意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「誉れ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「誉れ」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「誉れ」という言葉を使った例文や、「誉れ」の類語を紹介して行きます。

誉れ

Meaning-Book
「誉れ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「誉れ」とは?意味
  • 「誉れ」の表現の使い方
  • 「誉れ」を使った例文や短文など
  • 「誉れ」の類語や類義語・言い換え


「誉れ」とは?意味

「誉れ」には、「名誉を与えられ、名声となること」という意味があります。

また「良い評判を得て名誉となること」という意味があります。

  • 「誉れ」の読み方

「誉れ」の読み方

「誉れ」の読み方は、「ほまれ」になります。



「誉れ」の表現の使い方

「誉れ」の表現の使い方を紹介します。

「誉れ」には、「名誉を与えられ、名声となること」「良い評判を得て名誉となること」という意味があります。

そのため、誇りに思ってもいいと思えるような事柄があった時、また良い評判を得た時などに、「誉れ」という言葉を使ってみましょう。

例えば、ビジネスシーンで、仕事を頑張った結果、社長賞をもらい、表彰されたとします。

会社員として社長賞を取ることは、誇りとするに足る事柄ではないでしょうか。

そのため、「今回、社長賞を取るという、誉れを得た」などと、「誉れ」という言葉を使ってみましょう。

「誉れ」を使った例文や短文など

「誉れ」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「誉れ」を使った例文1
  • 「誉れ」を使った例文2

「誉れ」を使った例文1

「ダイエットを続けた結果、自分の体を『誉れ』と感じられるようになった」

この例文は、ダイエットを続けた人が、自分の体を気に入り、誇りとするに足る様子になったと感じている場面になります。

このように「誉れ」には、「名誉を与えられ、名声となること」という意味があります。

ダイエットの目的は健康を維持するためでもありますが、ボディラインを整えて、自分の体を「誉れ」と思えるようにする事でもあるかもしれません。

「誉れ」を使った例文2

「彼は子供の頃から、秀才という『誉れ』が高い人物だ」

この例文は、ある男性が子供の頃から、秀才という良い評判を得ていたという意味があります。

このように「誉れ」には「良い評判を得て名誉となること」という意味もあります。



「誉れ」の類語や類義語・言い換え

「誉れ」の類語や類似を紹介します。

  • 「高い評価」【たかいひょうか】
  • 「誇り」【ほこり】

「高い評価」【たかいひょうか】

「高い評価」には、「人物や事柄が優れていて、評価が高いこと」という意味があります。

「高い評価を得たケーキ」「高い評価を期待した演技」などという使い方をします。

「誇り」【ほこり】

「誇り」には「得意げに誇ること」という意味や、「他者よりも優れていると、優越感と名誉に感じること」という意味があります。

「甲子園に出場したことが誇りだ」という言葉には、「甲子園に出場したことを、名誉に感じている」という意味があります。

「誇り高い人」「誇りを持てるようになりたい」などという使い方をします。

icon まとめ

「誉れ」という言葉について見てきました。

誇りとするに足る事柄を見た時、また良い評判を得たと感じた時などに、「誉れ」という言葉を使ってみましょう。