意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「大敗を喫する」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「大敗を喫する」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「大敗を喫する」という言葉を使った例文や、「大敗を喫する」の類語を紹介して行きます。

大敗を喫する

Meaning-Book
「大敗を喫する」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「大敗を喫する」とは?
  • 「大敗を喫する」を使った例文や短文など
  • 「大敗を喫する」の類語や類義語・言い換え


「大敗を喫する」とは?

「大敗を喫する」という言葉を知っているでしょうか。

「強豪校に、大敗を喫する」という言い回しを聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「大敗を喫する」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「大敗を喫する」という言葉の意味を紹介します。

  • 「大敗を喫する」の読み方
  • 「大敗を喫する」の意味

「大敗を喫する」の読み方

「大敗を喫する」「たいはいをきっする」と読みます。

「大敗」「たいはい」「喫する」「きっする」と読みます。

特に難しい言葉が使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

「大敗を喫する」の意味

「大敗を喫する」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「大敗を喫する」には、「相手にならず、破れること」という意味があります。

「強豪校に大敗を喫する」という言葉には、強豪校と試合をして、相手にならず破れるという意味があります。

このように、「大敗を喫する」という言葉には、「相手にならず、破れること」という意味があります。



「大敗を喫する」を使った例文や短文など

続いて「大敗を喫する」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「大敗を喫する」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「大敗を喫する」を使った例文1
  • 「大敗を喫する」を使った例文2

「大敗を喫する」を使った例文1

「油断のため、思わぬ敵に『大敗を喫する』」

この例文には、勝てる相手に、油断が原因で、相手にならないほど負けてしまったという意味があります。

油断せずに戦えば、少なくともいい試合ができる相手でも、気が抜ければ「大敗を喫する」こともあるでしょう。

「大敗を喫する」を使った例文2

「ミスが続いて『大敗を喫する』」

この例文は、野球の試合などで、ミスが連続し、相手にならないほどの大差で負けてしまったという文章になります。

ミスがミスを呼ぶということもあり、小さなミスが「大敗を喫する」ことにつながるかもしれません。

「大敗を喫する」の類語や類義語・言い換え

「大敗を喫する」の類語や類似表現を紹介します。

「大敗を喫する」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「惨敗する」【ざんぱいする】
  • 「完敗を喫する」【かんぱいをきっする】

「惨敗する」【ざんぱいする】

「惨敗する」には「酷い負け方をする」という意味があります。

負けた時に、みじめだと感じるような負け方をした時、「惨敗する」という言葉を使ってみましょう。

「完敗を喫する」【かんぱいをきっする】

「完敗を喫する」には「徹底的に負ける」という意味があります。

何もできずに、完全に敗れたと感じる時、「完敗を喫する」という言葉を使ってみましょう。



icon まとめ

「大敗を喫する」という言葉について見てきました。

相手にならず、破れた時、「大敗を喫する」という言葉を使ってみましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。