意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「熟知」とは?意味や使い方!例文や解釈

「熟知」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「熟知」という言葉を使った例文や、「熟知」の類語を紹介して行きます。

熟知

Meaning-Book
「熟知」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「熟知」とは?
  • 「熟知」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「熟知」を使った例文や短文など
  • 「熟知」の反対語
  • 「熟知」を使った言葉と解釈

「熟知」とは?

みなさんは「熟知」という言葉を知っているでしょうか。

「彼氏の性格を熟知している」など、「熟知」という言葉を使いこなしている人もいるでしょう。

一方で、「熟知」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「熟知」という言葉の意味を紹介します。

  • 「熟知」の読み方
  • 「熟知」の意味

「熟知」の読み方

「熟知」「じゅくち」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「熟知」「じゅくち」と読みましょう。

「熟知」の意味

「熟知」という言葉の意味を紹介します。

「熟知」には、「よく知っていること」という意味があります。

彼氏の性格を「熟知」しているという文章では、彼氏の性格をよく知っているという意味になります。

ただ知っているだけではなく、よく知っているというのが、「熟知」という言葉のポイントになります。

このように「熟知」には、「よく知っていること」という意味があります。

「熟知」の類語や類似表現や似た言葉

次に「熟知」の類語や類似表現を紹介します。

「熟知」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「知り抜く」
  • 「通暁」
  • 「精通」
  • 「知悉」

「知り抜く」

「知り抜く」には、「とことんまで知る」という意味や「知りつくす」という意味があります。

「相手の行動パターンを知りぬく」という場合、「相手がどのように行動するのかを、とことんまで知っている」という意味になります。

また「彼の性格を知りぬく」という時は、「彼の性格をとことんまで知りつくしている」という意味になります。

「通暁」

「通暁」「つうぎょう」と読みます。

「通暁」には、「事情に明るいこと」という意味があります。

「会社の人事事情に通暁している」という場合は、「会社の人事について、事情に明るい」という意味があります。

「精通」

「精通」には「詳しく知っていること」という意味があります。

「業界に精通している」という時は、「その業界について、詳しく知っている」という意味になります。

他にも「仕事に精通している」「敵に精通している」などという使い方をします。

「知悉」

「知悉」「ちしつ」と読みます。

「知悉」には、「細かい点まで知り尽くすこと」という意味があります。

「事情を知悉している」という時は、「ある事情について、細かい点まで知り尽くしている」という意味になります。

このように、「熟知」と似た意味の言葉がいくつもあります。

「熟知」を使った例文や短文など

続いて「熟知」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「熟知」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「熟知」を使った例文1
  • 「熟知」を使った例文2

「熟知」を使った例文1

「マニュアルをよく読み、操作方法を『熟知』する」

この例文は、機械や自動車、システムについてのマニュアルをしっかりと読み、操作方法をよく知っている人についての文章になります。

一般的にマニュアルは、初めに目を通したらあまり見ないものです。

しかしマニュアルを読み込む人ほど、操作方法などを「熟知」しています。

操作方法を「熟知」している人は、そうでない人とはまるで違う機械を使っているかのように、様々なことができます。

「熟知」を使った例文2

「自分の部屋のことなら、押し入れの中でも『熟知』している」

この例文のように、片づけ上手の人は自分の部屋についてなんでも知っています。

どこに何を収納しているのかを、聞けば時間をおかずに答えられます。

住みやすい部屋作りを目指すなら、物の置き場所を「熟知」することが大切かもしれません。

「熟知」の反対語

「熟知」と反対の意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

そこで「熟知」と反対の意味を持つ言葉を紹介します。

  • 「誤解」
  • 「無理解」
  • 「思い違い」

「誤解」

「誤解」という言葉は、一般的に良く使われている言葉ではないでしょうか。

「誤解」には、「間違って意味を理解すること」という意味があります。

「彼女から誤解される」という時は、「彼女に間違って意味を理解される」という意味があります。

「無理解」

「無理解」という言葉もあります。

「無理解」には、「理解のないこと」という意味や「わからないこと」という意味があります。

「親の無理解を嘆く」という文章には、「親の理解がないことを嘆く」という意味があります。

「思い違い」

「思い違い」には、「勘違い」「思い違い」という意味があります。

「ひどい思い違いをしていた」「とんでもない思い違いだ」などという使い方をします。

「熟知」を使った言葉と解釈

最後に「熟知」を使った言葉と解釈を紹介します。

「熟知」を使った言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「性格を熟知」
  • 「敵を熟知」
  • 「限界を熟知」

「性格を熟知」

「性格を熟知」という言い回しはよく使われています。

「性格を熟知」には、「誰かの性格を、よく知っていること」という意味があります。

例えば家族の性格や、恋人の性格、職場の同僚の「性格を熟知」している人は多いでしょう。

怒りやすい性格の人には、刺激しないように接し、気弱な性格の人には、優しく接するなど、「性格を熟知」していることは、スムーズな生活のために役立ちます。

「敵を熟知」

「敵を熟知」という言葉も良く使われます。

スポーツの試合で敵と対戦する時は、「敵を熟知」する必要があります。

敵の性格や癖、長所や弱点を知っておくと、勝利に役立ちます。

野球の打者が、投手の得意玉や癖を知っておくと、有利になるように、戦いの場面では「敵を熟知」することが、勝利のカギになります。

「限界を熟知」

「限界を熟知」という言い回しも良く使います。

ビジネスシーンでは、人によって頑張りすぎて倒れてしまったり、翌日以降にダメ―ジを残してしまうことがあります。

自分の「限界を熟知」している人なら、その手前で仕事をやめて、翌日以降の仕事に備え休養を取れます。

icon まとめ

「熟知」という言葉について見てきました。

何かについてよく知っていると感じた時、「熟知」という言葉を使ってみましょう。