意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ニュアンス」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんが何気なく使っている外来語、すなわちカタカナ語にも深い意味があります。

しかし、そのような意味合いを深く考えずに感覚的に使っていることも少なくないでしょう。

例えば、「ニュアンス」という言葉もその1つかもしれません。

そこで今回はこの「ニュアンス」ついて見ていくことにします。

ニュアンス

Meaning-Book
「ニュアンス」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「ニュアンス」とは?意味
  • 「ニュアンス」の表現の使い方
  • 「ニュアンス」を使った例文と意味を解釈
  • 「ニュアンス」の類語や類義語


「ニュアンス」とは?意味

「ニュアンス」はフランス語の“nuance”を語源としており、「影」という意味が元々でした。

それがカタカナ語として使われることで、 「色あいや音の調子」「感情などちょっとした違い」という意味で解釈されています。



「ニュアンス」の表現の使い方

「ニュアンス」「色彩や音色の微妙な違い」であったり「人の言葉の裏に隠されている話し手の真の意図」というようなことが起こる場面で使われています。

「ニュアンス」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「ニュアンス」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「ニュアンス」を使った例文1
  • 「ニュアンス」を使った例文2

「ニュアンス」を使った例文1

「彼の何気ない言葉には、皮肉のニュアンスが込められていたのです。それは後からじっくりと思い返して分かるものだった」

「ニュアンス」「言葉の裏に隠された話し手の意図」という意味で使われることがあります。

この例文の彼の言ったことをサラリと流してしまえば、あまり気が付くことがないのでしょうが、実はその言葉の裏には皮肉が込められていたのです。

表向き、堂々と相手を避難することができないために、遠回しに避難したのかもしれません。

それでも後から気付いていたのでは仕方がありませんが。

「ニュアンス」を使った例文2

「カメラのファインダーを覗いて見える光の世界を素直にキャンバスに描くことで、鮮やかな光のニュアンスを再現させることができる」

ここでの「ニュアンス」「色彩や音色の僅かな差異」という意味で理解することができます。

カメラのファインダーから見た光の世界を何の先入観もなしに、素直な気持ちで絵にすることで、微妙な色彩の違いや変化を再現することができたということです。



「ニュアンス」の類語や類義語

「ニュアンス」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「雰囲気」【ふんいき】
  • 「印象」【いんしょう】

「雰囲気」【ふんいき】

「雰囲気」「ニュアンス」の類義語として挙げることができます。

この言葉は、「その場を満たしたり、反映させた気分や空気」というような意味を持ってきます。

この「雰囲気」は、場所の空気感を表現する時に使われていますが、それだけでなく、人や言葉についても出てくる言葉なので、「言葉」の関係で「雰囲気」を使う場面では「ニュアンス」と同じ解釈になります。

「印象」【いんしょう】

「印象」「ニュアンス」に近い意味を持っていますが、「見たり聞いたりした時に心の奥底まで感じられたもの」という意味になります。

icon まとめ

「ニュアンス」という言葉の意味や使い方を紹介してきましたが、このように何気なく使われているカタカナ語が他にもたくさんあるので、色々と調べてみると、とても面白いと思います。