意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「赤恥」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「赤恥」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「赤恥」という言葉を使った例文や、「赤恥」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「赤恥」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「赤恥」とは?
  • 「赤恥」の英語と解釈
  • 「赤恥」の表現の使い方
  • 「赤恥」を使った例文や短文など
  • 「赤恥」の類語や類義語・言い換え


「赤恥」とは?

「赤恥」という言葉を知っているでしょうか。

仕事でミスをして「赤恥をかいた」という経験があるかもしれません。

一方で、「赤恥」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「赤恥」という言葉の意味を紹介します。

  • 「赤恥」の読み方
  • 「赤恥」の意味

「赤恥」の読み方

「赤恥」「あかはじ」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「赤恥」「あかはじ」と読みましょう。

「赤恥」の意味

「赤恥」という言葉の意味を紹介します。

「赤恥」には、「人の前で受けるひどい恥」という意味があります。

仕事をミスして「赤恥をかいた」という時は、仕事でミスをしてしまい、同僚の前でひどい恥をさらしてしまったという意味があります。

このように「赤恥」という言葉には、「人の前で受けるひどい恥」という意味があります。



「赤恥」の英語と解釈

「赤恥」を英語にすると、どのような言葉になるでしょうか。

「赤恥」は英語で、“shame”(シェイム)になります。

“shame”には「恥」「赤恥」という意味があります。

「赤恥」を英文の中に入れたい時は、“shame”という言葉を使ってみましょう。

「赤恥」の表現の使い方

「赤恥」はどのような使い方をすればいいでしょうか。

「赤恥」には「人の前で受けるひどい恥」という意味があるため、そのような思いをした時に使ってみましょう。

単に恥ずかしい思いをしただけでなく、ひどい恥と感じる時、「赤恥」を使ってみましょう。



「赤恥」を使った例文や短文など

次に「赤恥」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「赤恥」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「赤恥」を使った例文1
  • 「赤恥」を使った例文2

「赤恥」を使った例文1

「ズボンを後ろ前に履いて会社に行き、『赤恥』をかく」

この例文のようなうっかりミスをした時、とても恥ずかしいと感じるでしょう。

男性社員なら、女子社員に「ズボンが後ろ前です」と指摘されたら、なお恥ずかしく感じるでしょう。

指摘されたのが職場なら、職場にいる全ての人が笑うかもしれません。

このようなひどい恥は、「赤恥」と言います。

「赤恥」を使った例文2

「告白して振られて、『赤恥』をかいた」

恋愛の場面でも、「赤恥」をかくことがあります。

例えば成功すると自信満々で告白し、失敗した場合は恥ずかしい思いをするでしょう。

「絶対、大丈夫」などと、事前に自信満々で友達に告白成功を断言していた場合は、友達の前でひどい恥をかくことになるかもしれません。

「赤恥」の類語や類義語・言い換え

続いて「赤恥」の類語や類似表現を紹介します。

「赤恥」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「大恥」【おおはじ】
  • 「屈辱」【くつじょく】

「大恥」【おおはじ】

「大恥」には「ひどく面目を失うこと」という意味があります。

「みんなの前で、大恥をかく」という時は、大勢の前でひどく面目を失うという意味があります。

「屈辱」【くつじょく】

「屈辱」という言葉には、「屈服させられて、恥ずかしい思いをさせられること」という意味があります。

試合で大敗した時、敵に屈服させられて、恥ずかしい思いをするかもしれません。

このような時、「敵に大敗し、屈辱を感じる」と表現できます。

icon まとめ

「赤恥」という言葉について見てきました。

たくさんの人の前で、ひどい恥をかいた時などに、「赤恥」という言葉を使ってみましょう。