意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「リスクヘッジ」とは?意味や使い方!例文や解釈

「リスクヘッジ」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「リスクヘッジ」という言葉を使った例文や、「リスクヘッジ」の類語を紹介して行きます。

リスクヘッジ

Meaning-Book
「リスクヘッジ」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「リスクヘッジ」とは?
  • 「株式投資でのリスクヘッジ」の使い方
  • 「リスクヘッジ」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「リスクヘッジ」を使った例文や短文など
  • 「リスクヘッジ」の反対語


「リスクヘッジ」とは?

「リスクヘッジ」という言葉を知っているでしょうか。

「リスクヘッジをしながら、投資をしている」という人もいるでしょう。

一方で、「リスクヘッジ」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「リスクヘッジ」という言葉の意味を紹介します。

  • 「リスクヘッジ」の英語
  • 「リスクヘッジ」の意味

「リスクヘッジ」の英語

「リスクヘッジ」は英語が元になってできているカタカナ語です。

「リスクヘッジ」は英語で“risk hedge”になります。

「リスクヘッジ」を英文の中に加えたい時などは、risk hedge"と書くようにしましょう。

「リスクヘッジ」の意味

「リスクヘッジ」という言葉の意味を紹介します。

「リスクヘッジ」には、「相場変動などによる、損失の危険を回避すること」という意味があります。

例えば、株式投資をしている人は、大型連休を前にした時、全ての株式を売ることがあります。

大型連休の間に、世界経済の様相が一変し、株価が暴落するかもしれないためです。

このようなリスクを避ける行動を、「リスクヘッジ」といいます。

また一般的な場面でも「リスクヘッジ」という言葉を使うことがあります。

「危険を避ける」という意味で使い、「定年後の生活のために、『リスクヘッジ』として貯金する」などと言います。



「株式投資でのリスクヘッジ」の使い方

株式投資の世界での「リスクヘッジ」の使い方を紹介します。

株式投資は元本保証がない世界のため、様々な方法で資産を失わないような「リスクヘッジ」をします。

例えば、同時に「売り注文」「買い注文」を出す方法です。

Aという銘柄に買い注文だけを出せば、Aという銘柄の株価が下がった時に、損失が出ます。

もし同時に「売り注文」を出していれば、Aという銘柄の株価が下がった時、利益が出るため、損失と利益が相殺されます。

Aという銘柄の配当が高い時、株主優待の商品が良い時に、「リスクヘッジ」をしながら配当や株主優待を得る定番の方法になっています。

他にも、様々な株式投資の際の「リスクヘッジ」があります。

このような方法を知っていると、完璧ではなくても、資産を失う確率が減るかもしれません。

「リスクヘッジ」の類語や類似表現や似た言葉

「リスクヘッジ」の類語や類似表現を紹介します。

「リスクヘッジ」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「危機に備える」
  • 「リスクマネジメント」

「危機に備える」

「危機に備える」という言葉があります。

「危機に備える」には、「危険に対して対策を取ること」という意味があります。

例えば大型の地震というリスクに対して、水を買い置く、非常食を買い置くなどの行為は「危機に備える」行為と言えます。

また山を歩く時に、クマよけの鈴を身につけることや、雨具などを用意することは、山の「危機に備える」行為と言えるでしょう。

「リスクマネジメント」

「リスクマネジメント」「危険管理」という意味があり、特に、リスクを組織的に管理し、回避を図ることという意味があります。

例えば、企業の誰かが不祥事を起こした時、どのような対応をすべきか、組織的に話し合い、事前に決めておくことは、「リスクマネジメント」の一環になります。

また保険会社などと契約し、災害などで損失が出ないようにすることも、「リスクマネジメント」になります。



「リスクヘッジ」を使った例文や短文など

「リスクヘッジ」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「リスクヘッジ」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「リスクヘッジ」を使った例文1
  • 「リスクヘッジ」を使った例文2

「リスクヘッジ」を使った例文1

「株式投資の世界には、卵は同じ籠に入れるなという『リスクヘッジ』のための格言がある」

この例文に登場する「卵は同じ籠に入れるな」という格言は、とても有名です。

資産を一つの投資先に集中しないようにするという意味で、同じ銘柄に全ての資産をつぎ込むような行為を避けることを言います。

株式投資と、普通預金、外貨預金、不動産投資など、投資先を分けることで、不況時の対策、恐慌時の対策や、インフレ時の「リスクヘッジ」ができます。

例えばインフレになれば普通預金の資産は目減りしますが、株式や不動産の価値は高まるかもしれないためです。

またドルと円と、ユーロで預金しておけば、日本が不況になった時、ドルの価値が高くなったり、ユーロの価値が高くなる可能性があり「リスクヘッジ」につながるでしょう。

「リスクヘッジ」を使った例文2

「副業をすることが、将来の『リスクヘッジ』につながる」

この例文のように、副業をすることが、本業に対する「リスクヘッジ」につながるかもしれません。

例えば勤務している会社が倒産しても、副業で食べて行けるかもしれません。

また本業に飽きた時、副業を本業にできるかもしれません。

このように、一般的な場面でも「リスクヘッジ」という言葉を使えます。

「リスクヘッジ」の反対語

「リスクヘッジ」と反対の意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

そこで「リスクヘッジ」と反対の意味を持つ言葉を紹介します。

  • 「無鉄砲」
  • 「向こう見ず」

「無鉄砲」

「無鉄砲」には、「先を考えずに、強引に何かをすること」という意味があります。

またそのような人に対して「無鉄砲」と呼びます。

「リスクヘッジ」をせずに投資を始める人は、「無鉄砲」な人と言えるでしょう。

「向こう見ず」

「向こう見ず」には「将来のことを、まるで考えずに何かをする」「結果を考えずに行動する」という意味があります。

嫌なことを言われたからと言って、上司に殴り掛かるような行為は、「向こう見ず」な行為です。

結果的に、社内での居場所がなくなる可能性が高いことを、認識していないためです。

icon まとめ

「リスクヘッジ」という言葉について見てきました。

投資をする時に危険を回避するための行動を取る時、一般的な場面でも危険を回避するような対策を取る時に、「リスクヘッジ」という言葉を使ってみましょう。