意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「責任を取れない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

ビジネスや日常会話で「責任を取れない」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

責任を取れない

Meaning-Book
「責任を取れない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「責任を取れない」の意味
  • 「責任を取れない」の表現の使い方
  • 「責任を取れない」を使った例文と意味を解釈
  • 「責任を取れない」の類語や類義語


「責任を取れない」の意味

「責任を取れない」の意味は以下の2つです。

1つ目は「そのものごとの結果により生じた批判や不利益を引き受けられないこと」という意味です。

ビジネスなど利害関係が発生するものごとに携わっている人が、もしも何らかのトラブルや損害が発生した時に、自分でそれを引き受けることはできないとすることを言います。

2つ目は「そのものごとに関知しない」という意味で、何らかのものごとが進行している時に「自分は関係ないものとする」と宣言することを言います。

  • 「責任を取れない」の読み方
  • 「責任を取れない」を分解して解釈

「責任を取れない」の読み方

「責任を取れない」の読み方は、「せきにんをとれない」になります。

特に難しい漢字ではないので、読み書きできる様にしておきましょう。

「責任を取れない」を分解して解釈

「責任を取れない」「責任+を(助詞)+取れ・ない」で成り立っています。

「責任」「立場上当然負うべき任務や義務」「自分のした失敗に対して責めを負うこと」「法律上の制裁を受けること」という意味があります。

「取れない」は動詞に「取る」の不可能を表し、多くの意味がありますが「責任を取れない」の場合は「身に引き受けられない」という意味です。



「責任を取れない」の表現の使い方

「責任を取れない」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 問題が起きる前に使う

文法的な使い方

「責任を取れない」は動詞を含んだ表現であり、文末にそのまま使えます。

副詞として使う時には「責任を取れず」になります。

問題が起きる前に使う

ビジネスでは「責任を取れない」は自分への負担が大き過ぎて自信を持てない時に使います。

まだ問題が起きる前に自分の身にこうむる責めや処罰などを避ける時の表現です。

「責任を取れない」を使った例文と意味を解釈

「責任を取れない」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「責任を取れない」を使った例文1
  • 「責任を取れない」を使った例文2

「責任を取れない」を使った例文1

「勝手な行動をされてもこちらとしては責任を取れない」

組織や団体で行動する時に、メンバーが自分の判断で勝手に行動して問題が起きても、上層部が結果を引き受けられないと言っています。

「責任を取れない」を使った例文2

「これ以上どうなっても責任を取れないので手を引いた」

ものごとの状況が悪化していた為に、最終的に不利益を被れないと思い、途中でやめたことを表しています。



「責任を取れない」の類語や類義語

「責任を取れない」の類語や類義語を紹介します。

  • 「使命を果たせない」【しめいをはたせない】
  • 「償えない」【つぐなえない】

「使命を果たせない」【しめいをはたせない】

「自分に与えられた役割を最後までやり遂げられない」という意味です。

「償えない」【つぐなえない】

「何らかの方法で罪や過ちを補えないこと」という意味です。

icon まとめ

「責任を取れない」「そのものごとの結果により生じた批判や不利益を引き受けられないこと」「そのものごとに関知しない」という意味があります。

ビジネスで自分に自信がないと思った時に使いましょう。