意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「名誉を守る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

映画やアニメなどストーリー性のある話の中で「名誉を守る」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、使い方や例文なども併せて紹介します。

Meaning-Book
「名誉を守る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「名誉を守る」とは?
  • 「名誉を守る」の表現の使い方
  • 「名誉を守る」を使った例文と意味を解釈
  • 「名誉を守る」の類語や類義語


「名誉を守る」とは?

「名誉を守る」の概要について紹介します。

  • 「名誉を守る」の読み方
  • 「名誉を守る」の意味
  • 「名誉を守る」の言葉の成り立ち

「名誉を守る」の読み方

「名誉を守る」「めいよをまもる」と読みます。

読み方は難しくないのですが「名誉」を書き間違わない様にしましょう。

「名誉を守る」の意味

「名誉を守る」の意味は「人が社会的に得た評価や地位、体裁を失われない様にすること」という意味です。

人が社会的に成功したと見なされるのは、お金だけではなく「名誉」も手に入れた時です。

「名誉」は目に見えるものではなく、世間からのその人への高い評価や、その人が手に入れた地位を表します。

「名誉」は盗まれることはありませんが、簡単に傷つけられたり失われたりすることがあるのです。

そのようなことがない様に、事実に反したことについては毅然とした対応をすることを「名誉を守る」と言うのです。

「名誉を守る」の言葉の成り立ち

「名誉を守る」「名誉+を(助詞)+守る」から成り立っています。

「名誉」とは「その人の才能や努力の結果として与えられた高い地位や称号、評価」という意味です。

「守る」とは「大切なものが失われたり損なわれたりしない様に防ぐ行為」という意味です。

これらの言葉が組み合わさり「その人が得た高い地位や称号、評価を失われない様に防ぐこと」という意味で使われる様になりました。



「名誉を守る」の表現の使い方

「名誉を守る」の使い方を紹介します。

  • 動詞として使う
  • 「名誉を守る為に」として使う

動詞として使う

「名誉を守る」は、動詞としてそのまま文章の終わりに使えます。

「守る」はラ行四段活用ですので、過去形は「○○により名誉を守った」になります。

「名誉を守る為に」として使う

「名誉を守る」の使い方で多いのは「名誉を守る為に」という表現です。

一度傷つけられそうになった名誉を守る為に、何らかの行動を取る時に使われます。

「名誉を守る」を使った例文と意味を解釈

「名誉を守る」を使って例文と解釈を紹介します。

  • 「名誉を守る」を使った例文1
  • 「名誉を守る」を使った例文2

「名誉を守る」を使った例文1

「上司の名誉を守る為に必死で対処した」

部下がミスをすると上司の責任になってしまいます。

この上司は部下から好かれているので、部下が自分のミスのせいで上司の評判が落ちてしまうのを防ごうと必死に行動したことを表しています。

「名誉を守る」を使った例文2

「自分の名誉を守ることで一生懸命の政治家」

疑惑があっても認めず保身に回り「知らぬ存ぜぬ」で通している政治家を表しています。



「名誉を守る」の類語や類義語

「名誉を守る」の類語を紹介します。

  • 「面目が立つ」【めんもくがたつ】
  • 「面子を保つ」【めんつをたもつ】

「面目が立つ」【めんもくがたつ】

「名誉が傷つけられることなく維持できる」という意味です。

「面子を保つ」【めんつをたもつ】

「期待通りの結果を出して今までの評価を保つこと」という意味です。

icon まとめ

「名誉を守る」「人が社会的に得た評価や地位、体裁を失われない様にすること」という意味です。

自分のプライドをかけて何かをする時に使ってみましょう。