意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「精通」とは?意味や使い方!例文や解釈

「精通」と言う言葉の読み方や意味を紹介します。

また「精通」の類語や、反対語を紹介して行きます。

さらに「精通」という言葉を使った例文を紹介して行きます。

精通

Meaning-Book
「精通」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「精通」とは?
  • 「精通」の使い方
  • 「精通」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「精通」を使った例文や短文など
  • 「精通」の反対語


「精通」とは?

みなさんは「精通」という言葉を知っているでしょうか。

「○○に精通している」という言葉が頭に浮かんだ人もいるでしょう。

みなさんの中には、「精通」している何かが実際にあるかもしれません。

一方で、「精通」の意味をまるで知らない人もいるかもしれません。

そこで「精通」の読み方や意味を紹介します。

  • 「精通」の読み方
  • 「精通」の意味

「精通」の読み方

「精通」という言葉の、読み方を紹介します。

「精通」「せいつう」と読みます。

「しょうつう」「せいどおり」などと読み間違えないように注意しましょう。

これを機会に「精通」「せいつう」と読むようにしましょう。

「精通」の意味

「精通」という言葉の意味を紹介します。

「精通」には「詳しく知っていること」という意味があります。

単に知っているだけでなく、詳しく知っている時に、「精通」と呼びます。

また「物事に通じている」と感じられる人に対して「精通」と呼ぶことがあります。

さらに男性が初めて射精することを、「精通」と呼びます。



「精通」の使い方

続いて「精通」という言葉の使い方を紹介します。

「精通」には「詳しく知っていること」「物事を通じていること」という意味があります。

何かに対して、詳しく知っている人に対して「精通」という言葉を使ってみましょう。

例えばインターネットに詳しく、職場で頼りにされているような人は、「インターネットに精通している人」と呼べます。

プライベートでも、アイドル業界にとても詳しい友達は、「アイドルに精通している」と言えるでしょう。

父親が盆栽について、誰よりも詳しいと感じる時は、「盆栽に精通している」と言えます。

このように、何かに詳しい人を見た時に、「精通」という言葉を使ってみましょう。

「精通」の類語や類似表現や似た言葉

次に「精通」という言葉の、類語や類似表現を紹介します。

「精通」とよく似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「熟知」
  • 「通暁」
  • 「知悉」
  • 「知りぬく」

「熟知」

「熟知」「じゅくち」と読みます。

「熟知」には、「良く知っていること」という意味があります。

業界のことを良く知っている時、「業界を熟知している」と言われます。

また人間関係について、誰よりも把握している人は、「人間関係を熟知している人」などと呼ばれます。

「通暁」

「通暁」「つうぎょう」と読む、あまり聞き慣れない言葉かもしれません。

「通暁」には、「事情に明るいこと」という意味があります。

会社の人間関係などに明るい人は、「会社の事情に通暁している」などと呼ばれます。

「知悉」

「知悉」「ちしつ」と読む、こちらも聞き慣れない言葉かもしれません。

「知悉」には、「細かい点まで知り尽くすこと」という意味があります。

「物事を知悉している人」は、物事の細かい点まで知り尽くしていることという意味になります。

「知りぬく」

「知りぬく」という言葉は、一般的に使われることが多い言葉です。

「知りぬく」には、「とことんまで知る」という意味があります。

例えば、釣りが趣味の人の中には、ルアーの種類について「知りぬいている」人がいます。

凝り性なひとほど、「知りぬく」傾向が強くなるかもしれません。



「精通」を使った例文や短文など

「精通」と言う言葉を使った例文や短文を紹介します。

「精通」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「精通」を使った例文1
  • 「精通」を使った例文2
  • 「精通」を使った例文3

「精通」を使った例文1

「彼は中国事情に『精通』しているから、頼りになる」

この例文に登場する彼は、中国の政治場や国民性などについて、詳しく知っている人のようです。

中国に向けて商売をしようとしている時、このような中国に「精通」している人がいると、心強いかもしれません。

「精通」を使った例文2

「テーマパークに『精通』しているから、彼女を楽しませたい」

この例文のように、テーマパークに「精通」している人もいるでしょう。

年間パスポートを購入し、毎週のように訪れるテーマパークは、どのエリアに対しても詳しく、何を聞いても答えられるくらい、物知りのはずです。

このような人が彼女を誘ってデートする時は、ふつうのテーマパークデートではなく、少しマニアックな一段上のデートを楽しめるかもしれません。

「精通」を使った例文3

「私が『精通』したのは、中学生の春だった」

この例文の「精通」は、男性が初めて射精したという意味になります。

男性なら、誰にでもこのような時期が訪れ、それがその男性の思春期の始まりの人も言えます。

「精通」する時期は人によって違いますが、10代の中盤から後半までには済ませることが多いでしょう。

「精通」の反対語

最後に「精通」の反対語を紹介します。

「精通」の反対の意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「無知」
  • 「不案内」

「無知」

「無知」「知らないこと」「知識がまるでない様子」などの意味があります。

「精通」があることに詳しいのに対し、「無知」はあることに対してまるで知識がない様子を言葉にしたものです。

例えば野球の試合を見ながら、「私は野球に関して無知です」という場合は、まるで野球のことを知らないという意味になります。

もちろん誰でも初めは「無知」なので、「無知」の方が楽しめる物事もたくさんあります。

「不案内」

「不案内」には「細かい様子が分からない」または「その方面の心得がないこと」などの意味があります。

例えば仕事で訪れたエリアについて、お店のある場所やコンビの場所がわからないなど、細かい情報がまるでない時、「このエリアは不案内です」などと言います。

icon まとめ

「精通」という言葉について見てきました。

みなさんも、何かに詳しい、「精通しているもの」があるかもしれません。

それは趣味の何かかもしれませんし、仕事の一部かもしれません。

いずれにせよ、「精通」しているものがあると、強みになり、それが仕事につながったり、人間関係を広げるのに役立つかもしれません。