意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「誤解」とは?意味や使い方!例文や解釈

「誤解」という言葉は日常会話などでもわりと頻繁に使う機会が多いのではないでしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「誤解」という言葉の理解を深めていきましょう。

誤解

Meaning-Book
「誤解」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「誤解」とは?
  • 「誤解」の表現の使い方
  • 「誤解」を使った言葉と意味を解釈
  • 「誤解」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「誤解」の反対語
  • 「誤解」の類語や類義語・言い換え
  • 「誤解」の英語と解釈


「誤解」とは?

「誤解」とは事実や言葉を誤って理解すること、思い違いという意味になります。

  • 「誤解」の語源や由来
  • 「誤解」の読み方

「誤解」の語源や由来

「誤解」とは「誤って解する」と書きますが、それぞれの意味を見ていきましょう。

「誤り」とは正しくないこと、やり損なったこと、失敗、過ちという意味があります。

「解」とは与えられた問題の答えという意味の他に、説明、解釈といった意味があります。

「誤解」を簡単に言い換えるならば「間違った答え」「正しくない解釈」ということになります。

それぞれの漢字が持つ意味を理解できていれば「誤解」という言葉の意味も自然と理解できるでしょう。

「誤解」の読み方

「誤解」と書いて「ごかい」と読みます。



「誤解」の表現の使い方

「誤解」とは事実や言葉を誤って理解する、思い違いという意味です。

ですからそのようなことが起こった時に使うことが多いでしょう。

相手が「誤解」をして怒った時には「それは誤解ですよ、話し合いましょう」「誤解するな」などと使います。

また紛らわしい言動をする人には「誤解を招く行動をするな」などと言ったりもします。

もともと「誤解」という言葉の意味合いからして、いい言葉、褒め言葉にはなりにくいのです。

「誤解」を使った言葉と意味を解釈

それでは「誤解」を使った言葉をいくつか紹介しましょう。

  • 「誤解を招く」
  • 「誤解される」
  • 「誤解をとく」

「誤解を招く」

「誤解を招く」とは誤解されるような言動をすることを言います。

「誤解を招くようなことはするな」「必要以上に異性に優しくすると、恋愛感情があると誤解を招くことになるから気をつけなさい」などと使います。

「誤解される」

「誤解される」とは相手側に間違った理解をされてしまうことを言います。

「誤解されるようなことはしていないので謝るつもりはない」「なぜか、私は不真面目だと誤解されることが多く悩んでいる」などと使います。

「誤解をとく」

「誤解をとく」とは、「誤解」されたことを説明するなどして本当のことをわかってもらうことを言います。

「誤解」がとければ無事に解決ですし「誤解をとく」ことができなければ関係性は悪いままでしょう。

「しっかり話して誤解をとくようにした」「誤解をといても、またすぐに誤解される」という風に使います。



「誤解」を使った例文や短文など(意味を解釈)

それでは「誤解」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「誤解」を使った例文1
  • 「誤解」を使った例文2

「誤解」を使った例文1

「彼は今も誤解したままでいるのだろうか、誤解を招く言動をとった自分を反省している」

「誤解」というのは、相手が理解力に乏しい場合と、自分自身がわかりにくい言動をしてしまうことが原因の場合とあるでしょう。

例文の場合は自分自身が「誤解」を招いたと反省をしています。

「誤解」を使った例文2

「彼女の言い方だと誤解を招くよ、注意した方がいいよ」

説明、言葉、態度というのは周りの人にわかりやすくする方がいいでしょう。

特に言葉は気をつけなければなりません。

言い方が悪いと、まったく逆の意味に相手にとられてしまうこともあるのです。

受け取り方が悪いと相手の非を責めるより、わかりやすい言葉で伝えたかどうかを反省することが必要でしょう。

「誤解」の反対語

「誤解」の反対語とはどのような言葉になるのでしょうか。

明確な反対語がない場合は意味合いから当てはまる言葉を探してみましょう。

  • 「理解」
  • 「わかる」

「理解」

「理解」とは物事の仕組み、状況、意味などを論理によって判断してわかることを言います。

また相手の立場、気持ちを汲み取ることです。

「すっかり理解した」「理解のある態度を示すことにした」などと使います。

「わかる」

「誤解」とは事実、言葉を間違って理解することです。

反対の意味で簡単な言葉で言うならば「わかる」ということになります。

「わかる」とは物事の意味、価値などが理解できる、相手の事情に理解、同情を示すという意味です。

「話のわかる人」「これではっきりとわかるだろう」という風に使います。

「誤解」の類語や類義語・言い換え

言葉の意味が理解できましたところで、「誤解」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「心得違い」
  • 「誤認」
  • 「勘違い」

「心得違い」

「心得違い」とは思い違い、勘違い、誤解という意味です。

また悪い考え、行動のことでもあります。

「あいつは、とんだ心得違いをしているな」「心違いなことがあってはいけないから、しっかりと見張っていよう」などと使います。

「誤認」

「誤認」とは間違って認めることを言います。

「事実を誤認したままだ」「誤認逮捕はあってはならないので慎重に捜査する」という風に使います。

「勘違い」

「勘違い」とは思い違いをすることです。

「どうやら、君の勘違いだったようだね」「勘違いをしておいて謝らないとは失礼な人だ」などと使います。

「誤解」の英語と解釈

「誤解」という言葉は英語ではどのように言い表すのでしょうか。

英語では“misunderstanding”(誤った理解)、“misinterpretation”(誤った解釈)といった単語を使います。

例文は“There seems to be some misunderstanding between us”(私たちの間には何か誤解があるようです)となります。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「誤解」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

「誤解」の意味は漢字の通りで「誤って理解する」ということです。

「誤解を招く」「誤解する」などと日常的にもよく使われる言葉ですので、意味を正しく理解して使いこなしていきましょう。