意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「羞恥」とは?意味や使い方!例文や解釈

「羞恥」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「羞恥」という言葉を使った例文や、「羞恥」の類語を紹介して行きます。

羞恥

Meaning-Book
「羞恥」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「羞恥」とは?
  • 「羞恥」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「羞恥」を使った例文や短文など
  • 「羞恥」の反対語
  • 「羞恥」の英語


「羞恥」とは?

「羞恥」という言葉を知っているでしょうか。

「異性の前に出ると、羞恥を覚える」という人もいるでしょう。

一方で、「羞恥」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「羞恥」という言葉の意味を紹介します。

  • 「羞恥」の読み方
  • 「羞恥」の意味

「羞恥」の読み方

「羞恥」「しゅうち」と読みます。

読み方が難しい感じが使われているため、初見で正しく読むのは難しいでしょう。

これを機会に「羞恥」「しゅうち」と読みましょう。

「羞恥」の意味

「羞恥」という言葉の意味を紹介します。

「羞恥」には、「恥ずかしく思うこと」という意味があります。

「異性の前に出ると、羞恥を覚える」という人は、異性のことを意識し過ぎて、異性が目の前にいるだけで恥ずかしさを感じてしまうのかもしれません。

このように「羞恥」には「恥ずかしく思うこと」という意味があります。



「羞恥」の類語や類似表現や似た言葉

次に「羞恥」の類語や類似表現を紹介します。

「羞恥」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「恥じる」【はじる】
  • 「恥」【はじ】
  • 「恥じ入る」【はじいる】
  • 「恥辱」【ちじょく】
  • 「屈辱」【くつじょく】
  • 「国辱」【こくじょく】
  • 「赤恥」【あかはじ】

「恥じる」【はじる】

「恥じる」という言葉には、「面目無く思う」という意味があります。

例えば、「仕事みんなに迷惑をかけたことを、恥じる」という時は、みんなに迷惑をかけてしまったことを、面目無く思うという意味があります。

「無知を恥じる」という時は、何も知らないことを、面目無く思うという意味があります。

「恥」【はじ】

「恥」という言葉を使った経験があるかもしれません。

「恥」には、「面目を失うこと」という意味があります。

「これは末代までの恥だ」という時は、末代まで続くほど、面目を失うという意味があります。

「恥じ入る」【はじいる】

「恥じ入る」には、「深く恥じる」という意味があります。

「自分の欠点を恥じ入る」という時は、自分の良くない部分を、深く恥じるという意味があります。

「恥辱」【ちじょく】

「恥辱」という言葉には、「名誉を損なうこと」という意味があります。

「汚職をしてしまい、恥辱を招く」という時は、仕事上で法律を犯すようなことをしてしまったことが原因で、名誉を損なってしまうという意味があります。

「屈辱」【くつじょく】

「屈辱」という言葉には、「屈服させられて、恥をかく」という意味があります。

「屈辱を受ける」という言葉には、誰かに屈服させられて、恥をかくという意味があります。

「国辱」【こくじょく】

「国辱」という言葉には、「国の恥」という意味があります。

国全体が恥をかかされたと感じるような時、「国辱」という言葉を使います。

「赤恥」【あかはじ】

「赤恥」という言葉を知っているでしょうか。

「赤恥」には、「ひどい恥」という意味があります。

「たくさんの人の前で、赤恥をかく」という時は、たくさんの人の前で、ひどく恥をかくという意味があります。

「恥」という言葉を、強めに言いたい時、「赤恥」という言葉を使ってみましょう。

「羞恥」を使った例文や短文など

次に「羞恥」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「羞恥」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「羞恥」を使った例文1
  • 「羞恥」を使った例文2

「羞恥」を使った例文1

「告白に失敗し、『羞恥』を覚える」

この例文のような体験をしたことがあるかもしれません。

告白は一世一代の場で、成功すれば、異性と付き合える幸せに恵まれますが、失敗すれば、この例文のように、恥ずかしさを覚えるでしょう。

もちろん、振られることは悪いことではなく、また後になれば良い思い出になるため、一時的な「羞恥」があるにせよ、告白をためらうべきではないかもしれません。

このように、恥ずかしさを覚えるような場面で、「羞恥」という言葉を使ってみましょう。

「羞恥」を使った例文2

「みっともない振る舞いをする人には、『羞恥心』はないのだろう」

この例文は、大の大人がいじめをするような、みっともない振る舞いをする人に対しての文章になります。

子供が弱い者をいじめるのは、人の気持ちを理解する能力が低いためかもしれません。

しかし、大人になっても同じような振る舞いをする人は、恥ずかしさを覚えるべきでしょう。

そのため、みっともない振る舞いをする人には恥ずかしさを覚える心が足りないと考えられます。

このように、恥ずかしさを感じる心を、「羞恥心」という言葉で表現できます。



「羞恥」の反対語

「羞恥」と反対の意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

そこで「羞恥」と反対の意味を持つ言葉を紹介します。

  • 「名誉」【めいよ】
  • 「栄誉」【えいよ】
  • 「栄光」【えいこう】

「名誉」【めいよ】

「名誉」という言葉には、「優れているという評判」という意味があります。

「名誉を授かる」という時は、優れている評判を授かるという意味があります。

「とても名誉なことだ」「これは名誉になる」などという使い方をします。

「栄誉」【えいよ】

「栄誉」には、「褒められて光栄であること」という意味があります。

「優勝の栄誉に輝く」という時は、優勝したことは、みんなに褒められて、光栄だという意味があります。

「栄光」【えいこう】

「栄光」には、「輝かしい誉れ」という意味があります。

「栄光の日々」は輝かしい、誉れに感じるような毎日という意味があり、「栄光の瞬間」には、輝かしく、誉れに感じるような一瞬という意味があります。

「羞恥」の英語

羞恥 meaning in english

「羞恥」という言葉を英語にすると、どのような表現になるでしょうか。

「羞恥」は英語で、“shame”(シェイム)になります。

“shame”には「恥辱」「羞恥」という意味があります。

また“shyness”(シャイネス)という言葉にも、「羞恥」という意味があります。

“shyness”には「はじらい」「羞恥」という意味があります。

さらに「羞恥心」を英語にすると、“a sense of shame”(センスオブシェイム)になります。

このように「羞恥」“shame”“shyness”などの英語に言い換えられます。

icon まとめ

「羞恥」という言葉について見てきました。

何かをしている時に、恥ずかしさを感じた時、恥ずかしいと思った時、「羞恥」という言葉を使ってみましょう。