雑然」という言葉について、基本的な意味や読み方から、英語や類語までご紹介していますので、この機会にぜひ一読ください。

雑然

Meaning-Book
「雑然」の意味とは?対義語、類語や英語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「雑然」の意味とは?
  • 「雑然」の読み方・漢字
  • 「雑然」の英語
  • 「雑然」の言葉の使い方
  • 「雑然」を使った言葉と意味を解釈
  • 「雑然」を使った例文や短文・意味を解釈
  • 「雑然」の類語や類義表現
  • 「雑然」の対義語・反対の表現


「雑然」の意味とは?

「雑然」とは片付けがされていないままであること、ごたごたと入り混じりまとまりがないようす、整理されていないさま、を表す言葉です。

多くのものが秩序なくあることを「雑然」といい、ものの状態などに対して使われることの多い言葉です。



「雑然」の読み方・漢字

「雑然」「ざつぜん」と読みます。

「雑」という漢字にはほかに、「ゾウ」「ま-じる」「ま-ぜる」という読みがあり、とりとめのないこと、大まかであることなども意味しますが、ここではまざる、まぜること、入り乱れていること、といった意味で使われています。

「然」という漢字はほかに、「ネン」「しか-り」「しか-り」「も-える」などの読みを持ち、しかり、肯定を表す、燃えること、しかし、などの意味がありますが、ここでは状態を表す語に添える、という形で使われています。

「雑然」の英語

雑然 meaning in english

いろいろなものが混ざりあっている、というとまず浮かぶのが“mix”です。

ほかに「雑然」を表す英語としてふさわしいのは、混乱や無秩序であることを示す“disorder”“disorderliness”、混乱させることを表す“comfuse”、ごちゃごちゃしていることをいう“jumble”などでしょう。

時と場合によって使い分けられると、より伝えたいことが伝わるようになります。



「雑然」の言葉の使い方

「雑然と」「雑然とした○○」「雑然たる○○」のように使われ、なにが「雑然」としているのかが明らかにされていると、意味がよく伝わります。

「雑然」は総じてごちゃごちゃとしていたり、まとまりのないようすを指しますので、景色や様子を見て、感じるものといえるでしょう。

「雑然」を使った言葉と意味を解釈

では、「雑然」を使用した語句をいくつか見ておきましょう。

使い方の例ではありますが、よく使われるものですのでご覧ください。

  • 「雑然とした部屋」
  • 「雑然とした雰囲気」

「雑然とした部屋」

物が多く、ごちゃごちゃとしていたり、整理されていない、片付けを怠っている部屋の状態を、「雑然とした部屋」と表すことができます。

なかには、自分ではどこになにがあるかわかっているので、自分なりには秩序立っている、と感じている人もいますが、客観的に見るとごちゃごちゃしており、まとまりがない場合が多くあります。

「初めて招かれた彼女のアパートは、意外にも雑然とした部屋だった」

「雑然とした雰囲気」

人がたくさんいて、ばらばらに動いているようすは、客観的に見るととても「雑然」としており、そのような雰囲気を「雑然とした雰囲気」といいます。

指揮者、指導者のいないサークル活動などではそのような秩序のない雰囲気になりやすく、そういう場ではなかなか優れたものはうまれにくいでしょう。

しかし、「雑然とした雰囲気」を持っていても、誰しもがひとつの目的を達成することを描いていれば、個々に動いていても秩序がある、ということもあります。

「勧誘されたので見に行ったサークルの部室は、雑然とした雰囲気を醸していた」

「雑然」を使った例文や短文・意味を解釈

では次に、「雑然」を使用した例文を挙げていきます。

文脈をたどりながら、「雑然」という言葉の使い方を掴んでいってください。

  • 「雑然」の例文1
  • 「雑然」の例文2

「雑然」の例文1

「母は片付けが得意でなく、いつも洗濯物は雑然と積み重ねられたまま、居間に投げだしてある」

上衣と下衣、タオル類などが仕分けされず、なんの秩序もなく積み重ねられているようすをいいます。

片付けにはある種のセンスが必要で、その感覚を教わらないかぎり、自分では思いつかない、という人もいますし、単に片付けが嫌いだ、という人もいます。

「雑然」の例文2

「いつ来ても大阪は雑然とした街だ」

繁華街の多くは「雑然」としている、と感じる人が多いでしょう。

さまざまな店が連なり、彩り鮮やかな看板やネオンがあり、人種も入り乱れているなど、まとまりのないようすを一目で感じられます。

「雑然」の類語や類義表現

「雑然」の類語表現をご紹介します。

さまざまな表現を知っておくと、ぴったり当てはまる表現がすぐに思いつくようになっていきます。

  • 「乱雑」
  • 「散らかる」

「乱雑」

乱れており、無秩序なこと、入り乱れていてまとまりのないこと、きちんと整理されていないことを意味する言葉で、「らんざつ」と読みます。

また、「乱雑」とは、整った状態であることが望まれますが、「雑然」ではかならずしも整う必要がない場合もあります。

「面倒になって乱雑な字ばかり書いて宿題を提出したが、受け付けてもらえなかった」

「散らかる」

整理されていないこと、秩序なく乱れていること、片づけされておらず広がっていることなどを意味します。

物についていうことが多いですが、「思考が散らかっている」というように、頭のなかの記憶や思考についてもいうことがあります。

「子ども部屋は片付けてもすぐにまた散らかる」

「雑然」の対義語・反対の表現

最後に「雑然」の対義語を見ておきましょう。

類語だけでなく対義語もおさえておくと、いっそう語彙力があがります。

  • 「整然」
  • 「調和」

「整然」

「整然」とは、筋道だっていることや、道理にあてはまること、秩序に従い整っていることなどを意味し、「せいぜん」と読みます。

無秩序な状態でごちゃごちゃとまとまりのない「雑然」と真逆の意味あいで使われることから、対義語として当てはまります。

「理路整然」などの語句でよく使われています。

「運動会で子どもたちが整然とならんでいるさまを見ていると、成長を感じられる」

「調和」

全体のバランスがよく、整っていること、ほどよく均衡がとれていることを表す言葉で、「ちょうわ」と読みます。

「雑然」とした状態でも絶妙に均衡が取れていることもありますが、多くは整っておらず、全体のバランスを見ることが不可能な状態をさしますので、「調和」という言葉が対義語に当たることもあります。

「この区域では古い町並みと調和した建築しか認められていない」

icon まとめ

「雑然」とは、秩序だっておらず、まとまりのないようすを表す言葉でした。

「雑然」としていることは、かならずしもよくないこと、という意味はありませんが、部屋はすっきりと片付け、誰の目にも「雑然」としていない状態を維持できると、人を招くときにも慌てずに済みます。