意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「恥辱」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「恥辱」という表現は「過去の失敗を大げさに言いふらされるという恥辱を受けました」などの文章で使われますが、「恥辱」の表現はどんな意味を持っているのでしょうか?

「恥辱」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

恥辱

Meaning-Book
「恥辱」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「恥辱」の意味
  • 「恥辱」の表現の使い方
  • 「恥辱」を使った例文と意味を解釈
  • 「恥辱」の類語や類義語


「恥辱」の意味

「恥辱」という表現は、「人前で恥ずかしい思いをさせて、名誉・自尊心を傷つけること」「辱められて、名誉・羞恥心を傷つけられること」を意味しています。

「恥辱」というのは、「辱め(はずかしめ)たり恥をかかせたりして、人の名誉・体面(世間体)を傷つけること」を意味している表現なのです。

  • 「恥辱」の読み方

「恥辱」の読み方

「恥辱」の読み方は、「ちじょく」になります。



「恥辱」の表現の使い方

「恥辱」の表現の使い方を紹介します。

「恥辱」の表現の使い方は、「辱めたり恥をかかせたりして、その人の名誉・体面(世間体)を傷つける場合」に使うという使い方になります。

例えば、「彼から信じられないような恥辱を味あわせられました」といった文章で、「恥辱」という表現を適切に使うことができます。

「恥辱」を使った例文と意味を解釈

「恥辱」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「恥辱」を使った例文1
  • 「恥辱」を使った例文2

「恥辱」を使った例文1

「理不尽な社長から馬鹿にされて罵倒されたあの恥辱の日々を、私は一生忘れることはないでしょう」

この「恥辱」を使った例文は、「恥辱」という表現を、「理不尽な社長から馬鹿にされて罵倒された、あの不当に恥をかかされて名誉を傷つけられた日々を」という意味を持つ文章で使っています。

「恥辱」を使った例文2

「長年の付き合いがあって信じていた人物から、裏切られて根拠のない陰口を広められるという恥辱を受けました」 この「恥辱」を使った例文は、「根拠のない陰口を広められて恥をかかされ、名誉・信用を傷つけられた」という意味合いで、「恥辱」という表現を使用しています。



「恥辱」の類語や類義語

「恥辱」の類語や類義語を紹介します。

  • 「屈辱」【くつじょく】
  • 「侮辱」【ぶじょく】

「屈辱」【くつじょく】

「屈辱」という表現は、「相手から屈服させられて(力でねじ伏せられて)、恥ずかしい思いをさせられること」を意味しています。

「恥辱」というのは、「はずかしめられて、名誉や尊厳を傷つけられること」を意味する表現です。

これらの意味から、「恥辱」とほぼ同じ意味を持つ類語(シソーラス)として、「屈辱」という表現を指摘できます。

「侮辱」【ぶじょく】

「侮辱」という言葉は、「相手を馬鹿にして恥をかかせること」「相手の悪口を言ったり誹謗中傷をしたりしてはずかしめること」を意味しています。

その意味合いから、「侮辱」という表現を、「相手に恥をかかせて名誉を傷つけること」を示す「恥辱」の類義語として解釈できるのです。

icon まとめ

この記事で紹介した「恥辱」の表現には、「人前で恥をかかせて、名誉・自尊心を傷つけること」などの意味があります。

「恥辱」の類語・類義語として、「屈辱」「侮辱」などがあります。

「恥辱」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。