意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「リスクマネジメント」の意味とは?使い方や例文・類語まで詳しく解説!

この「リスクマネジメント」は、企業だけでなく、著名人にとっても大切になります。

リスクマネジメント

Meaning-Book
「リスクマネジメント」の意味とは?使い方や例文・類語まで詳しく解説!>


目次

  • 「リスクマネジメント」の意味とは?
  • 「リスクマネジメント」の表現の使い方
  • 「リスクマネジメント」を使った例文と意味を解釈
  • 「リスクマネジメント」の類語や類義語


「リスクマネジメント」の意味とは?

「リスクマネジメント」とは、不都合が起こった時の対策について表現した言葉です。

ここで言う不都合とは、商品の販売メーカーであればその商品に回収しなくてはいけないほどのことがあった時、住宅メーカーなら所有する、または販売したマンションやアパートに欠陥が発覚した時などです。

そのような事態にいかに迅速にきちんとした対応がとれるか、という解釈で使うことも多く、これに優れている、これがなってないなどと用いる言葉です。



「リスクマネジメント」の表現の使い方

「リスクマネジメント」の表現の使い方を紹介します。

これに優れている企業は、例え提供する商品やサービスに不都合が生じても、世間的な騒ぎになる前に速やかな対策がとれると考えていいでしょう。

逆に、これがなっていない、下手だと表現される場合に多いのは、最初の会見や発表で苦しい言い訳をしてしまうケースです。

もしそこで何も隠さずに公表していれば、それほど尾を引くことは無かっただろうと後から言われてしまうことになり、全くリスクマネジメントがなっていない代表的な例です。

「リスクマネジメント」を使った例文と意味を解釈

「リスクマネジメント」を使った例文と、その意味の解釈です。

実例として、何かの不都合が発覚した芸能人は、大抵これに失敗していると言わざるを得ません。

  • 「リスクマネジメント」を使った例文1
  • 「リスクマネジメント」を使った例文2

「リスクマネジメント」を使った例文1

「あの芸能人はリスクマネジメントが下手だった為に、全ての番組を降板させられたらしい」

芸能人が直面する不都合と言えば、薬物の使用や男女間のトラブル、金銭的な問題などが多いですが、それらが発覚した際に下手な(本当のことを言っていない)会見などしてしまうと、反って事態が悪化してしまうことがほとんどです。

この例文では、その為に番組を全て下ろされてしまったと使っています。

「リスクマネジメント」を使った例文2

「あの企業はリスクマネジメント専門の部署があるほどだ」

大企業になると、このリスクマネジメント専門の部署があることも少なくありません。

何より大事な企業イメージを守る為には、それが当たり前なのかも知れません。



「リスクマネジメント」の類語や類義語

「リスクマネジメント」の類語や類義語を紹介します。

こちらも合わせて覚えておきたい言葉です。

  • 「リスクヘッジ」【りすくへっじ】

「リスクヘッジ」【りすくへっじ】

「リスクマネジメント」とよく似た言葉で、不都合の発覚に対する備えを表します。

ビジネスにおいて、「生産体制を強化するのはいいが、リスクヘッジも合わせて考えているか?」のように使われ、何かが起きてしまった時のきちんとした対応まで考えているのかといった解釈になります。

icon まとめ

「リスクマネジメント」は、常に考えていないといけないものです。

実際には後回しになってしまうことも多いですが、その場合でも反って事態を悪化させるような下手なことだけはしないように注意してください。