意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「無知」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「無知」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「無知」という言葉を使った例文や、「無知」の類語を紹介して行きます。

無知

Meaning-Book
「無知」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「無知」とは?
  • 「無知」を使った例文や短文など
  • 「無知」の類語や類義語・言い換え


「無知」とは?

「無知」という言葉を知っているでしょうか。

「無知な人」だと感じる人がいるかもしれません。

一方で、「無知」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「無知」という言葉の意味を紹介します。

  • 「無知」の読み方
  • 「無知」の意味

「無知」の読み方

「無知」「むち」と読みます。

特に難しい言葉ではないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「無知」「むち」と読みましょう。

「無知」の意味

「無知」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「無知」には、「知らないこと」「知識がないこと」という意味があります。

一般の人に比べて知識が足りていないと感じられる人は、「無知な人」と言えるでしょう。

このように、「無知」という言葉には、「知らないこと」「知識がないこと」という意味があります。



「無知」を使った例文や短文など

次に「無知」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「無知」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「無知」を使った例文1
  • 「無知」を使った例文2

「無知」を使った例文1

「私は『無知』のため、議論に参加したくない」

この例文のように、知識に自信がない人は、議論に参加する勇気が湧かないかもしれません。

このように、知識が足りないと感じる時、自分を「無知」と感じるでしょう。

読書をしたり、映画を見たり、新聞を読むなどして、知識を深め「無知」な状態から脱する必要があるかもしれません。

「無知」を使った例文2

「Aさんは『無知』を装うが、博識だ」

この例文に登場するAさんは、知識が足りない振りをするが、周囲の人から見れば知識が豊富な人なのでしょう。

このように知識が豊富な人ほど、謙遜する傾向があります。

「無知」と自分を称する人を見ても、真に受けない方がいいでしょう。

逆に知識自慢をするタイプの人は、「無知」ということもあるでしょう。

「無知」の類語や類義語・言い換え

続いて「無知」の類語や類似表現を紹介します。

「無知」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「無学」【むがく】
  • 「浅学」【せんがく】

「無学」【むがく】

「無学」には「学問や知識がないこと」という意味があります。

「私は無学のため」という時は、私には学問を学んだ経験や、知識が足りないためという意味があります。

「浅学」【せんがく】

「浅学」には、「学問や知識が未熟なこと」という意味があります。

知識が足りない自分をへりくだって、「私は浅学です」などと言います。



icon まとめ

「無知」という言葉について見てきました。

知識が足りない人や、何も知らない人を見た時、「無知」という言葉を使ってみましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。