意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「大恥」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「大恥」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「大恥」という言い回しについて詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「大恥」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「大恥」の意味
  • 「大恥」の表現の使い方
  • 「大恥」を使った例文と意味を解釈
  • 「大恥」の類語や類義語


「大恥」の意味

「大恥」というのは「ひどく面目を失うこと」「赤恥」という意味になります。

例えば、授業参観で自分の子供が恥ずかしい発言をした場合、それだけで「大恥をかいた」と感じる人もいるのではないでしょうか。

担任の先生との懇談会で子供のとんでもない行動を指摘された場合など「大恥をかいた」と感じるかもしれません。

とても恥ずかしいと感じた時、「大恥をかいた」といえます。

  • 「大恥」の読み方

「大恥」の読み方

「大恥」の読み方は、「おおはじ」になります。

使いたくない表現ですが、日常的にも使える言い回しですのでぜひ覚えておきましょう。



「大恥」の表現の使い方

「大恥」の表現の使い方を紹介します。

「大恥」「ひどく面目を失うこと」という意味です。

例えばみんなの前で作文を読み間違え、「大恥をかく」ということもあるかもしれませんし、みんなの前で転んでしまい、「大恥をかいた」と感じることもあるでしょう。

空港でチェックインする時、荷物に本来は入れてはいけないものが入っており、スーツケースをみんなの前で開いて荷物を取り出さなければならなかったという経験を持つ人もいるかもしれません。

人前でスーツケースを開き、「大恥だ」と感じることもあります。

「大恥」を使った例文と意味を解釈

「大恥」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「大恥」を使った例文1
  • 「大恥」を使った例文2

「大恥」を使った例文1

「雨の日で滑って転んでしまってみんなに見られ、大恥をかいた気分です」

雨の日はとても滑りやすいものです。

靴によってはそれだけでも簡単に滑ってしまうことがありますから、雨の日などは気をつけなければいけません。

そんな時に滑ってしまったら、ぜひ誰かにどうかしてほしいところですが、実際には周りからジロジロ見られ、嫌な思いをした、恥ずかしかった、ということもあるかもしれません。

そのような時に「大恥」という表現が使えます。

「大恥」を使った例文2

「母親が授業参観に普段着で来て、みんなにからかわれて大恥をかいた」

授業参観は親にとっても大切ですがあっても子供にとっても大切です。

親が他のお母さん達と同じように華やかな服装で来てくれればとても嬉しいものですが、周りのお母さんが華やかなのに自分のお母さんだけ普段着だった、周りのお母さんが地味な服装なのに自分のお母さんだけやたらと派手だった、ということがあれば、子供にとっても「大恥」になってしまうことがあります。

親もある程度の協調性が求められているといえます。



「大恥」の類語や類義語

「大恥」の類語や類義語を紹介します。

  • 「赤っ恥」【あかっぱじ】
  • 「恥ずかしい」【はずかしい】

「赤っ恥」【あかっぱじ】

「赤っ恥」というのは「赤面するほどのひどい端」という意味です。

「人前で受けるとんでもない恥ずかしさ」であり、「赤恥」と言われることもあります。

「恥ずかしい」【はずかしい】

「恥ずかしい」というのは「他人に顔向けできない気持ち」ということです。

「間違えてしまって恥ずかしい」ということもあるでしょう。

icon まとめ

「大恥」はかきたくないものですが、この表現は日常的にも使われます。

ぜひ意味を覚えておきましょう。