意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「乱雑」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「乱雑」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「乱雑」という言葉を使った例文や、「乱雑」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「乱雑」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「乱雑」とは?意味
  • 「乱雑」の表現の使い方
  • 「乱雑」を使った例文や短文など
  • 「乱雑」の類語や類義語・言い換え


「乱雑」とは?意味

「乱雑」には、「乱れていること」「入り交じっていて無秩序のこと」という意味があります。

  • 「乱雑」の読み方

「乱雑」の読み方

「乱雑」の読み方は、「らんざつ」になります。



「乱雑」の表現の使い方

「乱雑」の表現の使い方を紹介します。

「乱雑」は、「乱れていること」「入り交じっていて無秩序のこと」を意味します。

そこで、何か乱れている様子を見た時、入り交じっていて無秩序だと感じる時、「乱雑」という言葉を使ってみましょう。

例えば、部屋の片づけをせずに、一か月ほど過ごした時、物が入り交じって無秩序な状態になるかもしれません。

このような部屋を見た時、「掃除をしなかったため、部屋が乱雑になった」などと、「乱雑」を使って部屋の状況を説明できます。

このように、物事が乱れている時、入り交じって無秩序に見える時、「乱雑」という言葉を使ってみましょう。

「乱雑」を使った例文や短文など

「乱雑」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「乱雑」を使った例文1
  • 「乱雑」を使った例文2

「乱雑」を使った例文1

「タンスの中が『乱雑』になっているため、靴下がどこにあるか分からない」

この例文は、タンスの中に服が入り交じっていて、無秩序になっているため、靴下がどこにあるのか分からなくなっているという文章になります。

このように「乱雑」は、「乱れていること」「入り交じっていて無秩序のこと」を意味します。

通勤や通学前の忙しい時間に、靴下のありかが分からないと困るため、「乱雑」なタンスは整理する必要がありそうです。

「乱雑」を使った例文2

「犯行現場になった部屋が、『乱雑』に荒らされている」

この例文は、何かの事件の犯行現場になった部屋が、無秩序に荒らされているという文章になります。

もしかしたら物を盗む目的で入った家で、事件が起こったのかもしれません。

このように無秩序に乱れている様子を、「乱雑」と言います。



「乱雑」の類語や類義語・言い換え

「乱雑」の類語や類似を紹介します。

  • 「雑然」【ざつぜん】
  • 「騒然」【そうぜん】

「雑然」【ざつぜん】

「雑然」「物事にまとまりがなく、整理されていない様子」を意味します。

「雑然とした考え」には、「まとまりがなく整理されていない考え」という意味があります。

「騒然」【そうぜん】

「騒然」「ざわざわとして、騒がしい様子」を意味します。

例えば野球を見ている時に、両チームが乱闘騒ぎを起こすと、観客がざわざわして、騒がしい様子になるでしょう。

このような様子を、「乱闘騒ぎが起こり、場内が騒然となる」などと、「騒然」を使った文章にできます。

icon まとめ

「乱雑」という言葉について見てきました。

乱れていることについて話す時、入り交じっていて無秩序の様子について話す時、「乱雑」という言葉を使ってみましょう。