意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「連勝」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「連勝」という表現は「私たちのチームはその時まで、破竹の勢いで連勝を続けていました」などの文章で使われますが、「連勝」にはどのような意味があるのでしょうか?

「連勝」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

連勝

Meaning-Book
「連勝」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「連勝」の意味
  • 「連勝」の表現の使い方
  • 「連勝」を使った例文と意味を解釈
  • 「連勝」の類語や類義語


「連勝」の意味

「連勝」という表現は、「スポーツの試合・競技や戦いなどに、連続して勝利すること」を意味しています。

「連勝」というのは、「スポーツ競技・選挙戦・戦いなどにおいて、途中で相手に負けることなく連続して勝つこと」を意味している表現なのです。

  • 「連勝」の読み方

「連勝」の読み方

「連勝」の読み方は、「れんしょう」になります。



「連勝」の表現の使い方

「連勝」の表現の使い方を紹介します。

「連勝」の表現の使い方は、「スポーツの試合・選挙戦・戦闘(格闘)などにおいて、途中で相手(敵)に敗れることなく連続して勝利を収める場合」に使うという使い方になります。

例えば、「彼のボクシングのテクニックと体力はずば抜けているので、デビュー戦から三連勝しています」といった文章で、「連勝」という表現を適切に使用できます。

「連勝」を使った例文と意味を解釈

「連勝」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「連勝」を使った例文1
  • 「連勝」を使った例文2

「連勝」を使った例文1

「リーグ優勝までのマジックが点灯したそのプロ野球のチームは、ここ一週間、連勝街道を突き進んでいます」

この「連勝」を使った例文は、「そのプロ野球チームは、ここ一週間、負け知らずで敵チームに勝ち続ける道を突き進んでいる」という意味合いで、「連勝」という表現を使用しています。

「連勝」を使った例文2

「勝負ごとでは連勝の数が増えれば増えるほど、敗北することに対する恐怖感が高まってきやすいのです」

この「連勝」を使った例文は、「連勝」という表現を、「勝負ごとでは、相手(敵)に負けることなく勝ち続けている数が増えれば増えるほど」という意味を持つ文脈で使っています。



「連勝」の類語や類義語

「連勝」の類語や類義語を紹介します。

  • 「勝利が続く」【しょうりがつづく】
  • 「向かうところ敵なし」【むかうところてきなし】

「勝利が続く」【しょうりがつづく】

「連勝」という表現は、「スポーツの試合・勝負ごと・戦闘などにおいて、途中で敗北することなく勝利が続くこと」を意味しています。

その意味合いから、「連勝」とほとんど同じ意味を持つ類語(シソーラス)として、「勝利が続く」という表現を上げられます。

「向かうところ敵なし」【むかうところてきなし】

「連勝」という言葉は、「相手(敵)に対して負けることなく連続で勝っていて、向かうところ敵なしといった勢いを持っているさま」といった意味合いがあります。

「向かうところ敵なし」という表現は、「勝利に突き進む勢いが強すぎて、どんな敵も止めることができない」ということを意味しています。

この意味から、「向かうところ敵なし」の表現を、「連勝」と類似の意味を持つ類義語として解釈できます。

icon まとめ

この記事で解説した「連勝」の表現には、「スポーツ競技・戦い・選挙戦などにおいて、途中で負けることなく続けて勝つこと」などの意味があります。

「連勝」の類語・類義語として、「勝利が続く」「向かうところ敵なし」などがあります。

「連勝」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。