意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「栄光」とは?意味や使い方!例文や解釈

「栄光」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「栄光」という言葉を使った例文や、「栄光」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「栄光」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「栄光」とは?
  • 「栄光」の英語と解釈
  • 「栄光」の表現の使い方
  • 「栄光」を使った例文や短文など
  • 「栄光」の類語や類義語・言い換え


「栄光」とは?

「栄光」という言葉を知っているでしょうか。

「栄光を求めて努力した」という人もいるでしょう。

一方で、「栄光」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「栄光」という言葉の意味を紹介します。

  • 「栄光」の読み方
  • 「栄光」の意味

「栄光」の読み方

「栄光」「えいこう」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「栄光」「えいこう」と読みましょう。

「栄光」の意味

「栄光」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「栄光」には、「輝かしい誉れ」という意味があります。

「誉れ」という言葉には、「誇りとすべきこと」という意味があります。

「栄光を求めて努力した」という時は、例えば何かの大会で優勝するような、輝かしい誉れを手にするため、努力したという意味があります。

このように「栄光」には、「輝かしい誉れ」という意味があります。



「栄光」の英語と解釈

「栄光」を英語にすると、どのような言葉になるでしょうか。

「栄光」は英語で、“glory”(グローリー)になります。

“glory”「栄光」という意味がある英語になります。

また“honor”(オーナー)にも「栄光」という意味があります。

“honor”には「名誉」「栄光」という意味があります。

このように「栄光」という言葉を英語にしたい時は、“glory”“honor”という英語を使ってみましょう。

「栄光」の表現の使い方

「栄光」はどのような使い方をすればいいでしょうか。

「栄光」には輝かしい誉れという意味があります。

そこで輝かしいステージに立った時、誉れだと感じるような出来事があったときに、「栄光」という言葉を使ってみましょう。

例えば、音楽家としてデビューし、国際的な賞を受賞することは、誉れと感じるような出来事ではないでしょうか。

このような時に「国際的な賞を受賞するという、栄光にあずかる」などという表現をしてみましょう。

このように、輝かしく、誉れな場に立った時、またはそのような場を目指す時に、「栄光」という言葉を使ってみましょう。



「栄光」を使った例文や短文など

「栄光」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「栄光」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「英国」を使った例文1
  • 「栄光」を使った例文2

「英国」を使った例文1

「Aさんの隣の席で仕事をするという、『栄光』を与えられた」

この例文に登場する人は、Aさんのことを高く評価しているようです。

Aさんの隣の席で仕事をできることに、誉れと感じているためです。

Aさんはとても仕事ができる人で、一緒にいるだけで成長できるような立派な人なのかもしれません。

またはAさんが素敵な異性で、Aさんのような素敵な人の近くにいられるのは、人としてラッキーと感じているのかもしれません。

このように、輝かしく誉れと感じられるような人は、近くにいるだけで「栄光」を感じられるのかもしれません。

「栄光」を使った例文2

「今振り返れば、学生時代は『栄光』の時代だった」

社会人のみなさんの中には、この例文のように感じられる人もいるかもしれません。

学生時代は、友達もたくさんいて、毎日楽しかったかもしれません。

それに引き替え、現在は友達と付き合う時間もなく、仕事ばかりで楽しくないかもしれません。

また学生時代には恋人がいたのに、現在は恋人がいない人も、学生時代の方が輝かしく誉れだったと感じるかもしれません。

「学生時代は栄光の時代」と言いたくなる人もいるでしょう。

このように、個人の歴史の良い時代を「栄光の時代」と表現したり、ある国の良い時代を「栄光の時代」表現することがあります。

「栄光」の類語や類義語・言い換え

最後に「栄光」の類語や類似表現を紹介します。

「栄光」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「名誉」【めいよ】
  • 「光栄」【こうえい】
  • 「栄誉」【えいよ】
  • 「栄冠」【えいかん】
  • 「三冠」【さんかん】

「名誉」【めいよ】

「名誉」という言葉には、「光栄であること」という意味があります。

「優勝したのは名誉なことだ」という文章には、ある大会で優勝したことは光栄だという意味があります。

「名誉の負傷」という時は、負傷自体は辛いものの、負傷をするほど命を賭けたことは、名誉が与えられるものだという意味があります。

「光栄」【こうえい】

「光栄」という言葉には、自分にとって栄あることという意味があります。

上司から重要な仕事を任された時、自分にとって栄あることだと感じた時、「光栄です」と答えます。

「身に余る光栄です」という時は、自分の能力や格を越えるような役割を任されて、栄あることだと思っていますという意味があります。

「栄誉」【えいよ】

「栄誉」という言葉には、「褒められて光栄であること」という意味があります。

「栄養に輝く」などという使い方をします。

例えば、高校野球の甲子園大会で、連覇をした時、褒められて光栄であるため、「甲子園で連覇をするという、栄誉に輝く」と言います。

「栄冠」【えいかん】

「栄冠」という言葉には、「名誉ある勝利」という意味があります。

「栄冠に輝く」という時は、大切な試合に勝利したため、優れているという評判を得たという意味があります。

「三冠」【さんかん】

「三冠」という言葉には、「三つの栄冠」という意味があります。

例えば、プロ野球で同時に三つの栄冠を得るという時は、打者がホームラン数、打率、打点がリーグで一位だったということになります。

このような素晴らしい成績を得た打者は「三冠王」と呼ばれ、他の選手や野球ファンから尊敬されることになります。

icon まとめ

「栄光」という言葉について見てきました。

輝かしい誉れな出来事が起こった時、誇りとすべきと感じられるような何かがあった時に、「栄光」という言葉を使ってみましょう。