意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ローリスク・ローリターン」とは?意味や使い方!例文や解釈

「ローリスクローリターン」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「ローリスクローリターン」という言葉を使った例文や、「ローリスクローリターン」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「ローリスク・ローリターン」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「ローリスクローリターン」とは?
  • 「ローリスクローリターン」の類語や反対語
  • 「ローリスクローリターン」を使った例文や短文など

「ローリスクローリターン」とは?

みなさんは「ローリスクローリターン」という言葉を知っているでしょうか。

最近、「ローリスクローリターン」の投資を始めたという人がいるかもしれません。

一方で、「ローリスクローリターン」という言葉をまるで知らないという人もいるでしょう。

そこで「ローリスクローリターン」という言葉の意味を紹介します。

  • 「ローリスクローリターン」の英語
  • 「ローリスクローリターン」の意味
  • 「ローリスクローリターン」の意味2

「ローリスクローリターン」の英語

「ローリスクローリターン」は、カタカナ語で、元になる言葉は英語になります。

「ローリスクローリターン」は英語で、“low risk low return(ローリスクローリターン)”と言います。

“low risk low return”をカタカナ語にしたものが「ローリスクローリターン」だと覚えておきましょう。

「ローリスクローリターン」の意味

「ローリスクローリターン」にはどのような意味があるでしょうか。

「ローリスクローリターン」には、「損失が発生する危険性は低いものの、高収益が発生することも少ない」という意味があります。

主に投資に使われる言葉で、「ローリスクローリターンの投資」という場合は、「リスクが低く、さらに収益も少ない投資」という意味があります。

例えば銀行に預金することは、元本割れのリスクはなく、銀行が破たんしてもある程度の預金は保証されるため、「ローリスク」と言えます。

ただし、収益は少なく、それほど儲かる投資法ではないため、「ローリターン」になります。

このように銀行への預金のように、安全だが、収益がそれほど見込めない投資を「ローリスクローリターンの投資」と呼ばれます。

「ローリスクローリターン」の意味2

「ローリスクローリターン」は投資に使われる言葉ですが、一般的にも使える言葉です。

恋愛の場面でも、「ローリスクローリターン」という言葉を冗談めかして使えます。

例えばある女性が、A君とB君、二人の男性が気になっています。

A君は、イケメンで大好きだけれど、ライバルが多く、フラれた時のショックも大きそうだと予想できます。

一方B君は、優しいけどイケメンではなく、恋愛のライバルも少ないし、フラれた時は「冗談だよ」などと、適当にごまかせそうです。

しかし、A君に比べると胸のときめきはありません。

この場合のB君は告白するリスクが少ないため、「ローリスクな相手」、さらに告白が成功しても、それほど喜びがないため、「ローリターンな相手」と言えます。

このような時、「B君は『ローリスクローリターン』だ」などと表現できます。

「ローリスクローリターン」の類語や反対語

「ローリスクローリターン」の類語や類似表現を紹介します。

「ローリスクローリターン」と似た意味を持つ言葉や、反対の意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「ハイリスク」【はいりすく】
  • 「ハイリターン」【はいりたーん】
  • 「ハイリスクハイリターン」【はいりすくはいりたーん】

「ハイリスク」【はいりすく】

「ハイリスク」は投資で使うことが多い言葉で、「損失を被る危険が高い」という意味があります。

「ハイリスクな金融商品」は、資産を失うリスクが大きな商品と言えます。

一般的にも「ハイリスク」という言葉は使われることが多く、受験の際にも「不合格になる可能性が高い学校を選ぶ時」「ハイリスクな選択」などと言います。

「ハイリターン」【はいりたーん】

「ハイリターン」も投資に使われる機会が多い言葉です。

一度の投資で高収益を得られる金融商品は「ハイリターンな商品」などと言われます。

「ハイリスクハイリターン」【はいりすくはいりたーん】

「ハイリスク」「ハイリターン」が合わさった言葉で、「ローリスクローリターン」の反対の意味の言葉があります。

「ハイリスクハイリターン」には、「損失を被る危険性が高い一方で、高収益を得ることもある」という意味があり、そのような投資方法に対して使われます。

例えば株式投資は「ハイリスクハイリターン」な商品のひとつです。

株式投資は、購入した銘柄が紙くずになり、資産がゼロになるリスクがあるため、「ハイリスクな投資」と言えます。

一方で、数週間で資産が十倍になる可能性もある「ハイリターン」な商品になります。

株式投資以外でもFXや不動産投資などは、「ハイリスクハイリターン」な商品と言えます。

初心者がいきなり手を出してはいけない投資が多くなっています。

「ローリスクローリターン」を使った例文や短文など

「ローリスクローリターン」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「ローリスクローリターン」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「ローリスクローリターン」を使った例文1
  • 「ローリスクローリターン」を使った例文2

「ローリスクローリターン」を使った例文1

「銀行預金は『ローリスクローリターン』の投資の代表格だ」

この例文のように「ローリスクローリターン」の投資の代表格が、銀行預金になります。

銀行預金は、金利が低いため、普通預金の場合は、利率が「001%」前後と、とても低くなっています。

ほとんど資産が増えることはありませんが、元本保証があるため、リスクもほとんどありません。

長期の定期預金にすれば、利率が「02%」など、普通預金よりも高くなるため、少しだけリターンが増えます。

銀行によって利率が違うため、銀行預金をする時は、各銀行の利率を比較してみましょう。

「ローリスクローリターン」を使った例文2

「『ローリスクローリターン』の投資を探し、個人向け国債を選んだ」

この例文のように個人向け国債も、「ローリスクローリターン」の投資の代表格です。

国が発行している個人しか購入できない債権を「個人向け国債」と呼びます。

元本保証があるため「ローリスク」で、利率が「05%」付く商品があるなど、銀行預金に比べるとリターンも大きい傾向がありますが、株式投資などに比べれば「ローリターン」と言えます。

icon まとめ

「ローリスクローリターン」という言葉について見てきました。

危険性は低いものの、収益もそれほど見込めない投資などを表現したい時に、「ローリスクローリターン」という言葉を使ってみましょう。