意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「世間体を守る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「世間体を守る」とは、「世の中(世間の人々)から悪く思われないように良いイメージ(外観)を守ること」を意味する言葉です。

「世間体を守る」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や類義語」について、詳しく説明していきます。

世間体を守る

Meaning-Book
「世間体を守る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「世間体を守る」とは?
  • 「世間体を守る」の表現の使い方
  • 「世間体を守る」を使った例文と意味を解釈
  • 「世間体を守る」の類語や類義語


「世間体を守る」とは?

「世間体を守る」という表現は、「世の中(世間の人々)から悪く思われないように良いイメージ・見た目を守ること」を意味しています。

「世間体を守る」というのは、「世の中・人々から見られても恥ずかしくない外見やイメージを維持すること」を意味する表現なのです。

  • 「世間体を守る」の読み方

「世間体を守る」の読み方

「世間体を守る」の読み方は、「せけんていをまもる」になります。



「世間体を守る」の表現の使い方

「世間体を守る」の表現の使い方は、「世の中(世間の人々)から悪く思われないように、良いイメージ・外観を保っている場合」に使うという使い方になります。

例えば、「世間体を守ることを最優先した結果、我が家は無理な生活水準を維持しようとして借金まみれになりました」といった文章で使用することができます。

「世間体を守る」を使った例文と意味を解釈

「世間体を守る」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「世間体を守る」を使った例文1
  • 「世間体を守る」を使った例文2

「世間体を守る」を使った例文1

「父は世間体を守るためなら、何でもするような見栄っ張りな性格でした」

この「世間体を守る」を使った例文は、「父は世の中(人々)から見て恥ずかしくない外観やイメージを保つためなら、何でもするような見栄っ張りな性格だった」を意味しています。

「世間体を守る」を使った例文2

「世間体を守ることも大切ですが、それによって大切な人の心を傷つけるのであれば本末転倒です」

この「世間体を守る」を使った例文は、「世の中から見られている良いイメージを守ることも大切だが、それによって大切な人の心を傷つけるのであれば本末転倒(大事なものを履き違えている)である」を意味しています。



「世間体を守る」の類語や類義語

「世間体を守る」の類語・類義語について、分かりやすく解説していきます。

  • 「体面を保つ・面子を守る」
  • 「体裁を保つ・悪評を避ける」

「体面を保つ・面子を守る」

「体面を保つ」という表現は、「外(他者)から見た良い外見・外観のイメージを維持すること」を意味しています。

「面子を守る」というのは、「外(他者)から見て恥ずかしくないだけの権威・見た目を保つこと」を意味しています。

それらの意味から、人から悪く思われないようにすることを示す「世間体を守る」と良く似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「体面を保つ・面子を守る」を指摘できます。

「体裁を保つ・悪評を避ける」

「世間体を守る」という表現は、「人からどのように見られているのかという体裁を重視して保つこと」「世間・人々からの悪い評判を避けること」を意味しています。

それらの意味から、「世間体を守る」とほとんど同じ意味を持つ類義語として、「体裁を保つ・悪評を避ける」を指摘することができます。

icon まとめ

「世間体を守る」という言葉について解説しましたが、「世間体を守る」には「世の中(世間の人々)から悪く思われないように良いイメージ(外観)を守ること」などの意味があります。

「世間体を守る」の類語(シソーラス)・類義語としては、「体面を保つ・面子を守る」「体裁を保つ・悪評を避ける」などがあります。

「世間体を守る」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。