意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「世間知らず」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「世間知らず」とは、「実社会の経験が乏しくて、世の中・世間について知らないこと(知らない人)」を意味する言葉です。

「世間知らず」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や類義語」について、詳しく説明していきます。

世間知らず

Meaning-Book
「世間知らず」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「世間知らず」とは?
  • 「世間知らず」の表現の使い方
  • 「世間知らず」を使った例文と意味を解釈
  • 「世間知らず」の類語や類義語


「世間知らず」とは?

「世間知らず」という表現は、「実社会の経験が乏しいために、世の中・世間(人々の暮らし)について知らないことやそれらを知らない人」を意味しています。

「世間知らず」というのは、「社会生活を送るための一般常識や世の中の人々と色々なやり取りするための最低限の前提を知らない」ということを意味する表現なのです。

  • 「世間知らず」の読み方

「世間知らず」の読み方

「世間知らず」の読み方は、「せけんしらず」になります。



「世間知らず」の表現の使い方

「世間知らず」の表現の使い方は、「実際の世の中・世間についてよく知らない場合」「実社会での経験が圧倒的に不足していて最低限の常識・前提を共有できない時」に使うという使い方になります。

例えば、「裕福な親に守られた世間知らずな人と話していると、あまりのお気楽さに怒りを覚えることもあります」といった文章で使用することができます。

「世間知らず」を使った例文と意味を解釈

「世間知らず」を使った例文を紹介して、その意味を解釈します。

  • 「世間知らず」を使った例文1
  • 「世間知らず」を使った例文2

「世間知らず」を使った例文1

「彼女は一人で行動することもない世間知らずなお嬢様なので、バスの乗り降りの仕方も知りませんでした」

この例文は、「彼女は一人で行動することもない現実の世の中(世間)についてよく知らないお嬢様なので、バスの乗り降りの仕方も知らなかった」を意味しています。

「世間知らず」を使った例文2

「いい年をして世間知らずなままでは恥ずかしいと思うようになり、最近は積極的に実社会や人々の集まりに参加するようにしています」

この例文は、「いい年をして実際の世の中についてほとんど知らない現状のままでは恥ずかしいと思うようになり、最近は積極的に実社会や人々の集まりに参加するようにしている」を意味しています。



「世間知らず」の類語や類義語

「世間知らず」の類語・類義語について、分かりやすく解説していきます。

  • 「世間が狭い・未熟者」
  • 「箱入り娘・青二才」

「世間が狭い・未熟者」

「世間知らず」という表現は、「知っている世間(世の中・人々)の範囲が狭くて、世の中で生きていくための常識・認識・知恵が不足していること」「世間の仕組み・人々の本音について知らない未熟者」を意味しています。

それらの意味から、「世間知らず」と近しい意味を持つ類語(シソーラス)として、「世間が狭い・未熟者」を指摘できるのです。

「箱入り娘・青二才」

「箱入り娘」という言葉は、「世間に触れさせず家の中で大切に育てられた、世間知らずなお嬢様」のことを意味しています。

「青二才」という表現は、「成長途中にある思春期の未熟な青年(青魚のスズキが二歳でもまだ若いことが原義)」のことを意味しています。

それらの意味から、世の中について知らない未熟な人を示す「世間知らず」とほとんど同じ意味を持つ類義語として、「箱入り娘・青二才」を上げられます。

icon まとめ

「世間知らず」という言葉について解説しましたが、「世間知らず」には「実社会の経験が乏しくて、世の中・世間について知らないことや知らない人」などの意味があります。

「世間知らず」の類語(シソーラス)・類義語としては、「世間が狭い・未熟者」「箱入り娘・青二才」などがあります。

「世間知らず」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。