意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「名誉」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「名誉」という表現は「社会貢献につながる名誉ある任務を与えられたことを誇りに思っています」などの文章で使われますが、「名誉」にはどんな意味合いがあるのでしょうか?

「名誉」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

名誉

Meaning-Book
「名誉」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「名誉」の意味
  • 「名誉」の表現の使い方
  • 「名誉」を使った例文と意味を解釈
  • 「名誉」の類語や類義語


「名誉」の意味

「名誉」という表現は、「自分の行動・能力・事績について、非常に高い評価・承認を獲得していること」を意味しています。

「名誉」という言葉には、「世の中・人々から評価されているその個人の人格的価値」「社会的に認められている組織、面子・価値」の意味合いもあります。

更に「名誉」には「名誉会長」などで使われるように、「身分・肩書き・職業を表現する言葉に付けて、その人の今までの功績・功労を高く評価して贈る称号」という意味も持っています。

  • 「名誉」の読み方

「名誉」の読み方

「名誉」の読み方は、「めいよ」になります。



「名誉」の表現の使い方

「名誉」の表現の使い方を紹介します。

「名誉」の表現の使い方は、「自分の行動・能力などが優れているとして、社会から高い評価・承認を得ている場合」に使うという使い方になります。

例えば、「名誉ある賞を受賞したことで自分の創作に対して自信がつきました」といった文章で、「名誉」という表現を正しく使用できます。

「中傷によって不当に名誉を傷つけられる」のように、「世の中に承認・評価されている個人の人格的価値や体面」の意味で使うこともできます。

更に「名誉教授」の言葉のように、「肩書き・役職の前につける、その人の功績を評価する称号」としても使用可能です。

「名誉」を使った例文と意味を解釈

「名誉」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「名誉」を使った例文1
  • 「名誉」を使った例文2

「名誉」を使った例文1

「その財務大臣は国民を軽視する失言を連発したために、閣僚としての名誉ある地位を失うことになりました」

この「名誉」を使った例文は、「世の中(人々)からその権威・序列が高く評価されている閣僚としての地位を失うことになった」という意味を持つ文章で、「名誉」という表現を使用しています。

「名誉」を使った例文2

「ネット上で嘘偽りの多い誹謗中傷を繰り返されているので。名誉毀損で法的措置を取ることも検討しています」

この「名誉」を使った例文は、「名誉」の表現を、「個人としての人格的価値・体裁(体面)を傷つけられた行為に対して、法的措置を取ることも検討している」という意味合いで使っています。



「名誉」の類語や類義語

「名誉」の類語や類義語を紹介します。

  • 「誉れ」【ほまれ】
  • 「栄え」【はえ】

「誉れ」【ほまれ】

「誉れ」という表現は、「他者(世の中)に対して誇ることができるだけの事柄・実績」「優れていて良いという社会(人々)の評価を獲得すること」を意味しています。

それらの意味から、「誉れ」という表現を、「世の中から認められている個人の人格的価値・自負心」を示す「名誉」の類語(シソーラス)として解釈できます。

「栄え」【はえ】

「栄え」という言葉は、「ある物事に成功したり競争で勝利したりすることによって得られる輝かしい名誉・社会の評価」を意味しています。

この意味から、「自らの能力・行動を社会的に高く評価されること」を意味する「名誉」の類義語として、「栄え」という表現を上げることができます。

icon まとめ

この記事で解説した「名誉」の表現には、「自分の能力・行動について社会的に高く評価されること」「世の中から承認されているその人の人格的価値・プライドと関わる体面」などの意味があります。

「名誉」の類語・類義語として、「誉れ」「栄え」などがあります。

「名誉」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。