意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「すり合わせ」とは?意味や使い方!「すり合わせ」のメリット!

「すり合わせ」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「すり合わせ」の類語や、「すり合わせ」を使った例文を紹介して行きます。

すり合わせ

Meaning-Book
「すり合わせ」とは?意味や使い方!「すり合わせ」のメリット!>


目次

  • 「すり合わせ」とは?
  • 「すり合わせ」の使い方
  • 「すり合わせ」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「すり合わせる」を使った例文や短文など
  • 「すり合せる」メリット


「すり合わせ」とは?

みなさんは「すり合わせ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

「A案とB案をすり合わせる」などというフレーズを、仕事の場面で聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「すり合わせ」という言葉を、今回初めて耳にした人もいるでしょう。

そこで「すり合わせ」という言葉の意味を紹介して行きます。

  • 「すり合わせ」の意味
  • 「すり合わせ」の漢字

「すり合わせ」の意味

「すり合わせ」には、どのような意味があるでしょうか。

「すり合わせ」には、「交渉事などで、それぞれの情報を出し合い、調整して妥協点を見出していくこと」という意味があります。

例えばA案とB案がある時、A案にするかB案にするかを話し合うだけでなく、二つのアイデアを調整し、妥協点を見つけた案を作り出すことを、「すり合わせ」と言います。

「すり合わせの結果、C案が生まれた」などという使い方をします。

このように、「すり合わせ」には、「交渉事などで、それぞれの情報を出し合い、調整して妥協点を見出していくこと」という意味があります。

「すり合わせ」の漢字

「すり合わせ」を漢字にすると、どのような表現になるでしょうか。

「すり合わせ」「摺り合わせ」という漢字を当てるケースが多くなります。

また「擦り合わせ」という漢字表記をすることもあります。

このように「すり合わせ」は様々な漢字表記をできることを、覚えておきましょう。



「すり合わせ」の使い方

「すり合わせ」という言葉の使い方を紹介します。

「すり合わせ」はビジネスシーンで使うことが多い言葉になります。

仕事をする時は、自分の意見だけを通すのも良くなく、仕事相手の意見を全面的に通してしまうのも、問題があります。

利害関係がある二人が、お互いの意見を出した時、どちらかだけが得をするような決着のつけ方をすると、その仕事は上手くいかないためです。

そこで「すり合わせ」をします。

お互いが得をする妥協点を見つけて、新しい意見を作り上げることを、「すり合わせ」と言います。

そこで意見が割れた時、異なったアイデアが浮上した時は、「すり合わせをしましょう」などと言って、お互いが損をしない妥協点をみつけることが大切になるでしょう。

「すり合わせ」の類語や類似表現や似た言葉

「すり合わせ」という言葉の類語や、類似表現を紹介します。

「すり合わせ」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「調整」
  • 「win-win」
  • 「妥協点を見つける」

「調整」

「すり合わせ」とよく似た言葉に、「調整」があります。

「調整」には、「ある基準に合わせて正しく整えること」という意味や、「化不足などを無くし、釣り合いが取れた関係にすること」などの意味があります。

「調整する」「調整能力」などという使われ方をします。

「すり合わせる」能力を他の言葉に言い換えれば、「調整能力」になるでしょう。

「win-win」

「win-win」という言葉を、ビジネスシーンでは使う機会が多くなります。

この言葉には、「お互いが勝つ」という意味があり、仕事をしているすべての人が得をするという意味があります。

二つの会社が共同の作業をする時、片一方の会社だけが儲かり、もう片一方が損をするようでは、その先の関係がありません。

そのようなことがないように、「win-win」を着地点にするように心掛ければ、ずっと良いビジネスパートナーでいられるでしょう。

「妥協点を見つける」

「妥協点を見つける」という言葉もあります。

「妥協点」には「互いに歩み寄って一致できるところ」という意味があり、「妥協点を見つける」は、歩み寄って一致できるところを見つけることという意味になります。

「すり合わせる」とほとんどの同じ意味を持つ言葉です。



「すり合わせる」を使った例文や短文など

「すり合わせる」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「すり合わせる」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「すり合わせる」を使った例文1
  • 「すり合わせる」を使った例文2

「すり合わせる」を使った例文1

「二人の意見を『すり合せる』ことで、よりよい企画が生まれる」

この例文のように、二人以上で作った企画が、一人で作った企画内容を上回ることは良くあります。

独りよがりの部分が減り、また様々な情報が共有されるため、より良いアイデアが生まれやすくなるかもしれません。

「すり合わせる」を使った例文2

「全員の意見が出たので、後は『すり合せる』作業だけだ」

この例文のように、会議などで、まずは個人の自由な意見を聞き、最終的に「すり合せる」作業をする職場があるかもしれません。

初めから妥協した意見を出すのではなく、一度思い切った意見を出した方が、「すり合せた」後でも、良い意見が生まれやすいでしょう。

「すり合せる」メリット

最後にビジネスシーンなどで「すり合せる」メリットについて紹介します。

「すり合せる」ことで、そのような良い面が生まれるのでしょうか。

  • 「スムーズにことが進む」
  • 「人間関係が良くなる」
  • 「結果が出る」

「スムーズにことが進む」

「すり合せる」メリットのひとつが、物事がスムーズに進むという点です。

二つ以上のアイデアが合った時、どれか一つに意見に決めて、他を切り捨てるとなると、アイデアの絞り込みに時間がかかってしまいます。

またアイデアを切り捨てられるのが嫌なので、良い案に対しても文句を付けるなどして、物事がスムーズに運ばなくなるかもしれません。

「すり合せる」作業があれば、みんなが納得しやすく、スムーズに物事が進みやすくなるでしょう。

「人間関係が良くなる」

「すり合せる」メリットの二つ目が「人間関係が良くなる」という点です。

「すり合せる」ことにより、「win-win」の関係になりやすく、誰も嫌な気持ちにならないでしょう。

そのため、誰かが誰かを恨むようなことが少なくなり、人間関係が良くなるでしょう。

「結果が出る」

「すり合せる」と結果が出やすくなります。

たくさんの人の意見やアイデアが入った、企画が生まれれば、その企画は成功しやすくなるでしょう。

いくつかの長所を持った特徴を持つ企画が、世間を魅了するかもしれません。

また協力者が増えるため、世間に広がりやすくなるでしょう。

icon まとめ

「すり合せる」という言葉について見てきました。

言葉の意味を知ることで、ビジネスシーンで「すり合せる」ことの大切さを知った人もいるでしょう。