意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「リスク回避」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「リスク回避」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「リスク回避」という言葉の理解を深めていきましょう。

リスク回避

Meaning-Book
「リスク回避」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「リスク回避」の意味
  • 「リスク回避」の表現の使い方
  • 「リスク回避」を使った例文と意味を解釈
  • 「リスク回避」の類語や類義語


「リスク回避」の意味

「リスク回避」とは、損害を受ける可能性を避けること、危険だと思って行動をしないことを言います。

  • 「リスク回避」の読み方

「リスク回避」の読み方

「リスク回避」の読み方は、「りすくかいひ」になります。



「リスク回避」の表現の使い方

「リスク回避」を使った表現を紹介します。

「リスク回避」とはあらゆる場面で使われる言葉です。

まず「リスク」とは何かと言いますと、予測不可能な危険、損害を受ける可能性といった意味がある言葉です。

言ってしまえば、物事はほとんどのものが「リスク」はあるとも言えます。

まったく「リスク」がないということはないのです。

そして「回避」とは物事を避けることで、危険だと思うことや面倒なことを避けるという意味になります。

「リスク回避」とは予測できない危険があること、損害を受ける可能性を避けるという意味なのです。

例えば仕事などでは失敗する可能性が高いもの、損害が大きくなりそうなものを避けることを「リスク回避」と言います。

成功すれば大きな儲けとなるとわかっていても、失敗する可能性、損害が大きければあえてそれには手を出さない方が賢明であるという考え方です。

またスポーツなどでも、大きな技、挑戦などをあえてしないということもあります。

これは点数を失う、負ける、怪我をする恐れがあるといったことからの判断で「リスク回避」と表現します。

「リスク回避」を使った例文と意味を解釈

「リスク回避」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「リスク回避」を使った例文1
  • 「リスク回避」を使った例文2

「リスク回避」を使った例文1

「今回はリスク回避という選択をして、新しい挑戦は入れないことにした」

仕事やスポーツなど、大きな成功を手にしたいと思えば、賭けに出るような挑戦が必要となることもあります。

しかし失敗した時の損害、危険が大きければ、挑戦は避けた方がいいという判断になります。

それを「リスク回避」という言葉で言い表すのです。

「リスク回避」を使った例文2

「あの連中と自分から関わるなんて、あなたにはリスク回避っていう考え方はないのですか」

「リスク回避」とは自分にとっての危険を避けるという意味になります。

例文のように、自分に損害を与えるような人に自ら関わるということは「リスク回避」という考えができていないと言われても仕方がないでしょう。



「リスク回避」の類語や類義語

「リスク回避」の類語や類義語を紹介します。

  • 「安全策をとる」【あんぜんさくをとる】
  • 「危険分散」【きけんぶんさん】

「安全策をとる」【あんぜんさくをとる】

「安全策をとる」とは、問題のないとされる無難なやり方をすることを言います。

「ここは焦らずに安全策をとる方が賢い」という風に使います。

「危険分散」【きけんぶんさん】

「危険分散」とは、危険とされることを分けることでリスクの軽減をはかることを言います。

「貯金は複数の銀行に預けて危険分散している」「しっかり危険分散をしておかないと不安だ」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「リスク回避」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。