意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「世間が狭い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「世間が狭い」とは、「知っている世の中(社会)の範囲が狭いこと」を意味する言葉です。

「世間が狭い」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や類義語」について、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「世間が狭い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「世間が狭い」とは?
  • 「世間が狭い」の表現の使い方
  • 「世間が狭い」を使った例文と意味を解釈
  • 「世間が狭い」の類語や類義語


「世間が狭い」とは?

「世間が狭い」という表現は、「実際に知っている世の中(社会)の範囲が狭いこと」「世の中についてよく知らないこと」を意味しています。

「世間が狭い」という表現には、「友人知人の範囲(知っている人々の範囲)が狭くて、世の中(世間)に関する常識・知識に偏りがあるさま」という意味もあります。

また「世間が狭い」の言葉には、「肩身が狭い」という意味合いもあります。

  • 「世間が狭い」の読み方

「世間が狭い」の読み方

「世間が狭い」の読み方は、「せけんがせまい」になります。



「世間が狭い」の表現の使い方

「世間が狭い」の表現の使い方は、「世の中・人々についてよく知らない場合」「交際範囲が狭くて(実際に付き合っている人が少なくて)、世の中に関する知識が不足している場合」に使うという使い方になります。

例えば、「彼女は世間が狭いので、遠い地域のグルメ情報などは全く分かりません」といった文章で使えます。

「世間が狭い」を使った例文と意味を解釈

「世間が狭い」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「世間が狭い」を使った例文1
  • 「世間が狭い」を使った例文2

「世間が狭い」を使った例文1

「世間が狭い人は、多様な価値観を受け入れずに固定的な価値観に凝り固まっていることが多いのです」

この「世間が狭い」を使った例文は、「世の中に関する知識・経験が不足している人は、多様な価値観を受け入れずに固定的な価値観に凝り固まっていることが多い」ということを意味しています。

「世間が狭い」を使った例文2

「私は今まで世間が狭かったので、もっと色々な業界やタイプの人と交流を深めていきたいと考えています」

この「世間が狭い」を使った例文は、「私は今まで交際範囲(人付き合いの範囲)が狭かったので、もっと色々な業界やタイプの人と交流を深めていきたいと考えている」を意味しています。



「世間が狭い」の類語や類義語

「世間が狭い」の類語・類義語について、分かりやすく解説していきます。

  • 「世の中に疎い・知識の範囲が狭い」
  • 「交際範囲が狭い」【こうさいはんいがせまい】

「世の中に疎い・知識の範囲が狭い」

「世間が狭い」の類語・類義語として、「世の中に疎い・知識の範囲が狭い」があります。

「世間が狭い」というのは、「世の中に関する知識や興味の範囲が狭いこと」「広い世の中で起きている出来事に疎いこと」を意味している表現です。

それらの意味から、「世間が狭い」と近しい意味を持つ類語(シソーラス)として、「世の中に疎い・知識の範囲が狭い」を上げられます。

「交際範囲が狭い」【こうさいはんいがせまい】

「世間が狭い」の類語・類義語には、「交際範囲が狭い」があります。

「世間が狭い」という表現は、「交際している人間関係の範囲が狭くて、世間に関する認識に偏りがあること」を意味しています。

その意味から、「世間が狭い」と良く似た意味を持つ類義語として、「交際範囲が狭い」を指摘できます。

icon まとめ

「世間が狭い」という言葉について解説しましたが、「世間が狭い」には「世の中についてよく知らないこと」などの意味があります。

「世間が狭い」の類語(シソーラス)・類義語としては、「世の中に疎い・知識の範囲が狭い」「交際範囲が狭い」などがあります。

「世間が狭い」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。