意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「リスク分散」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「リスク分散」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「リスク分散」という言葉を使った例文や、「リスク分散」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「リスク分散」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「リスク分散」とは?意味
  • 「リスク分散」の表現の使い方
  • 「リスク分散」を使った例文や短文など
  • 「リスク分散」の類語や類義語・言い換え


「リスク分散」とは?意味

「リスク分散」という言葉には、「リスクを分散する」という意味があります。

主に投資の世界で使われる言葉で、「資産を投資する先を分散させて、一気に資産が減ってしまうのを避けること」を言います。

  • 「リスク分散」の読み方

「リスク分散」の読み方

「リスク分散」の読み方は、「りすくぶんさん」になります。

「分散」「ぶんさん」と読みます。



「リスク分散」の表現の使い方

「リスク分散」の表現の使い方を紹介します。

「リスク分散」は株式投資などをしている人が使う言葉になります。

例えば、投資先を株式投資、債券、不動産投資のリートなどに分散させることで、株価が下がっても、リートで利益を出すというように、大きな損失を防ごうとしています。

そのため、投資について誰かと話す時、リスクを回避する方法のひとつとして、「リスク分散」という言葉を使ってみましょう。

「リスク分散」を使った例文や短文など

「リスク分散」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「リスク分散」を使った例文1
  • 「リスク分散」を使った例文2

「リスク分散」を使った例文1

「株式投資の『リスク分散』として、国内株と先進国株を同時に扱う」

この例文は、株式投資の「リスク分散」の方法の一つです。

国内株だけを保有していると、災害などが起こり、日本株全体が暴落した時、大きなダメージを負います。

その時、先進国株やアメリカ株などを保有していると、そちらの株価が高騰し、プラスマイナスで損失ゼロになるかもしれません。

「リスク分散」を使った例文2

「『リスク分散』だけ考えていても、大きく儲けられない」

この例文は、リスクを恐れて、「リスク分散」だけを考えて投資をしていても、儲けられないという意味になります。

様々な検討の結果、確実に上がると思った銘柄に厚く買い行くなどして、勝負をする場面も必要かもしれません。



「リスク分散」の類語や類義語・言い換え

「リスク分散」の類語や類似を紹介します。

  • 「リスク回避」【りすくかいひ】
  • 「リスク軽減」【りすくけいげん】

「リスク回避」【りすくかいひ】

「リスク回避」には「発生するであろう大きなリスクに対して、事前に備える行為」という意味があります。

「大きな仕事を始める前に、リスク回避の方法を考えておく」などという使い方をします。

「リスク軽減」【りすくけいげん】

「リスク軽減」には、「リスクによる負担を軽くすること」という意味があります。

何かを始める時に、リスクが大きすぎると感じた時、「リスク軽減」を図ります。

icon まとめ

「リスク分散」という言葉について見てきました。

投資の場面で、大きな損失を避ける方法について話す時、「リスク分散」という言葉を使ってみましょう。