意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「無鉄砲」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「無鉄砲」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「無鉄砲」という言葉を使った例文や、「無鉄砲」の類語を紹介して行きます。

無鉄砲

Meaning-Book
「無鉄砲」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「無鉄砲」とは?
  • 「無鉄砲」を使った例文や短文など
  • 「無鉄砲」の類語や類義語・言い換え


「無鉄砲」とは?

「無鉄砲」という言葉を知っているでしょうか。

身近の「無鉄砲な人」の姿が思い浮かんだかもしれません。

一方で、「無鉄砲」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「無鉄砲」という言葉の意味を紹介します。

  • 「無鉄砲」の読み方
  • 「無鉄砲」の意味

「無鉄砲」の読み方

「無鉄砲」「むてっぽう」と読みます。

特に難しい言葉が使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「無鉄砲」「むてっぽう」と読みましょう。

「無鉄砲」の意味

「無鉄砲」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「無鉄砲」には、「どうなるか先のことを良く考えずに強引に行動する人」という意味があります。

そのため「無鉄砲な人」という言葉には、「結果などを考えず、むやみに行動する人」という意味があります。

このように「無鉄砲」という言葉には、「どうなるか先のことを良く考えずに強引に行動する人」という意味があります。



「無鉄砲」を使った例文や短文など

「無鉄砲」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「無鉄砲」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「無鉄砲」を使った例文1
  • 「無鉄砲」を使った例文2

「無鉄砲」を使った例文1

「根回しもせずに、会議でいきなり企画を提案するとは、『無鉄砲』だ」

この例文のように、ビジネスシーンで根回しをしないで単独行動をとるのは、「無鉄砲」と言えるかもしれません。

企画を提案する時には、先に上司に見せておくなど地ならしをするのがセオリーとされているためです。

後先を考えない強引な手法は、「無鉄砲」と言えそうです。

「無鉄砲」を使った例文2

「彼は『無鉄砲』のため、何度も骨折している」

この例文は、よく考えずに行動するタイプの人が、何度も骨折しているという文章になります。

これをしたら、怪我をするかもしれないと、先のことを考えれば、骨折するリスクも減るでしょう。

怪我をするリスクを考えずに行動する人は、「無鉄砲」と言えるでしょう。

「無鉄砲」の類語や類義語・言い換え

続いて「無鉄砲」の類語や類似表現を紹介します。

「無鉄砲」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「向こう見ず」【むこうみず】
  • 「無茶」【むちゃ】

「向こう見ず」【むこうみず】

「向こう見ず」には「将来を考えずに行動すること」という意味があります。

例えば会社を辞めた後のプランニングなしに、辞表を出してしまうのは、「向こう見ず」と言えるでしょう。

「無茶」【むちゃ】

「無茶」には、「筋道が立たず、道理に合わないこと」という意味があります。

また「程度が甚だしいこと」という意味もあります。

「無茶な行為」「程度が甚だしい行為」という意味になります。



icon まとめ

「無鉄砲」という言葉について見てきました。

どうなるか先のことを良く考えずに、何かを強引にする様子を見た時に、「無鉄砲」という言葉を使ってみましょう。