意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「雑な扱い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「雑な扱い」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「雑な扱い」という言葉を使った例文や、「雑な扱い」の類語を紹介して行きます。

雑な扱い

Meaning-Book
「雑な扱い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「雑な扱い」とは?意味
  • 「雑な扱い」の表現の使い方
  • 「雑な扱い」を使った例文や短文など
  • 「雑な扱い」の類語や類義語・言い換え


「雑な扱い」とは?意味

「雑な扱い」には、「丁寧さに欠ける扱いをすること」という意味があります。

また「気持ちのこもっていない扱いをすること」という意味があります。

  • 「雑な扱い」の読み方

「雑な扱い」の読み方

「雑な扱い」の読み方は、「ざつなあつかい」になります。

「雑」「ざつ」「扱い」「あつかい」と読みましょう。



「雑な扱い」の表現の使い方

「雑な扱い」の表現の使い方を紹介します 「雑な扱い」には、「丁寧さに欠ける扱いをすること」「気持ちのこもっていない扱いをすること」という意味があるため、そのような扱いを見た時、された時などに使いましょう。

例えば、ゲーム機器を、丁寧さに欠ける扱いをする人を見た時、「ゲーム機器に対して雑な扱いをする」と、「雑な扱い」という言葉を使ってみましょう。

「雑な扱い」を使った例文や短文など

「雑な扱い」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「雑な扱い」を使った例文1
  • 「雑な扱い」を使った例文2

「雑な扱い」を使った例文1

「パソコンを『雑な扱い』によって、壊してしまう」

この例文は、パソコンに対して丁寧さに欠ける扱いをしたことで、壊してしまったという文章になります。

パソコンは精密機器のため、丁寧さを欠いた扱いをしてしまうと、壊れてしまうことがあります。

このように、丁寧に扱うべきものに対して、丁寧さを欠く時、「雑な扱い」という言葉を使ってみましょう。

「雑な扱い」を使った例文2

「女性に対して『雑な扱い』をする男性は、モテない」

この例文は、女性に対して気持ちがこもっていないと感じさせるような、荒い扱いをしている男性についての文章になります。

女性は自分を大切にしてくれる人を好きになる傾向があるため、「雑な扱い」をする男性はモテないかもしれません。



「雑な扱い」の類語や類義語・言い換え

「雑な扱い」の類語や類似を紹介します。

  • 「粗末」【そまつ】
  • 「乱雑に扱う」【らんざつにあつかう】

「粗末」【そまつ】

「粗末」という言葉には、「作りが雑なこと、品質が劣っていること、また扱いがおろそかである、大切に扱わない」という意味があります。

「食べ物を粗末にする」「命を粗末にする」という使い方をします。

「乱雑に扱う」【らんざつにあつかう】

「乱雑に扱う」という言葉には、「汚く、目茶苦茶な扱いをする」という意味があります。

例えば、「人を乱雑に扱う上司」という言葉には、部下を無秩序な扱いをする上司という意味があります。

icon まとめ

「雑な扱い」という言葉について見てきました。

丁寧さに欠ける扱いをした様子を見た時、いい加減な扱いをしている人を見た時に、「雑な扱い」という言葉を使ってみましょう。