意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「散らかる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「散らかる」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「散らかる」という言葉を使った例文や、「散らかる」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「散らかる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「散らかる」とは?意味
  • 「散らかる」の表現の使い方
  • 「散らかる」を使った例文や短文など
  • 「散らかる」の類語や類義語・言い換え


「散らかる」とは?意味

「散らかる」には、「物があちこちに乱雑に置かれ、ゴチャゴチャした状態になること」という意味があります。

  • 「散らかる」の読み方

「散らかる」の読み方

「散らかる」の読み方は、「ちらかる」になります。



「散らかる」の表現の使い方

「散らかる」の表現の使い方を紹介します。

「散らかる」には、「物があちこちに乱雑に置かれ、ゴチャゴチャした状態になること」という意味があります。

そこで、そのような状態を見た時に、「散らかる」という言葉を使ってみましょう。

例えば、しばらく掃除や片づけをしていないと、服や本などが部屋のあちこちに、乱雑に置かれた状態になるかもしれません。

このような時に、「部屋が散らかる」「散らかる」を使って表現してみましょう。

「散らかる」を使った例文や短文など

「散らかる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「散らかる」を使った例文1
  • 「散らかる」を使った例文2

「散らかる」を使った例文1

「彼は家事が苦手のため、一人暮らしをしたら部屋が『散らかる』だろう」

この例文は、家事が苦手な男性についての話になります。

仮定ではありますが、このような男性が一人暮らしをしたら、部屋に物があちこちに、乱雑に置かれた状態になりそうだという文章になります。

実際に一人暮らしをしていて、部屋が荒れ果てているという人がいるかもしれません。

このような部屋の状態を「部屋が散らかる」と言います。

「散らかる」を使った例文2

「作業に夢中になっていたら、机の上が資料や紙くずで『散らかって』いた」

この例文は、デスクワークを夢中になってしていたら、机の上に、資料や紙くずなどが乱雑に置かれた状態になっていたという文章になります。

デスクワークをしていると、筆記用具や資料、参考書や飲み物、食べ物のゴミなどが、机の上に乱雑に置かれた状態になりがちです。

このような様子を「机の上が散らかる」と言います。



「散らかる」の類語や類義語・言い換え

「散らかる」の類語や類似を紹介します。

  • 「乱雑」【らんざつ】
  • 「雑然」【ざつぜん】

「乱雑」【らんざつ】

「乱雑」には「滅茶苦茶な状態で 取り散らかっていること」「ごちゃごちゃと入り交じっていて無秩序なこと」という意味があります。

「乱雑な文字を書く」には「乱れた文字を書く」という意味があります。

「乱雑な部屋」「乱雑な生活」などという使い方をします。

「雑然」【ざつぜん】

「雑然」には、「片付けがされていないままの状態であること」「ごたごたと入り混じり、まとまりがないこと」「整理されていないこと」という意味があります。

「雑然とした建物」「雑然とした考え」などという使い方をします。

icon まとめ

「散らかる」という言葉について見てきました。

物があちこちに乱雑に置かれた状態になった時、「散らかる」という言葉を使ってみましょう。