意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「大敗」とは?意味や使い方!例文や解釈

「大敗」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「大敗」という言葉を使った例文や、「大敗」の類語を紹介して行きます。

大敗

Meaning-Book
「大敗」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「大敗」とは?
  • 「大敗」の英語と解釈
  • 「大敗」の表現の使い方
  • 「大敗」を使った例文や短文など
  • 「大敗」の類語や類義語・言い換え
  • 「大敗」の反対語


「大敗」とは?

「大敗」という言葉を知っているでしょうか。

「試合に大敗する」という経験をした人もいるでしょう。

一方で、「大敗」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「大敗」という言葉の意味を紹介します。

  • 「大敗」の読み方
  • 「大敗」の意味

「大敗」の読み方

「大敗」「たいはい」と読みます。

「おおはい」などと読み間違えないようにしましょう。

これを機会に、「大敗」「たいはい」と読みましょう。

「大敗」の意味

「大敗」という言葉の意味を紹介します。

「大敗」には、「酷く負けること」という意味があります。

また「スポーツの試合などで、大差で敗れること」という意味があります。

「試合に大敗する」という言葉には、スポーツの試合などで、敵のチームに大差で敗れるという意味があります。

このように、「大敗」という言葉には、「酷く負けること」「スポーツの試合などで、大差で敗れること」という意味があります。



「大敗」の英語と解釈

次に「大敗」を英語にすると、どのような言葉になるでしょうか。

「大敗」は英語で、“complete defeat”になります。

“complete defeat”には「完敗」「大敗」という意味があります。

「大敗」という言葉を英語にしたい時、“complete defeat”という言葉を使ってみましょう。

「大敗」の表現の使い方

「大敗」という言葉はどのような使い方をすればいいでしょうか。

「大敗」には、酷く負ける、大差で敗れるという意味があるため、そのような負け方をしている場面を見た時に、使ってみましょう。

例えば誰かとケンカをして、一方だけが殴り、一方は殴られるがままという場合は、後者は「大敗」したと言えるでしょう。

またプレゼンなどをした後で、多数決を取った時、一票も取れずに敗れてしまった人は「大敗」と言えます。

さらにあらゆるスポーツの試合で、大差を付けられて敗れた場合も「大敗」という言葉を使えます。



「大敗」を使った例文や短文など

続いて「大敗」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「大敗」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「大敗」を使った例文1
  • 「大敗」を使った例文2

「大敗」を使った例文1

「応援しているプロ野球チームが、10対0で『大敗』した」

この例文は、贔屓にしているプロ野球チームが、敵チームに10点取られ、さらに1点も取れずに敗れてしまったという文章になります。

10点差を付けられ、さらに完封されてしまうという負け方は「大敗」と言えるでしょう。

「大敗」を使った例文2

「高校最後の試合で、優勝候補のチームに『大敗』の憂き目を見た」

この例文は、高校最後のスポーツの試合で、対戦した優勝候補のチームに、大差をつけられて敗れるという、悲しい思いをしたという文章になります。

このように、酷く負けて悲しい思いをすることを、「大敗の憂き目を見る」などと表現します。

「大敗」の類語や類義語・言い換え

続いて「大敗」の類語や類似表現を紹介します。

「大敗」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「負ける」【まける】
  • 「敗北」【はいぼく】
  • 「力負け」【ちからまけ】
  • 「完敗」【かんぱい】
  • 「惨敗」【ざんぱい】
  • 「連敗」【れんぱい】

「負ける」【まける】

「負ける」には、「努力しても対抗できなくなる」という意味があります。

「試合に負ける」「戦に負ける」などという使い方をします。

「敗北」【はいぼく】

「敗北」という言葉には、「戦いや争い、競技などに負けること」という意味があります。

「試合に僅差で敗北する」という言葉には、スポーツの試合などで、惜しい負け方をするという意味があります。

「敗北を喫する」などという使い方をします。

「力負け」【ちからまけ】

「力負け」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「力負け」には「力を入れ過ぎて、かえって負ける」という意味があります。

また「実力の差が大きいため、負けた」という意味があります。

「今回は、完全に力負けだ」という言葉には、今回は、相手との力の差が大きいため負けてしまったという意味があります。

「完敗」【かんぱい】

「完敗」という言葉には、「相手がびくともせず、文句なく負ける」という意味があります。

例えばボクシングの試合で、一ラウンドもポイントを取れないような、酷い負け方をした場合、「試合に完敗した」と言えます。

「惨敗」【ざんぱい】

「惨敗」という言葉には、「散々な負け方をすること」という意味があります。

「試合に惨敗する」という言葉には、「試合をして、散々な負け方をした」という意味があります。

「連敗」【れんぱい】

「連敗」には、「続けて負けること」という意味があります。

例えば野球の試合で、3試合続けて負ける時、「3連敗する」と言います。

「連敗が続く」「連敗を止める」などという使い方をします。

「大敗」の反対語

最後に「大敗」の反対語を紹介します。

「大敗」と反対の意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「大勝」【たいしょう】
  • 「圧勝」【あっしょう】
  • 「連勝」【れんしょう】

「大勝」【たいしょう】

「大勝」には、「大きな差をつけて勝つこと」という意味があります。

「試合に大勝する」という言葉には、「試合をして、相手に大きな差をつけて勝つ」という意味があります。

「圧勝」【あっしょう】

「圧勝」という言葉には、「一方的に圧倒的な強さで勝つこと」という意味があります。

「ライバルに圧勝する」「以前負けたチームに、圧勝する」などという使い方をします。

「連勝」【れんしょう】

「連勝」には、「続けて勝つこと」という意味があります。

「同じ相手に連勝する」という言葉には、「同じ相手に続けて勝つ」という意味があります。

icon まとめ

「大敗」という言葉について見てきました。

スポーツの試合などで、ハッキリした差がついて負ける時、酷く負ける時、「大敗」という言葉を使ってみましょう。


関連語



関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。