意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「(軽く)ジャブを打つ」とは?意味ビジネスや恋愛での具体例

「ジャブ」という言葉について紹介します。

「ジャブ」の意味や、「ジャブを打つ」の意味、「ジャブ」を使った例文などを紹介して行きます。

ジャブを打つ

Meaning-Book
「(軽く)ジャブを打つ」とは?意味ビジネスや恋愛での具体例>


目次

  • ボクシングの「ジャブ」とは?
  • 「ジャブ」の他の意味
  • 「ジャブを打つ」の使い方や使った例文や短文など
  • 恋愛における「ジャブを打つ」の具体例


ボクシングの「ジャブ」とは?

みなさんは「ジャブ」という言葉を知っているでしょうか。

ボクシングにおける「ジャブ」についての意味や使い方を紹介します。

  • 「ジャブ」とは?
  • 「ワンツー」の意味とは

「ジャブ」とは?

「ジャブ」はボクシングの攻撃において、もっとも大切なスキルとされています。

「ジャブ」は力を込めて思い切り打つ「ストレート」「フック」などとは違い、軽くスピーディに出すパンチのことを言います。

相手の鼻先に当てるつもりで、何度も繰りだし、相手との距離を測ります。

「ジャブ」で相手にダメージを与えるのではなく、「ジャブ」で相手との距離を測り、「ストレート」「フック」を打つタイミングを探ります。

「ワンツー」の意味とは

「ワンツー」というボクシング用語があります。

「ジャブ」で相手との距離を測った後で、「ストレート」「フック」を繰り出すことを「ワンツー」と言います。

「ワン」「ジャブ」で、「ツー」「ストレート」というパターンが多くなっています。

「ジャブ」で距離を測った後、繰り出される威力満点の「ストレート」は、相手に当たる確率が高く、相手に大きなダメージを与えることになります。

ほとんどのボクサーの基本的な攻撃は「ジャブ」と、コンビネーションパンチの「ワンツー」になります。



「ジャブ」の他の意味

「ジャブ」はボクシング用語で、相手との距離を測るためのパンチ、相手の力量を図るためのパンチと言えます。

ボクシング用語の「ジャブ」は、一般社会でも使われることがあります。

例えば「新入社員に『ジャブ』を打つ」という場合は、本当にパンチを繰り出すのではなく、軽い課題を与えて力量を量ったり、生意気そうな社員を思い切叱りつけて、どの程度で起こるのかなどを見るような、言動を指します。

このように「相手の品定めをする」「相手との距離を測る」という意味で、「ジャブ」「ジャブを打つ」という言葉を使うことがあります。

「ジャブを打つ」の使い方や使った例文や短文など

「ジャブを打つ」を使った例文や短文を紹介します。

「ジャブを打つ」の使い方を、例文を通じて覚えましょう。

  • 「ジャブを打つ」を使った例文1
  • 「ジャブを打つ」を使った例文2

「ジャブを打つ」を使った例文1

「試合の立ち上がりに『ジャブを打つ』ことで、相手との距離感を確かめる」

ボクシングの試合の立ち上がりは、お互いが「ジャブを打つ」ところから始まります。

「ジャブの差し合い」などと呼ばれることもあります。

相手との距離を掴んだ方が、勝つ確率が上がるとされています。

「ジャブを打つ」を使った例文2

「面倒でも『ジャブを打つ』と、他の攻撃が効きやすくなる」

喧嘩のようなボクシングの試合だと、相手のダメージを与えたいため、「ジャブ」を打たずに「ストレート」「フック」を打ちたくなります。

しかしいきなり打つ「ストレート」「フック」は当たりにくいものです。

この例文のように、面倒だと感じても「ジャブを打つ」ことが、「ストレート」「フック」を活かすカギになります。



恋愛における「ジャブを打つ」の具体例

恋愛における「ジャブを打つ」の具体例を見て行きましょう。

恋愛における「ジャブを打つ」は、相手に自分を印象付けるような言動のことを指します。

例えば好きな人の仕事の手伝いをして、良い人だと認識させたり、友達として食事に誘う行動を指します。

いきなり告白するのは、ボクシングの試合で、いきなり全力のパンチを放つようなもので、派手ですが効果は期待できません。

icon まとめ

「ジャブ」という言葉について見てきました。

ボクシング用語として登場した「ジャブ」は、一般的にも使われることがあるため、意味や使い方を知っておきましょう。